ne’er-do-well 意味

今日は英単語 ne’er-do-well という単語について少し調べてみたいと思います。ニャ~という響きが、昨今の史上空前の大ブームになっている猫を連想させます。ニャ~という猫撫で声とは裏腹に、この英単語にはそんな可愛い意味合いは微塵も存在しません。ne’er-do-wellの辞書的な意味は、a lazy and worthless person となっています。かなり酷い意味であることだけは確かです。今回この単語を目にした下記の記事では、アメリカ民主党の大統領候補最右翼と下馬評の高い、Bernie Sanders (バーニー・サンダース)の事を言っているみたいです。
ソース:Bernie Sanders, The Bum Who Wants Your Money

Democratic presidential hopeful Bernie Sanders said Monday his parents would never have thought their son would end up in the Senate and running for president. No kidding. He was a ne’er-do-well into his late 30s.

「民主党大統領候補バーニーサンダースは月曜、両親は自分が上院議員になって大統領選に出馬するとは考えもつかなかっただろうと語った。全くその通り。サンダースはアラフォー近くまでニート同然だったんだから。」

この記事内で使われている ne’er-do-well にはニート = NEET (young people not in education, employment or training)のような意味合いがあります。もちろん、35歳を過ぎるとニートとは言わないらしいのですが、アラフォー近くまでニートのような生活をしていたという訳でこの場合はOKかと思います。ne’er-do-well はnever-do-wellのvが抜け落ちた単語のようです。ネガティブな意味が強い単語なので、日常生活で使用する際は注意が必要です。ググると、40万件近い検索結果が返ってくるので、マイナー感が強い割には結構使われている単語であることが分かります。

スポンサーリンク

バーニー・サンダースという男

バーニー・サンダースが今アメリカではトランプに負けず劣らず熱いです。Feel the Bern という彼を表するフレーズがその事を如実に物語っています。サンダースはヒラリー・クリントンと人気を二分する、というかオマリーを除けば二人しか候補者がいないので自然とそうなってしまいます。1年前はヒラリー・クリントンが当選確実と言われていた米大統領選挙もここに来て急展開の様相を呈しています。去年1月の段階では、24年ぶりにクリントン対ブッシュ(ヒラリー・クリントン対ジェブ・ブッシュ)の再現が見られると予想されていたのですが、今やサンダース対トランプになるとまで予想されていて、さらにブルームバーグがサードパーティーから立候補すると噂されているので、サンダース対トランプ対ブルームバーグの三つ巴の激戦になる可能性さえあります。ブルームバーグは自己資産1200億円を投入すると宣言していて、トランプも自己資産500億円を投入すると言っているので、噂通りの展開になれば史上例を見ないとんでもない大統領選になりそうです。サンダースが74歳の社会主義者であることを認識しているアメリカ人は相当少ないらしく、サンダースの政治思想が資本主義国家のアメリカに果たして受け入れられるのか、疑問を感じている共和党員も多いみたいです。ただ、バーニー・サンダースの人気を支えているのが、crony capitalism (縁故資本主義)の腐敗した資本主義に対するアンチテーゼである事を考えれば、その杞憂は全くの的外れなような気もします。サンダースやトランプでなければ、今の腐りきったアメリカの政治システムを変革することが不可能なのも確かなはずです。

スポンサーリンク

フォローする