Nikkei modestly higher thanks to a weaker yen 円安で株価が上昇

Japan’s Nikkei advances as weak yen boosts investors’ sentiments. (日経平均株価は円安が投資家心理を鼓舞して上昇) Dollar rises against yen as Nikkei regains ground. (株価が持ち直した事で円安へ) 円安だから株高なのか、株高だから円安なのか、どっちやねん! とにかく、先週までの暴落相場が嘘のような、上昇相場になりつつある今日この頃ですが、今後の株価はどうなるのか?と聞かれても、誰もその質問には答えられないでしょう。GDPがマイナス成長という事で、政府・日銀がさらなる緩和策や景気刺激策を発表するのではないか?という期待上げであって、ファンダメンタルズだけ見れば、株価上昇材料は皆無です。これは日本に限った事ではなくて、欧米諸国も完全に中央銀行(ECB, FRB, BOE)頼みの状況には変わりありません。今年が世界経済にとってかなり厳しい年になる事だけは確かで、例えばFRB議長のイエレンが民主党候補を大統領にしたくない場合、2008年のバーナンキみたいに選挙直前に経済クラッシュを起こす可能性も無いとは言えないからです。特に、サンダースが代表候補になった場合は、何が起こるか分からないでしょう。サンダース大統領は確実に世界大恐慌を引き起こすので、FRBは何があってもそれだけは阻止するはずです。少なくとも、トランプ大統領の方がなんぼかましと思うはずです。とは言っても、実際、クリントン、サンダース、トランプ、クルーズ、ルビオ、誰が大統領になるのか全く分かりません。全ては選挙時の経済状況次第で、2008年のような状況なら共和党の圧勝、たぶんクルーズかトランプが次期大統領になると予想されています。ルビオの可能性もなくはありませんが。。。

スポンサーリンク