イディオム coal mine canary 炭鉱のカナリア、カナリヤの意味

“Coal Miner’s Daughter”(炭坑夫の娘)は世界的に有名だけど、炭坑カナリアは炭坑に住むカナリアかな?と誰もが思うはずである。炭鉱にカナリアがいるのかどうかは別として、coal mine canary と言うからには、炭鉱のカナリアという意味に違いないはずなのである。とは言っても、何のことか良く分からないことは確かなので、この英単語というかイディオムの意味について色々調べてみることにした。

The index is now in “contractionary” territory below 50, but this is not a coal mine canary signaling a recession. businessinsider.com

「インデックスは今現在50以下で収縮領域にはあるが、これは景気後退を警告する炭坑のカナリアではない。」ISM製造業景況指数が50を割り込むと景気後退局面にあると言われている。

スポンサーリンク

coal mine canary 炭鉱のカナリアの意味

“coal mine canary”は炭坑夫達に危険を知らせるためのガス探知機や酸欠警報機みたいな存在だったらしい。これが弱ると一酸化炭素中毒や酸欠を意味し、炭坑夫達が地上へ避難する仕組みとなっていたそうです。金融市場でも比喩的に使われていて、炭坑カナリア(経済指標)が弱くなると、投資家達は一斉に安全資産へ避難する仕組みになっていると言います。炭坑カナリアが寓話なのか実話なのかはググってもいまいち分からなかったのですが(実際に一度ガス漏れ検査のために炭坑に送られたらしい)、これが比喩的に使われるようになったのは1915年らしい。

The earliest figurative use that I have found came from the famous Chautauqua circuit of public lectures. Chautauqua lecturers went from town to town, and according to a 1915 article in the Herald and News of Newberry, S.C., one of their circulars included the canary story as a kind of parable.

“A Chautauqua is to a town what a canary is to a coal mine,” the circular read. “If the intellectual and moral atmosphere of this is such that a Chautauqua can’t live in it, then we must change the atmosphere or get out.” - http://www.wsj.com/

「私が見つける事ができた最も古い比喩的な使用は、有名な公開講義だったシャタークワ巡回に由来していた。シャタークワ講演者は町から町へと巡回し、サウスカロライナ州ニューベリーのヘラルドアンドニュース新聞の1915年に書かれた記事によると、講演者の宣伝用ちらしの一つに、カナリアの話が寓話として含まれていた。”文化講演会は町にとって炭坑のカナリアと同じです。もし、町の知性・道徳の空気が文化講演会を開催出来るような状態でないなら、我々は空気を変えなければならないし、あるいは、そんな町からは出ていかなければならない”とそのちらしに書かれていた。」”Coal mine canary”は警告、警鐘と訳される事が多い。

銅価格が下がると世界的な景気後退を示唆すると言われているが、今の銅価格(2.1ドル)は2009年4月レベルまで落ち込んでいる。2009年4月の日経平均株価が8000円台を徘徊しており、QQE が無ければ確実にこのレベルまで落ち込んでいたはずである(円はその当時より12円~16円割安)。政府・日銀がドル円相場操作により株価操作をしており、インフレ誘導を言い訳に、堂々と輸出企業救済と上級国民による富の収奪を行なっている。下級国民はネット上で上級国民ぶって下級国民を叩き、上級国民は愚衆同士の醜い争いを嘲笑しながら下級国民からの搾取に興じている。アメリカの”Millennials”もようやく自分達の本当の敵が誰なのか気付き社会主義(共産主義)革命を実現しようと躍起だが、日本の”Millennials”は未だに底辺同士の醜い争いに終始している。勿論、日本の民主党政権が芳しくなかったというのもあるし、共産党が非現実的過ぎるという悲しい現実が存在するのも事実である。バーニー・サンダースが目指している民主主義的社会主義(富裕層からその他の層への大規模な富の再配分)は、日本でこそ実現されるべきで、50代以上が8割以上の個人金融資産を独占している一方で、医療費・年金負担等においてもこの世代が圧倒的に国庫負担となっている現状において、”Millennials”に未来などあるわけもなく、未婚、少子化、若年層の~離れや非正規雇用の増加、これらは炭坑のカナリアなのかもしれない。この国にはリセットが必要なのだろう、江戸時代~明治時代の過渡期のような。

スポンサーリンク

フォローする