Neerja Bhanot ニーラ・バノット hero of Flight 73 まじ泣ける

Neerja Bhanot ニーラ・バノット hero of Flight 73 は非常に感動するストーリーです。Schindler’s List (シンドラーのリスト)以来の感動かもしれません。別に映画を見たわけではないのですが、記事を読んだだけでも泣けてきました。Neerja (2016) の評価を見てもこの映画の感動度が伝わってくるかと思います。”A rare bollywood gem! Kudos to the Director” (ボリウッドでは滅多にお目にかからない珠玉の作品です!監督に賞賛や~)とべた褒めしています。それだけ見るに値する作品という事なのでしょう。

スポンサーリンク

The real-life hero of Flight 73

Sarah Steegar news.com.au

“LIFE should be big, not long.”

These are the foreshadowing words attributed to Neerja Bhanot in the beginning of the new biographical film named after the flight attendant and real-life hero.

On September 5, 1986, Neerja was just two days away from her 23rd birthday. She was working her first flight as head purser on Pan Am Flight 73 when it was hijacked on the ground in Pakistan by four armed men.

It was thanks to Neerja’s lightning-quick thinking that the cockpit was warned and the pilots were able to escape — as is protocol — leaving the hijackers with no way to fly the plane.

She also hid the passports of 41 American passengers so that the hijackers could not target them as intended; hiding some under seats and throwing others down a rubbish chute.

That’s because minutes after they stormed the plane, they had shot an American citizen and threw his body onto the tarmac and then asked for more Americans.

“I still can’t believe she did that,” survivor Sekhar Mitra told the Cincinnati Enquirer after the ordeal. “If they had found that out, they would have killed her immediately, I’m sure.”

I don’t want to spoil too many details of the film if you don’t know the story, but her bravery and impact on the situation didn’t end there — ending in her own death 17 hours later when the terrorists opened fire on all.

The whole time, despite often having guns pointed at her, she didn’t flinch.

人生は長さ(細く長く)ではなく、大きく(太く短く)あるべきです。客室乗務員で実在のヒーローにちなんで名付けられた新しい伝記映画の冒頭で、ニーラ・バノットの功績を称えるために送られた予言的な言葉です。1986年9月5日はニーラが23歳になるちょうど2日前だった。パキスタンで離陸前のパン・アメリカン航空73便が4人の武装集団にハイジャックされた時、彼女はヘッドパーサーとしての初フライトを迎えいていた。彼女の咄嗟の機転でコクピットに危険を知らせたおかげでパイロットは逃げる事ができ、プロトコル通り、ハイジャッカーが飛行機を飛ばせないようにしたのです。彼女はまたハイジャッカーが目的通りアメリカ人を標的にできないように彼らのパスポートを隠しました。座席の下に隠したり、ダストシュートに投げ込んだりした。彼等が機内突入直後にアメリカ人を撃ちそして滑走路に投げた後、さらにアメリカ人を出せと要求したためです。生存者のセカール・ミトラはシンシナティ・エンクワイヤラーに”私は未だに彼女のこの行動を信じることができない”とその悪夢の後で語った。”もしハイジャッカーが彼女がそんな事をしている所を発見したら、彼等はその場で彼女を撃っていたと、私は確信しています。” あなたが彼女のストーリーを知らないかもしれないので、あまり多くを語って映画を台無しにしたくないのですが、彼女の勇気とその緊急時に与えた影響は、それだけでは終わらなかったのです。ハイジャッカーが全乗客・乗員に対して発砲を開始した17時間後に、彼女自身が犠牲となってしまうのです。彼女は何度も銃を突き付けられたにもかかわらず、常に毅然とした態度を貫き通しました。」

“The flight attendant smiled throughout the incident despite the fear surrounding her,” Mitra said.

Her actions led to 359 of the 380 people on-board the plane managing to live through the ordeal.

To give you a further idea of her clever actions, she had even secretly hidden instructions inside pages of a magazine for a passenger who was next to an emergency exit and helped him open it amid gunfire.

Instead of escaping, she stayed back and helped passengers out of the exit. “Get out”, she said. “Run”.

「”その客室乗務員は、始終恐怖に晒されいたにもかかわらず、その事件中笑顔を絶やす事は無かった”とミトラは語っている。彼女の行動が、380人中359人の搭乗者が苦境を切り抜けるよう導いたのです。彼女のクレバーな行動をさらに参考までに言っておくと、彼女は非常用脱出口の隣に座っていた乗客の雑誌のページの間に何と使用説明書を密かに忍び込ませ、彼が銃火の真っ只中で脱出口を開けるのに役立ちました。彼女自身は逃げ出さず、機内に留まり乗客が脱出する手助けをしたのです。”外へ出て、走って”と彼女は言いました。」

しかし、そんな優しい心を持った勇敢な彼女を中傷する輩がいるのには驚かされました。

“Yes, truly a very difficult moment. But also a difficult moment for all those flight attendants to accept the movie for what it is unfairly propagating. Neerja was a wonderful person and I think even her soul today would cringe at taking this undeserved adulation. Not fair to the FA’s who have in reality faced their ordeal!,”「ええ、本当にとても難しい時間だったわ。でも全ての乗務員にとって映画を不当に広められているまま受け入れる事は同じくらい難しい時間だわ。ニーラは素晴らしい人柄だったし、私はきっと彼女の魂が受けるに値しないこの大袈裟な称賛を受け入れる事に畏縮していると思うわ。現実に苦境に直面している乗務員達に対してフェアじゃないし。」

Oh no! I was incidental in that plot. Astrid, Sherene, Sunshine and of course Massey were the real heroes of the day. I am glad today I can show my gratitude to them.「あらやだ、私、映画の中でおまけ扱いじゃない。本当のヒーローは別にいるのにね。今日私が彼女達に感謝の気持ちを示す事ができてうれしいわ。」

She even added that the movie is promoting undeserved adulation and also stated that Neerja wasn’t the proverbial hero of the day.「彼女は映画は受けるに値しない大袈裟な称賛を啓発しているとさえ付言し、同様にニーナは言い伝えられているようなヒーローなんかじゃなかったと述べている。」

To this Astrid Lobo, one of the flight attendants of Pan Am 73, wrote, “Nupoor Abrol I totally agree with you this movie is pure fiction not reality very unfair to all the rest of crew.”「当時の乗務員の一人が、”彼女の言う通りだわ、この映画は真実ではなく全くの作り話で、他の全てのクルーに対してとても不公平だわ”と書いている。」

Adele Pinto-Naicker, another flight attendant, wrote, “I whole heartedly agree. Nobody knows the real story we never discussed it as a base. We were given the golden handshake our golden wings immediately after the hijack. I truly believe that each and every crew member on that flight were brave and courageous.”「別の乗務員も”私も誠心誠意そう思うわ。誰も真相は知らないし、それを題材に用いる話はした事ないし。私達はハイジャックの直後に高額の退職金(私達の黄金の羽根)をもらってるしね。私は一人一人全てのクルーメンバーが勇敢で気丈だったと心から信じてるわ。http://www.indiatvnews.com/

当時の彼女の同僚達が彼女はヒーローでも何でもなかったと言い切っています。勿論、ただの嫉妬心からニーナを貶めているんでしょうけど。自分達は左団扇で30年近く生き長らえているのに、彼女が22歳という若さだった現実を何とも思わないのかな。今いないからからこそ彼女がヒーロー扱いされている事に気付けよと言いたくなる。逃げようと思えば我先にさっさと安全に逃げられたのに、彼女が機内に残って撃たれるまで乗客を脱出口に誘導していた事は当時の乗客達が証言しているし、その事は米司法省のサイトに裁判記録として残っている。さらにこの中の一人が実はハイジャック当時の乗務員ではなかったという話まであるしで、もう何が何だか分かりません。人間というのは本当に恐ろしい動物だと思える瞬間です。

悲劇のヒロインを中傷する元同僚達。彼女達の醜さを見ていると人生はいかに長く生きたではなく、どう生きたかが本当に大事なんだなと痛感させられます。元同僚からすれば同じ恐怖と苦難を味わったのだから彼女だけがヒーロー扱いされるのはおかしいとなるんだろうけど、自己犠牲を完遂した人間には勝てないんだよね。まぁ、そんな心の持ち主だからこそ生き残れたんだろうけど。かと言って彼女達を批判するきもサラサラありません。彼女達もまた犠牲者だったのだから当然です。

ハイジャックはパレスチナ人が実行犯で、リビアの故カダフィ大佐の指示だったとも言われています。この年春のレーガン政権によるリビア空爆の報復だった可能性が高いらしい。空爆もテロ行為という事をアメリカは学ぶべきではないかな。日本は第二次大戦時アメリカの空爆で酷い目に遭わされているだけに他人事ではないんだよね。

スポンサーリンク

フォローする