ペットにはストレスを癒す以外にも意外な効果が!

日本人はとかくストレスが溜りやすい民族と言われています。それが恐らく癌や新型鬱病が異常に多い原因なのかもしれません。ストレスと上手く付き合っていくことが長生きの秘訣とも言われている昨今、溜りに溜まったストレスをいかに吐き出すかが非常に重要になってきます。巷には多種多様なストレス解消法が存在します。適度な運動が健康にもストレス解消にも一番良いと言われているのですが、運動はなかなか長続きしないものです。逆に運動をしなければいけないという強迫観念がストレスになりかねません。音楽、動画鑑賞もストレス解消には効果的なのですが、長時間動かずじっとしているのは逆に体に良くないとも言われています。趣味に興じる事も時としては効果的ですが、趣味によってはお金もかかるし、体に良くない趣味が多いのも事実です。お金と手間がかからず危険も少ない、小動物をペットとして飼うという選択肢が一番手っ取り早い安全なストレス解消法かもしれません。このサイトによると、少なくともペットはストレス解消に効果的だと言っているというか、そのことを如実に証明してくれています。

スポンサーリンク

ペットが無償の愛を教えてくれます

“Dogs are nonjudgmental,” Adamle said. “Sometimes that’s what a student needs.”「”犬は人を糾弾しません”とAdamleは言う。”たまに生徒はそれが必要です”」たまに噛みついたり、引っ搔いたり、吠えたり、威嚇したりしますが、それは置いといて、犬は喋れないので人を批判できません。吠えて批判しているのかもしれませんが、言葉が通じないので気になりません。

###

While he has a busy schedule, he always makes time for some Peanut snuggles.「忙しくても、彼はピーナット(ペットのうさぎ)といつも戯れます。」ペットと戯れる事がストレス解消になります。インコを飼えば、お帰りと言ってくれます。

“It’s unconditional love,” he said.「それは無条件の愛ですかね」と彼は語った。」ペットの世話が大変でそれがストレスになるなんていう人もいますが(それで捨てちゃう人もいます)、子供の頃、犬、猫、鳥以外に、リス、ウサギ、ハムスターを飼った事がありますが餌代もそんなにかからないし、飼育も楽だし、散歩もさせないでいいし、大人しいし、糞尿の処理も楽だし、温度管理さえ怠らなければ、飼うには最適です。

思いっきり話を端折りましたが、このストーリーが言いたいことは、ペットを飼うことは無条件の愛を知ることができる一番の方法だということです。人間はとかく見返りを求め勝ちで、特に日本人はボランティア、チャリティー精神に乏しい民族だと諸外国から揶揄されています。ペットを可愛がる事は、まさにその見返りを求めない無償の愛を培うには最適なのです。ペットを飼うことで心に余裕ができて、それがストレス緩和にもつながります。さらにペットも無条件にあなたに愛を注いでくれるので、愛に飢えている現代人には渡りに船の存在と言えます。彼等はあなたを批判、糾弾する事なく、あなたのストレスを癒してくれます。

ペットは一人暮らしの慰めになります

最近の風潮として独り暮らしの孤独な人達が増えています。孤独感が鬱や他の精神障害につながる可能性も指摘されてきています。ペットを飼えば、自分は一人じゃないという意識が強まり、さらに他者への労りの心も育まれるので願ったり叶ったりなのです。個人的感想として、一人暮らしはとても辛いものがあります。自分もペットでも飼っておけば良かったと、今頃になって後悔しています。ペットお断りの賃貸物件でもハムスター程度の小動物ならOKのところが多いかと思います。小動物の場合は寿命が短いというデメリットがある反面、値段的にも買い替えやすいとうメリットもあります。それに長生きすると愛着が湧いてしまうので、いなくなった時のショックがあまりにも大き過ぎるので、むしろ小動物の方がいいのかなというのが個人的経験による感想でもあります。

ペットを飼うと子供が優しく育ちます

ペットを飼うと子供が優しい子供になるそうです。少なくともこのサイトによると子供にはペットを与えるべきだという結論になっています。

Children who keep pets are healthier and more emotionally balanced, experts have found.「ペットを飼っている子供はペットを飼っていない子供よりも健康で感情的にバランスがとれている、という事を専門家が発見した」ペットを飼うと情緒豊かな優しい人間に育つだけでなく、成績も良くなり、社交的な人間になることも明らかになっています。

子供のために何かしらのペットを飼う事は今の時代必須と言えるでしょう。子供に無償の愛やボランティア、チャリティー精神を教えるだけでなく、責任感のある感情豊かな優しい人間に育ち、人を思いやれるので自然と社交的人間に育ち、社会的に成功しやすくなるという事みたいです。ペットを飼う事で親子関係までもが改善されると聞きます。さらに子供にアレルギー耐性ができてアレルギーに強い体に育つらしいです。ペットを飼う事で、世間で何故か腫物のように忌み嫌われる極度に潔癖症な人間にもなり難くなるみたいです。

ペットはあなたの一番の友達です

子供よりペットの方がいいという夫婦もいるみたいです。確かに最近のニュースを見ていても、ない子には泣かされないとつくづく実感させられるような、そんな出来事が、日常茶飯事のように起きている今の荒んだ時代には、そう思えても仕方のないことなのかもしれません。子供がニート、引きこもりという時限爆弾を抱えている親の心境たるや、想像を絶するものがあるかと思います。人間は裏切るけどペットは裏切らないという言葉もよく耳にします。ストレスが一番溜まるのも実は人間関係なんですよね。その人間関係で溜まったストレスを癒してくれるのがペットなら、ペットが一番の友達というのも頷けます。アメリカでは犬のことを”man’s best friend”と言うらしいです。理由はこのサイトに書いてあります。今の日本は空前の猫ブームらしいですが、猫よりも犬の方がペットとしては適していると思いました。猫は散歩をさせないでいいのが最大の売りなんでしょうね。小動物は見ているだけでも本当に癒されるので、亀でも何でもいいのでとにかく飼ってみる事をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする