point of view と mother in law の意味、複数形

point of view (意味は視点、観点) と mother in law (意味は姑、義母)を複数形にする場合、points of view, point of views と mothers in law, mother in laws のどちらが正しいのか?という事をグーグルで検索してみました。この手の複合名詞は扱いが意外とややこしいので、恐らくかなりの人間が使い方を間違ったり、悩んでいるだろう事は容易に想像がつきます。例えば、21-year-old, 21-years-old のどちらが正しいかと聞かれれば、21-year-oldが正しいという事は中学生でも容易に答えられるだろう。基礎英語の中でも基礎中の基礎なのでしっかりと覚えておいた方が良いでしょう。

○21-year-old student
○The student is 21 years old.
×21-years-old student
スポンサーリンク

points of view, point of views の検索結果

points of view 約 115,000,000 件
point of views 約 2,100,000 件

圧倒的にpoints of viewが多いですね。ちなみに points of views も調べたら約 474,000 件もありました。やはり間違って使っている人達が結構います。この辺はネイティブならまず間違いないのでしょうが、冠詞の使い分け同様、ノンネイティブは間違いやすいと思います。どっちが正しいかという事は、このサイトに詳しく載っています。

I think you would find plurals like attorney generals and court martials, though — in speech probably more often than in writing.「たぶん文章よりも会話の方が圧倒的に多いけど、attorney generals と court martials のような複数形に気付くかと思います。」

###

Some ‘informal’ pluralising of compound words are becoming part of regular speech after a few decade of use, so who knows where all this is leading to. Court Martials is one of them, now “courts martial” is being seen as formal (one day we might even have “martials art”:D).「いくつかのインフォーマルな複合語は数十年間使われた後に、正規の話し言葉の一部と化しています。なので、将来的にどうなるかは誰もわかりません。court martials もその一つです。現在、”courts martial”はフォーマルとして見られています(いつか私達は、”martials art”という言葉さえも経験するかもしれません。)」martials art もググると出てきますね。martialが形容詞だという事を知らないか、”marshal”という単語と混同しているかのどちらかでしょう。

court martial = 軍法会議(名詞)、軍法会議にかける(他動詞)。複合語の複数形は会話では適当に扱われるケースが確かに多いです。mother-in-laws, mothers-in-law の使い分けはネイティブでも難しいみたいです。

mother in laws, mothers in law の検索結果

mother-in-laws 約 517,000 件
mothers-in-law 約 412,000 件
mothers-in-laws 約 129,000 件

グーグル検索だけではどちらが正解なのか分かりません。このサイトに答えが書いてあります。検索結果から鑑みても、ネイティブも mother-in-laws と勘違いしてしまう事が分かります。

It’s understandable that making the singular noun mother-in-law into a plural noun would result in many of us making the grammar error mother-in-laws since plurals of nouns are usually made by adding the -s to the END of the word, for example, mothers, hurricanes, aardvarks, and molecules. In this case, however, the plural is made by adding the -s to the FIRST word, not the last. Think of it this way: It’s the mothers, not the laws, that are plural. The correct plural of mother-in-law, then, is mothers-in-law.

「例えば、mothers, hurricanes, aardvarks, and molecules みたいに普通名詞の複数形は語尾に -s を付けるので、単数名詞の mother-in-law を mother-in-laws にしてしまう文法ミスは理解できます。このように考えてみてください:複数形なのは母親達であって法律ではありません。mother-in-law の正しい複数形は、結果、 mothers-in-law になるのです。」in-law (姻戚), mother-in-law (義母)は、国が違えば法律も違うなんていう屁理屈もあるかもしれません。

aardvarks = ツチブタ、アリクイ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする