There is more than one or there are more than one

There is more than one or there are more than one これも一見非常に単純な問題なように見えます。こんなのどっちでもいいじゃんという人も多いかと思います。難しい英単語でも何でもないので、中学生でも分かるような基礎中の基礎英語でしょう。確かにどっちでもいいような気もしますが、文法書によると一つは確実に間違いなのです。例えば、set, series という複数のニュアンスが非常に強い単語が単数扱いのように、文法上の決まりはある程度はしっかり学習しておく必要があります。もちろん、個人的にはネイティブだって文法がかなり適当なんだから、ネイティブじゃない日本人がネイティブ以上に文法を覚える必要はないというのが個人的な持論ではあるのですが、必要最低限の文法はしっかり押さえておいた方がいいというのも持論です。日本語でも押さえる、抑えるの用法、使い分けはややこしいですが、どっちでもいいじゃんというよりもしっかり違いを押さえておくのが賢明なように、英語にも全く同じことが言えるのです。

スポンサーリンク

There is more than one が正解

There is more than one と there are more than one をGoogleで検索。

There is more than one 約 81,500,000 件
There are more than one 約 55,100,000 件

検索結果からだと、やっぱりどっちでもいいじゃんというのが答えでしょう。ネイティブ以外にも英文でブログやツイッターをやっている人々もかなりいるし、どっちが正しいのかネットで論争になっていたり、質問されたりもしているので、やはりそういう人達が間違った方の件数を伸ばしているような気がします。試しにこれをワシントンポストだけに絞って検索してみました。

There is more than one 約 2,280 件
There are more than one 9 件

正しい文法が要求されるニュースメディアは当然こうなります。正しい文法が知りたい時はワシントンポストに絞って検索をかけるのがベストかもしれません。more than one people だろうが more than one person だろうが、more than one の前の動詞はsingularです。しかし、残念ながらこの文法は世間ではあまり認知されていないようです。

There is more than one people.

There is more than one people 約 57 件
There are more than one people 約 133,000 件

これはちょっとさすがにあまりにも酷過ぎるかと。

There is more than one person 約 4,570,000 件
There are more than one person 約 4,330,000 件

結局 more than one の後が複数名詞だと勘違いして There are になると思っているわけでもなさそうですね。person という明らかな単数名詞でも There are は普通に使われています。ここまで来るともうどっちでもいいとしか言えなくなりますね。しかし、文法に煩い日本人はそうはいかないでしょうけど。特にテストでは There is more than one ~ が要求されるのは確実です。このサイトに的確で詳しい説明がなされています。

You could only use people here as a countable word, which is not how it is usually used.

In this case you are not referring to “people” as a group of individuals, but to “a people” as a groups of specific individuals sharing an ethnic, historical, religious, cultural or geographical background.

In that case, you treat people exactly like you would treat person or car:

There is more than one car.
There is more than one person.
There is more than one people.

It is very important to understand you are talking about peoples in that case!

If you do not mean “peoples” as in “populations” (Germans, Dutch, Americans), you cannot use “more than one”, since people is then uncountable, like water or stuff:

*There is more than one water.
*There is more than one stuff.
*There is more than one people.

These sentences are (usually) incorrect unless you do actually mean to imply the countable versions!

more than one の後には当然可算名詞が来ます。なのでpeopleも人々という意味ではなく国民、民族という意味の可算名詞が来ます。person の複数形としての people の場合は、one people ではなく one person となる。最後にこのサイトに超完璧な説明が載っていたので引用させて頂きました。

It does not matter how many things the writer might expect there to be in reality: it is always if there is more than one species.

Nor does it matter what noun comes after one. It is always is; the word one forces a singular verb without apparent exception.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする