【悲報】トランプ大統領 ペイリン副大統領【日本終了】

ドナルド・トランプの副大統領は誰なのか?これが今のアメリカ政治の最大の関心事と言えるだろう。ヒラリー・クリントンの副大統領候補は、ジュリアン・カストロ、エリザベス・ウォーレン、シェロッド・ブラウン、ティム・ケイン、コーリー・ブッカーの5人を最有力候補として多くの民主党員達が予想している。ヒラリーは最終的にバーニー・サンダースを副大統領候補にせざるを得なくなるという政治通もいるが、さすがにそれはないという声も多い。個人的にはミレニアル世代を引き付けるには、ウォーレン以外の選択肢はないように思える。クリントン/ウォーレンが民主党チケットになるはずだ。一方の共和党はと言えば、トランプにとって選択可能な候補者は2人しかいないと言われている。トランプが最終的に誰を選ぶかは分からないが、トランプの副大統領候補は、クルーズを熱狂的に支持している超保守派層を取り込める人物ではなくてはならない。そんな離れ業を出来るのは2人しかいないが、テッド・クルーズがトランプの副大統領になるはずがないので、結果として候補者は一人しかいないことになる。ニュート・ギングリッチだけは100%有り得ないことだけは言える。

スポンサーリンク

サラ・ペイリン 副大統領候補

ペイリンは個人的に絶対有り得ないと思っていた。娘のブリストルと息子のトラックのことを考えれば当然だし、夫のトッドの事故のこともあるしで、どう考えても有り得ないはずだからだ。しかし逆に言えば、ペイリンを副大統領候補に据えることで、メディアの攻撃をペイリンに集中させることが可能になることも確かで、さらに、トランプは副大統領候補に女性を選ばなくてはならないと指摘されているので、サラ・ペイリンは最も最適な副大統領候補とも言えなくもない。トランプにとってペイリン選択の最大のメリットは、ペイリンは完璧な impeachment-proof 候補だということに尽きる。トランプが最も恐れているのは、大統領就任後の弾劾裁判なので、ペイリン選択は至極当然の流れとも言える。サラ・ペイリン以外にトランプの副大統領候補になりたい女性共和党員は今は存在しないとも言われている(元アリゾナ州知事ジャン・ブリュワーは別として)。あくまでも副大統領としての資質がある女性共和党員に限っての話である。

トランプ/ペイリン チケット

白人票を最大限まで取り込むにはこのチケットしかないとも言える共和党史上最強チケットという声もある。全米圧倒的No.1トークラジオホストのRush Limbaugh (ラッシュ・リンボー)もこう言っている。Limbaugh Says Trump-Palin Team Would Be Dream Ticket, Crush Hillary

“A Trump-Palin team would crush Hillary,” said Limbaugh. “Trump and Palin together is like having a George Washington-Abraham Lincoln ticket. They are two of our nation’s greatest political thinkers.”

トランプ/ペイリン チケットをジョージ・ワシントン/エイブラハム・リンカーン チケットに擬えている。これ以上ないぐらいのベタ褒めである。ペイリンのトランプ支持がクルーズの夢を打ち砕いたと言っても決して過言ではないので、ペイリンのトランプ支持の裏には何かしらの密約があったのではないかと、以前から一部の間ではかなり噂になっていたので、やっぱりこういうことだったのかと考えるとしっくりくる。ここに来て民主党がまさかのカオス状態に陥っていて、トランプ勝利は揺るがないような雰囲気になりつつあるので、最終的には誰もがトランプの副大統領候補になりたがることは言うまでもない。トランプ大惨敗予想とは一体何だったのかと言いたくなる。サンダースがここまで酷いspoiler (ぶち壊し屋)になるとは誰も予想していなかったので、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれないが、それにしても人生一寸先は闇とはまさにこのことだろう。

スポンサーリンク

フォローする