投資家心理、早起きは三文の得! FXは真夜中!? ユーロ円、ドル円

FXをやるなら真夜中がいいらしいのです。多くのFXトレーダーが、朝起きた時に今日はどういう取引をしようか?と考えるかと思いますが、まぁ、シストレでやっている人達にはあまり関係はないんでしょうけど、どのようにして取引をするかを考えるよりも、朝何時に起きるかの方が遥かに重要な要素のようです。zerohedgeの情報によると、多くの個人投資家は”how”ばかりを気にし過ぎるあまり、”when”をないがしろにしているんだとか。だからシストレがいいという話なんでしょうけど、機械任せにはできない人も多いらしいので、日々の戦略を練りつつ、FXを嗜んでいる投資家達には役立つ情報かもしれません(今さらかよっていう声も聞こえて来そうですが)。

スポンサーリンク

早起きは三文の得(徳)

The early bird catches the worm. は非常に有名なことわざなのですが、昔から規則正しい生活をして早起きする人は、人生に色々な徳(得)=恩恵があるようです。

Global study shows diabetes and heart disease can be a deadly combination

But they should, because intraday timing matters greatly on FX patterns. As it turns out, currencies tend to depreciate during daylight trading sessions in their own time zones. Specifically, EUR/USD (and other European currencies) falls in the London session and rises in the NY session while AUD/JPY and NZD/JPY decline in the Tokyo session and rally through the rest of the day.

「しかし時間帯を気にすべきで、何故なら、日内のタイミングはFXパターンに非常に重要だからです。結局のところ、通貨はその国のタイムゾーンにおいて、日計り商いの間は価格が下がる傾向にあるようです。特に、ユーロ・ドル(とその他の欧州通貨)はロンドン市場では下落し、ニューヨーク市場では上がりますが、その一方で、オーストラリアドル・日本円とニュージーランドドル・日本円は東京市場では下がりますが、その他の市場では上がり続けます。」

FX関連の和訳は適当だという事を言っておきます。それを踏まえた上で、FXのデイトレーダーは日計り商いで利益を得ているらしいので、日内の売買のタイミングが非常に重要になってくるみたいです。ユーロドルについては確かにその傾向が強いように思えます。ドル円は4月の大暴落の例もあるだけに、細心の注意が必要になってきます。日銀関係者の鶴の一声で為替が乱高下しますので。

As to why wake up at 3am Eastern, or when the London session begins? Because that’s when a clearly documented pattern of strength in the USD versus European crosses emerges, followed by a traditional subsequent reversal during the NY session,

「何故、米東部時間の午前3時に、あるいは、ロンドン市場がオープンする時間に起床するのか?と言えば、ロンドン市場では、米ドルが他の欧州通貨クロスに対して上昇、NY市場では伝統的に下落するパターンが明白に文書化されているからです。」

米東部時間午前3時という事は日本時間の午後5時ですね。ロンドン市場でユーロドルを少しでも安値で買って、ニューヨーク市場で高くなったところを見計らって売れば良いらしいです。しかし、先週金曜日はNY市場でもユーロドルは下落しているので、今のようなBrexit問題が燻っている時にはユーロドルは売りで間違いないとも言えます。Brexitは有り得ないと思えば、6月22日辺りにユーロドル、あるいは、ユーロ円を買っておくというのも1つの手ですが、あまりにも危険な賭けであるとだけ言っておきます。

But while EURUSD was the volatile FX pair of chioice when Europe was blowing up every other month in the 2011-2013 period, now it is all about the USDJPY. Here, by contrast, the dollar-yen pair tends to rise throughout the NY and London trading sessions, meaning that EUR/JPY is really what investors should own in the NY afternoon in the majors.

「しかし、欧州が2011年~2013年にかけて隔月で危機に陥っていた時、ユーロドルが予測し難いFXペアの1つでもあったので、時代はドル円になっています。ここではそれに反して、ドル円ペアは、ニューヨークとロンドン市場を通して上昇する傾向にあり、ユーロ円がメッジャー通貨ペアの中でニューヨーク時間の午後に投資家が本当に買っておくべきペアなのです。」

時代はドル円らしいのですが、投資家が本当に買うべき通貨はユーロ円のようです。日本時間の真夜中にユーロ円を買っておくのが良いみたいですが、今はBrexit問題が燻っているので手を出さない方が良いような気もします。Brexitにかけてユーロ円を売っておくという手も有りますが、危険な賭けとも言えます。日銀のサプライズ緩和で円暴落の可能性もあるかもしれません。もちろん、ドル失望売りの円高の可能性の方が高いんでしょうけど。今週は超重要イベントが目白押しな事を考慮すれば、様子見を決め込むのも手かもしれませんが、乱高下の時こそチャンスという豪気な投資家もいるので、その人次第としか言えません。投資はあくまで自己責任なので、慎重な取り引きを心掛けましょう。

スポンサーリンク

フォローする