Texit(テグジット)テキサス州がアメリカ合衆国から分離独立!?

Grexit(グレグジット)以来、何たらグジットという造語が流行っているみたいですが、今度はTexitという言葉が注目を浴びています。以前からある造語ですが、今回のBrexitに続けとばかりに、その可能性が現実味を帯びてきているようです。早ければ2018年にTexit referendumが行われる可能性があるそうです。2018年にテキサス州民が合衆国政府にTexitを突き付けた場合、トランプ大統領がテキサス州独立にどう対応するのかは分かりませんが、かなり面白い展開になりそうです。

From Brexit to Texit: Texas secession movement targets 2018 ballot

While Britain’s vote to leave the European Union shocked even some ‘Brexit’ supporters, the Texas Nationalist Movement is confident Texans will vote for independence in 2018. Now Governor Greg Abbott is being asked to answer their ‘Texit’ appeal.

「欧州連合を去るイギリスの投票結果が、一部のブレグジット支持者達にさえ衝撃を与えた一方で、テキサス民族主義運動は、テキサス州民が2018年に独立賛成投票をするだろうと自信を持っています。今、グレッグ・アボットは彼等のテグジット上訴に答えを求められています。」

テキサス州だけではなく、フロリダ州のFlexitまであるそうです(Twitter Campaigns for #Flexit: A Florida Exit)。何たらグジットがトレンドになって、色々な国で分離独立の流れが広まれば、民族主義に火を付けかねないので、かなり危険な匂いがします。スコットランドは既にイギリスからの分離独立を画策しているようです(波及はどこまで? 次は「フレグジット」か EU離脱問題)。

スポンサーリンク

2018年のTexitの可能性

テキサス州は人口2700万人、GSP (Gross State Product)$1.65 trillion、州民一人当たりのGSPは日本のGDP per capitaよりでかいです。人口、経済規模共にカリフォルニア州に次いで全米2位です。そんな州がアメリカから分離独立してしまったら、アメリカの国力が1割削がれる計算になるので、連邦政府が分離独立を許すとは到底思えません。許さないと言っても、まさか前回のようになるとは思えませんが、どうなってしまうんでしょうかね。テキサスが独立してしまったら、他の南部州やカリフォルニア州も分離独立する可能性が出て来ます。

First The UK, Then Scotland… Then Texas?

International wars rarely erupt between countries with common languages, common histories, and common economic interests. Should Scotland secede, the UK won’t be sending in the tanks, and Scotland could easily join the realm of independent nation states, just as many American states could do the same.

「国際紛争は共通の言語、歴史、経済嗜好を共有する国の間では滅多に起きません。もしスコットランドが分離しても、イギリスは戦車を送らないでしょうし、スコットランドは簡単に独立を勝ち取る事ができます、ちょうど多くのアメリカの州が同じことが可能なように。」

スコットランドが分離独立したとしても、確かにイギリスは黙認するでしょうが、テキサスが独立した場合、連邦政府はイギリス政府のように黙認するでしょうか?前回のように、Save the Union と言って軍隊を送らない保証はどこにもないのではないでしょうか?second civil war の可能性を否定することはできないような気もしますが、まぁ、そもそもテキサス州民が分離独立を望むとは思えないし、州民投票自体が行われない可能性の方が遥かに高いはずです。テキサス州が独立してしまったら、共和党から合衆国大統領が誕生することは未来永劫なくなってしまうし、そうなった場合、それこそ南部州と北部州の間で、熾烈な抗争が発生する可能性すら出て来てしまいます。テキサスは法的に分離独立できないという人もいます。

After Brexit, what? U.S. secessionists hankering for ‘Texit’

Constitutional scholars, however, say a U.S. state cannot break away, but this has not stopped hundreds of secessionist schemes throughout the nation’s history. No state has been formed by seceding from another since 1863, when West Virginia was created during the Civil War.

憲法学者が言うには、州から分離する事はできないと言っているみたいですね。州から分離して別の州ができたのは南北戦争中の1863年のウェストバージニアが最後のようです。別に州から分離して別の州を作るわけではなく、合衆国からの分離独立なので、法的問題はないような気もしますが、どうねんでしょうかね。カリフォルニア州でも分離独立運動があるみたいですが、アメリカ建国史を通せば、分離論者達が何百回も分離独立にチャレンジしたようですが、一度も成功したことはありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする