あの屁臭い硫化水素に驚くべき健康効果が!

屁の臭い、あるいは、卵の腐ったような嫌な匂いがする、硫黄泉温泉地特有の臭気を漂わせる、そんな傍迷惑な硫化水素ですが、どうやら健康に良いようです。もちろん、高濃度の硫化水素にさらされた場合は、あきらめてくださいと看板が警告しているように、諦めるしかありません。人生時には諦めも肝心だということのようです。

硫化水素と聞くとおならの匂いとか、たまごの腐った臭いとか、草津温泉とか、地獄谷を思い浮かべる人が多いと思いますが、個人的には、長野県にある地獄谷野猿公苑の猿達のことを思い浮かべます。海外でも超有名な、あの温泉に浸かる猿達です。

スポンサーリンク

硫化水素の効能

Hydrogen sulfide proven to be beneficial for cells

Scientists at the University of Granada have proven, for the first time, that hydrogen sulfide, also known as ‘sewage gas’ because of its rotten-egg odor, is beneficial at a physiological level, as it helps cells produce energy.

「グラナダ大学の科学者たちは、その腐ったタマゴの臭いから、下水ガスの名前でも知られている硫化水素が、細胞がエネルギーを生産する手助けをしているので、生理学的レベルで有益であることを初めて証明しました。」

The researcher at the University of Granada, Abbott laboratories and the Biomedical Research Center (Institute of Biotechnology), have proven that in mice and humans, hydrogen sulfide produced by the cells is used by a mitochondrial enzyme called sulfide:quinone oxidoreductase, which participates in energy production by the cells of each tissue.

「グラナダ大学、アボット研究所、生物医学研究センター(生命工学研究所)の研究者たちは、ネズミと人間において、細胞によって生産された硫化水素が、各々の組織の細胞によるエネルギー生産に関与している、硫化物:キノン酸化還元酵素と呼ばれるミトコンドリア内酵素によって利用されていることを証明しています。」

sulfide:quinone oxidoreductase = 硫化水素-キノンオキシドレダクターゼ、硫化物:キノンオキシドレダクターゼ、硫化水素:キノン酸化還元酵素

硫化水素は高濃度だと、細胞レベルでのエネルギー生産を阻害してしまう反面、低濃度の場合は、細胞のエネルギー生産を促進させる働きがあるみたいです。

The enzyme sulfide:quinone oxidoreductase also uses the coenzyme Q10 (Q10) in its reaction, so that when there is a deficit in Q10, the levels of the enzyme are drastically reduced, thus limiting its activity. This defect contributes to the bioenergetic deficit associated with deficiency in Q10, but it also causes an increase in intracellular hydrogen sulfide levels, which leads to changes in the levels of glutathione and certain brain neurotransmitters, in blood pressure and in the modification of some proteins.

「また、酵素、スルフィド:キノンオキシドレダクターゼは、自身の反応に、コエンザイムキューテン(Q10)も利用しているため、Q10が不足すると、酵素濃度は急激に低下するので、自身の活動を制限します。この欠陥が、Q10不足に伴う生体エネルギー不足を引き起こすだけではなく、グルタチオン濃度、特定の脳内神経伝達物質、血圧、一部の蛋白質の一時変異に変化をもたらす、細胞内硫化水素濃度の上昇も引き起こします。」

コエンザイムQ10はエネルギー生産に重要な役割を果たしているみたいです。巷でこのコエンチームQ10は大人気ですが、それなりの理由があったみたいです。硫化水素とコエンチームQ10のバランスが大事みたいで、コエンザイムQ10が不足して、このバランスがが崩れると色々な弊害が、体の中に生じてしまうようです。逆に両者のバランスが取れていると、細胞エネルギー生産が増えて、体が活発になるっぽいです。

Embo Molecular Medicine誌に掲載された今回の研究は、ヒトの細胞の一つ一つで生産されて使用されている硫化水素のことだけではなく、さらに、コエンザイムQ10とその硫化水素の間の密接な関係をも明らかにし、病理学と治療上の観点から、硫化水素代謝のための新しい研究と応用に道を開いてくれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする