INTELがNVIDIAの買収を真剣に検討中!?

インテル入ンテルで有名なあの Intelが、Nvidia の買収を今回は本気で考えているみたいな感じっぽいです。過去にも何度か似たようなニュースがあり、その度に、買収話は流れていました。なので、今度もただの噂かフェイクニュースかもしれませんが、AI の出遅れでインテルが相当焦っているだけに信憑性がありそうです。

ソフトバンクのARM買収は、来るべきIoT(モノのインターネット)時代に先駆けたものでしたが、人工知能分野で出遅れているインテルにとって、今やこの分野で飛ぶ鳥を落とす勢いの Nvidia を今のうちに買収しておくことは、将来の憂いを取り除く意味からも、賢い選択と言えます。買収が実現した場合、市場にかなりの衝撃が走るはずです。

スポンサーリンク

IntelによるNvidia買収の可能性

EXCLUSIVE: Intel Tipped To Be In Discusions To Buy Nvidia

主要なマイクロプロセッサ企業インテルが、エヌビディアと話し合っていると信じられていて、今回の動きは、インテルが、パソコン売上低迷とクアルコムのような企業の新しいプロセッサ技術の出現を受け、収入を増やすのに苦心している結果です。

スマホ市場でインテルは完全に駆逐されているので、今後AI(人工知能)の分野でも駆逐された場合、企業の将来性に重大な影響を与えるだろうと言われています。この分野で勢いのあるエヌビディアを買収するのは企業の生き残りにも重要と言えます。

アジアの情報筋が、チャンネルニュースに、インテルが、最近、完全買収か、あるいは、筆頭株主になることを視野に入れて、エヌビディアと話し合いを持ったことを伝えています。

買収金額がどれくらいになるのか気になる所ですが、相当な金額になるはずです。

米国のインテルとエヌビディアの担当者は、コメントを拒んでいます。

今の段階ではコメントのしようがないでしょうが、根も葉もない話ならすっぱり否定するはずだし、コメントを拒否しているのは、本当の話だからかもしれません。

Nervana(ナーバナ)が、Cuda-compatible Neon software (キューダ互換ネオンソフトウェア)を提供していることで、エヌビディアに対して巻き返しを果たしていますが、インテル経営側が、エヌビディア買収が、インテルの新たな収益源を産み出すと考えていることを関係筋が伝えています。

インテルは昔からグラフィックスが弱いと言われていたので、エヌビディア買収は、同社のCPUやコプロセッサのグラフィック機能を強化し、スマホや人工知能(機械学習、深層学習、強化学習)、モノのインターネット分野での競争力を増してくれる可能性があります。最近超大型買収が相次いでいるので、インテルのエヌビディア買収もありそうです。エヌビディアが拒否する可能性が高いですが、買収金額次第じゃないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする