2017年最大の出来事はトランプ大統領誕生

実際にトランプ大統領が誕生するのは今年なわけで、今年の最大のニュースはトランプ大統領誕生です。去年は正確にはトランプ次期大統領 (president-elect) 誕生です。今年が正真正銘のトランプ大統領誕生の年です。2017年1月20日は全米各地で、反トランプイベントが催される事が予想されています。波乱含みのトランプ政権スタートです。

いわゆる、first hundred days(大統領就任後の最初の100日間)ですが、トランプ大統領がこの100日間で何を達成するかで、トランプ・ドクトリンが決まります。ある意味世界にとっても非常に重要な100日間だと言えます。トランプ氏が型破りな大統領になるのか、普通の大統領になるのかが分かるからです。オバマ大統領も政治を変えると言って当選しましたが、結局政治を変えることはできませんでした。それが、クリントン氏には大きな向かい風となってしまい、逆にトランプ氏には大きな追い風になったと言われています。なので、トランプ氏もワシントンを変えると言って当選しましたが、結局は、オバマ大統領のように、ワシントンに取り込まれてしまうだろうと予測されています。

スポンサーリンク

トランプ・ドクトリン

トランプドクトリンは存在しないとも言われています。それは、トランプ氏があまりにも変わり身が早く、3分後に3分前の自分の発言と矛盾する発言を平気ですることからも一目瞭然だと一部で批判されてもいます。八方美人とか、皆から好かれようとして、逆に皆から嫌われてしまう典型例とか、人に感化されやすいとか、何も考えていないとか、トランプ氏に対しては色々な心理的な洞察がなされていますが、そう考えると、トランプドクトリンというのは、日替わりランチならぬ、日替わりドクトリンになる可能性があるとも言えます。昨日はあー言ったけど、今日はやっぱりこうするけど、明日はどうなるか分からないみたいな、かなりスリリングでリスキーな政治が楽しめるかもしれないと、一部のリベラルの間で囁かれています。氏がそこまで酷くない事は言うまでもありません。

何れにしても、トランプ大統領とプーチン大統領が世界の命運を握っていることだけは間違いなく、言ってみれば、ルーズベルト大統領とスターリン書記長 (一部ではヒトラー総統とスターリン書記長とも言われている) みたいなもんで、この二人の大統領の意向や気まぐれに、今後世界が振り回されていくかぶん回されていくことになるみたいです。

トランプ氏が型破りで破天荒な大統領になるのか、それとも、オバマ大統領のように、ワシントンエリート連中に飼い慣らされた大統領になるのか、それが問題のようです。日本人的には、オバマ大統領のような穏健派で常識的な大統領を望みますが、個人的には、メチャクチャ破天荒で、そこまでやるか的なかなりやばい大統領になって欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする