アベノミクスで日本の富裕層の増加率がかなりやばいらしい

アベノミクス効果で、日本の富裕層の増加率が半端ないみたいです。株・FXによる億り人が相当数いるということみたいです。株・FXはギャンブルという人達もいますが、配当やスワップポイント目当ての人達も居るので、必ずしもギャンブルとは言い切れないのですが、デイやスイングをやっている人達はある意味ギャンブラーでしょう。HFTは、コンピューターパワー、アルゴリズム、資金力を駆使した大人の取引と言えます。

アベノミクスがトリクルダウン経済だとすれば、それの一部は成功したと言えるのかもしれません。豊かになった人や企業が金を使い始めれば、その他下々の庶民や企業にも金が回るようになるはずだからです。問題は、守銭奴はしょせんは守銭奴だということです。

今の日本はブクブク肥太った守銭奴達が、悪玉コレステロールのように、血管(経済)を閉塞させ、血液の循環(金の循環)を阻害していると言われています。いくら場当たり的に血管を広げる治療法(金融緩和や財政出動)を適用しても、この悪玉コレステロールを根本的にどうにかしないと、最終的に血管が完全に詰まって、やばい事になってしまいます。

昔から口が酸っぱくなるほど言われているように、1人の人間が1兆円を持つより、10万人の人間が1000万円ずつ持った方が経済がうまく回ります。1人が買う車、家電、不動産の量は限られるし、10万人なら10万人分の市場が形成されるからです。かつての世界大恐慌は、世界の富の半分をアメリカが独占し、さらにその富のほとんどを、わずか1%のアメリカ人が独占していたせいだと言われています。富が一極集中し過ぎて、ほとんどの人達が物を買うことができなくなってしまったのが原因みたいです。当時のアメリカの支配層は、それを安い輸入品のせいにして、高関税をかけたことで、世界は未曾有の悲劇を招くことになります。結局は、自国さえ良ければいい、自分さえ良ければいいという、病的自己中な貪欲さが引き起こした悲劇とも言えます。敵が攻めてきた時に、自分さえ助ければ国がどうなっても良いと言って誰も戦わなければ、結局はその国自体が攻め滅ぼされる愚行に似ています。そういった場合、国が若者を最前線に送り込むように、今も国が守銭奴達を何とかしないといけない時期に来ていると言っている人達もいます。

スポンサーリンク

日本で富裕層が激増

もちろん富裕層が増えることは良いことです。しかし、それはあくまでも、日銀の常軌を逸した異常な金融緩和抜きでの話です。インチキドーピングで富裕層が増えても、それはまやかしでしかなく、インサイダー取引等の不正の温床になるだけだと、今の超異常な日本の現状を痛烈に批判する人達がかなりいます。日銀や公的年金資金が株価をあからさまに操縦(吊り上げ)したり、日銀や政府関係者の FX 市場への口先介入なんかもかなり問題があると、内外から指摘されいて、富裕層が増えても、そのほとんどが、インサイダー情報を持った人達の関係者なんじゃないかと、陰謀論者的に勘繰る人もいますが、その可能性も決してなくはないと後押しする人達もかなりいます。政府・日銀が市場介入するのは健全ではありませんし、この国はいつから社会主義経済国になってしまったのか、これでは中国のことをとても笑えないと、悲観的になっている日本人も相当数存在します。

日本が富裕層人口の増加でアメリカ抜き初めて世界一に(2016年対前年比)、アベノミクスで富裕層の資産は増加し下位90%は減少

そして、このクレディ・スイスのデータをもちいて、アベノミクスの始まる前の2012年を100にして、2016年の富裕層上位1%と下位90%の富のシェアをグラフにしたものが以下です。アベノミクスを早くやめさせなければ、貧困と格差は拡大するばかりです。

この4年間で日本のトップ1パーセンターと、下位9割の貧富の差が超拡大しているみたいですが、それが、アベノミクスのトリクルダウン理論なので当たり前の話です。問題は豊かになった人間や企業が金を回さないことにあります。なので、アベノミクスは失敗という声も多く、確かに、日本国民の8割の中間・貧困層からなけなしの金を搾り取るのではなく、上位2割から、大増税などの形で、金を搾り取る政策に切り替える必要があることだけは確かです。そんなことをすると、日本の富裕層や富裕企業が海外へ行ってしまうという人達がいますが、そんな企業の製品は買わなければいいだけで、日本に残って堅実な商売を続ける企業や人達だけから商品やサービスを買えばいいだけの話です。むしろそういった売国奴や売国企業は、この国から出て行ってもらった方が国のためになるという人達さえ存在するほどです。とにかく、国民が賢くなって、人に優しい、愛国心のある企業や人から、モノやサービスを購入するのが、一番の自己防衛策みたいとの事です。

8割の下々の庶民は、自分達に力がある事を自覚して、自分達を粗末に扱う人間や企業に対して何らかの抗議活動をすべきで、それは不買運動であったり、もちろんネットで叩くことも有りかもしれませんが、国を良くするには、国を悪くしている人間達を駆逐していくしかありません。敵を知り己を知れば百戦危うからずというやつです。頑張りませう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする