英語学習が将来的に認知症の予防につながる可能性があるらしい

英語学習が、脳の健康を促進する可能性があるかもしれない事は、かなり以前から指摘されていますが、二ヶ国語使用が、加齢による脳機能の劣化を低減してくれる可能性もあるようです。特に、認知症予防の効果があるかもしれないので、英語教育等の二ヶ国語教育は生涯学習の一環として取り入れられるべき必要性があることを示唆しています。その事で、認知症が減れば、家族や国の負担が減るだけでなく、国の生産性も大幅に高められるので、まさに、個人と国にとって、ウィンウィンと言えます。英語学習の重要性を国は声高に訴え、英語学習を生業にしている企業も、今以上に声を荒げていく必要があります。

スポンサーリンク

脳内ネットワーク構築

Bilingualism may save brain resources as you age

New research findings show that bilingual people are great at saving brain power, that is. To do a task, the brain recruits different networks, or the highways on which different types of information flow, depending on the task to be done.

「新しい研究結果が、二ヶ国語使用者が、脳力節約に長けているというような事を示唆しています。タスク実行のために、脳は、さまざまなネットワーク、あるいは、種々の情報フローが実行されるタスクによって決まる直行路を形成します。」

Her team established that years of bilingualism change how the brain carries out tasks that require concentrating on one piece of information without becoming distracted by other information. This makes the brain more efficient and economical with its resources.

「彼女のチームは、長年にわたる二ヶ国語の使用が、脳が、他の情報によって注意散漫になることなしに、情報のワンピースに集中することを必要とするタスクを実行する仕組みを変えることを立証しました。この事が、脳が、リソースをより高効率で経済的に使うようにさせてくれています。」

The researchers compared the networks between different brain areas as people did the task. They found that monolinguals recruited a larger circuit with multiple connections, whereas bilinguals recruited a smaller circuit that was more appropriate for the required information. These findings were published in the Journal of Neurolinguistics.

「研究者は、人々がタスクを実行する間、異なる脳領域間のネットワークを比較検討しました。研究者達は、単一言語しか話せない人達が、複数接続を持った、より大きな回路を形成する一方で、二ヶ国語を話せる人達は、必要情報によりふさわしい小さな回路を形成しました。Neurolinguistics誌で、この研究結果は掲載されました。」

違う方法で同じタスクを実行

The participants did a task that required them to focus on visual information (the colour of an object) while ignoring spatial information (the position of the object). The research team observed that the monolingual brain allocates a number of regions linked to visual and motor function and interference control, which are located in the frontal lobes. This means that the monolingual brain needs to recruit multiple brain regions to do the task.

「参加者達は、空間的情報(物体の位置)を無視する一方で、視覚情報(物体の色)に集中することを要するタスクを実行しました。研究チームは、単言語話者の脳が、前頭葉にある視覚と運動機能と干渉制御に関係する多くの領域をあてがうことを観測しました。この事は、単言語話者の脳が、タスク実行目的で複数脳領域を使う必要性を意味しています。」

2つの言語間の干渉を管理する長年の日常訓練で、バイリンガルは、関連情報を選択してタスクの邪魔になる余計な情報は無視する事のエキスパートになっています。今回のケースでは、バイリンガルは、脳の後部にある視覚処理領域間の高い接続性を示しました。この領域は、物体の視覚特徴検出に特化されているので、この研究に使われたタスクに特化しています。これらのデータが、バイリンガル脳が、より少ない領域と特化領域だけを確保することで、より高効率で経済的であることを示唆しています。

加齢バイリンガル脳の2つの利点

Bilinguals therefore have two cognitive benefits. First, having more centralized and specialized functional connections saves resources compared to the multiple and more diverse brain areas allocated by monolinguals to accomplish the same task. Second, bilinguals achieve the same result by not using the brain’s frontal regions, which are vulnerable to aging. This may explain why the brains of bilinguals are better equipped at staving off the signs of cognitive aging or dementia.

「バイリンガルは、従って、二つの認知に関する利点を有しています。1つは、より中央集権化・特殊化された機能的接続が、同じタスクを達成するのにモノリンガルによって割り振られている、複数かつより多様な脳領域に比べて、リソースを節約しています。第二に、バイリンガル達は、加齢に弱い脳の前頭部を使わないことで、同じ結果を達成しています。この事が、バイリンガル脳が、認知的加齢や認知症の兆候を回避するための装備が整っている理由を説明していくれているかもしれません。」

二ヶ国語使用は脳機能に対する明確な影響を持ち、さらに、この事が認知的加齢にプラスの効果を与えている可能性があります。とは言っても、この機能が、例えば、日課等において、情報源を選択して1つの情報に集中する時などの日常生活にどう利用されているのかを研究する必要があり、二ヶ国語使用の全てのメリットをまだ発見していません。

英語学習(二ヶ国語学習)は生涯に渡って続けられるべきで、別に中国語でも韓国語でも何でもいいのですが、とにかく、二つの言葉を操ることで、脳機能が鍛錬され、認知的加齢に絶大な効果を発揮してくれるらしいです。英語を学ぶことが、色々な意味で人生の糧になるという事で、その中の1つに認知症予防が入っていることは素晴らしいことです。

スポンサーリンク

フォローする