1日20分程度の控え目な運動が抗炎症薬のような役割を果たす!

最低でも週150分程度の控え目な運動をした方が身のためだと言われていますが、これは1日20分程度でもいいし、2日に分けたり、1日150分でもいいようです。あるいは、週75分のハードな運動でもいいようです。運動の内容は有酸素運動が良いらしく、多少息苦しさを感じる程度の控え目な運動が、個人的にはベストなような気がします。

もちろん、何らかの持病を抱えている人は、運動する前に事前に医師に相談するのは言うまでもありません。健康な人であっても無理は禁物で、体の負担にならないように、ほどほどに運動するのがいいようです。スポーツで食べている訳ではないので当然です。

スポンサーリンク

適度な運動は健康に良い

Viruses in the genome important for our brain

定期的な運動が、体重管理、心臓と骨と筋肉の強化、特定の疾患リスクの減少を含む、健康上の利益を持っていることはよく知られています。最近になって、カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部の研究者が、1セッションの適度な運動が抗炎症性の役割も果たすことが可能な仕組みを発見しました。今回の研究結果は、関節炎、繊維筋痛のような慢性疾患や、肥満などのもっと広汎性の健康状態に対する明るい意味合いを持っています。

Brain, Behavior and Immunity誌に最近掲載された研究論文が、1回20分セッションの適度な運動が、免疫系を刺激して、抗炎症性の細胞応答を産み出してくれることを明らかにしています。運動をする度に、私達は、免疫細胞レベルを含む、あらゆるレベルで本当に体に良いことをしています。

アドレナリン受容体

The brain and sympathetic nervous system — a pathway that serves to accelerate heart rate and raise blood pressure, among other things — are activated during exercise to enable the body to carry out work. Hormones, such as epinephrine and norepinephrine, are released into the blood stream and trigger adrenergic receptors, which immune cells possess.

「脳と、特に心拍数を速めたり血圧を上昇させる役目を果たす交感神経系が、運動中に体を機能させるために活性化されます。エピネフリンやノルエピネフリンなどの副腎髄質ホルモンが血流に放出され、免疫細胞が持つアドレナリン受容体を刺激します。」

TNF(炎症調節因子)

This activation process during exercise produces immunological responses, which include the production of many cytokines, or proteins, one of which is TNF — a key regulator of local and systemic inflammation that also helps boost immune responses.

「この運動中に起こる活性化プロセスが、多くのサイトカインやタンパク質、そのうちの1つがTNFという免疫反応を高める働きもする局所的かつ全身性炎症の主要調節因子の生産を含む、免疫学的応答を引き起します。」

今回の研究が、1セッション約20分の適度なトレッドミル運動が、TNFを生産する刺激された免疫細胞の数が5%減少させることを明らかにしています。

何が運動中の炎症性タンパク質の調節機構を設定しているのかを知ることが、自己免疫疾患を患っている約2500万人のアメリカ人を含む、慢性炎症状態を持つ物凄い数の個人に対する新しいセラピーを開発するのに貢献していくれるかもしれません。

ワークアウトセッションは激しい必要がなく、早歩きを含めた、20分~30分の適度なエクササイズが、抗炎症効果を産み出すのに十分なようです。

炎症は人体の免疫反応の必要不可欠な要素です。それは、怪我を癒やしたり、ウィルスや細菌などの外敵から身を守ったり、損傷した組織の修復をするための人体の試みでもあります。しかしながら、慢性炎症は、糖尿病、セリアック病、肥満、他の症状に関連した重大な健康問題を引き起こす可能性があります。

慢性炎症疾患を持つ患者は、常に自分達の医師に適切な治療プランに関する相談をすべきですが、1日20分の適度な運動が、抗炎症性機能を果たすことを知ることは、将来的な可能性へのエキサイティングな前進でもあります。

運動すると、副腎髄質ホルモンを血中に放出して、アドレナリン受容体を活性化し、サイトカインやTNFを含む多くのタンパク質の生産を引き起し、20分間適度な運動を続けることで、TNFを生産するアドレナリン受容体が活性化された免疫細胞の数が5%減るみたいな感じです。20分~30分間の早歩きが一番ベストな運動かもしれません。

1日に20分~30分の適度な運動で、体の炎症を減らし、色々な病気の予防にもなるみたいなので、とにかく体を動かすことが重要だということみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする