まじやばい!トランプ大統領と陰の大統領バノン氏が大激怒!!

トランプ大統領とバノン氏が怒り心頭のようです。ことの始まりは、今回の入国審査の厳格化を命じた大統領権限に対するリベラル達の過剰反応で、火に油を注いだのが、司法長官代行のサリー・イエイツ氏がこの大統領権限を守らないと宣言したことでした。トランプ大統領は即座にイエイツ氏を解任し、さらに、なかなかジェフ・セッションズ氏が上院で承認されないことに相当苛立っているようです。民主党は危険な火遊びをしていると批判されています。

スポンサーリンク

トランプ大統領、パリ協定から脱退

トランプ大統領は、どうやらパリ協定から脱退する考えのようです(Trump ‘will definitely’ pull out of Paris climate accord, says EPA transition leader)。これは以前から言われ続けていたことなので、驚きでも何でもありませんが、一部のリベラル達は一縷の望みを持っていたようですが、見事に裏切られた格好です。アメリカが全力で温暖化を加速させる気満々なので、多くの人々がかなりのショックを受けているみたいです。世界中の科学者が、トランプ大統領に対して、温暖化の深刻さを警告していますが、トランプ氏の答えは、温暖化よりも経済優先のようです。これもある意味公約を守る形になるので、トランプ氏の律儀さに感服です。

国連からの脱退も有り得る

アメリカが国際連合から脱退した場合、その衝撃は相当なものがあります。既に法案は起草されているので(Realistic repercussions of leaving the UN)、議会で承認されればトランプ氏はサインすると言っているので、アメリカの国連脱退は時間の問題とも見られています。

ことの発端は、オバマ政権のイスラエルに対する裏切り行為にあり、保守層を本気で怒らせたことが原因です。国連も一切空気を読むことなく、今回の大統領権限を批判しているので、自分で自分の首を絞めているとしか言えません。日本もかつて、国際連盟を脱退した事がありましたが(1933年)、その後は坂道を転げ落ちるように、それから僅か12年後に国土が焼け野原になってしまっています。世界が焼け野原にならないことを願うしかありません。

トランプ大統領はあまり怒らせない方がいい

リベラル達が調子に乗ってトランプ大統領を攻撃(口撃)しまくっていますが、それも結局自分で自分の首を絞めている事に全く気付いてないようです。何故ヒラリー氏が敗れたのかに対する反省も全く無く、トランプ大統領のリベラル達に対する憎悪を増幅させています。それが臨界点を越えた時の反動は相当大きな物になるだろうし、ただでさえ復讐心の強いトランプ大統領に対し、リベラル達の空気を読まない攻撃で、その復讐心に火に油を注ぎ続けています。

トランプ氏はICE(immigration and customs enforcement:移民税関捜査局)のトップも解任した伝えられています(President Trump replaces acting director of ICE)。ワシントンの仕事のトロさに、トランプ大統領の我慢も限界に近付いているように見受けられますが、多くのトランプ支持者が、共和党議会が何もしない事に憤りを募らせています。トランプウォールの予算をさっさと議会で通せ!と声高に叫ばれているし、民主党がこれを妨害した場合、強行採決しろと息巻いています。議会は、トランプファンをあまり怒らせない方がいいと言えます。

トランプ氏が指名した閣僚達が、議会でなかなか承認されない事に対して、トランプ政権内部ではかなりの混乱があるようです。トランプドクトリンをフルスピードで実現させるには、司法省のバックアップが必須なので、ジェフ・セッションズ司法長官がなかなか承認されない事に対する大統領府の苛立ちが募っていると伝えられています。テッド・クルーズ氏も今回のトランプ氏による司法長官代行解任を賞賛し、一刻も早いセッションズ司法長官誕生を訴えています。ちなみに、クルーズ氏は、トランプ大統領の入国審査厳格化にも大賛成しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする