除去不能?ガン細胞は何故雑草のように異常増殖するのか?

憎まれっ子世に憚ると昔から言われているように、雑草とガン細胞は踏まれても踏まれても異常増殖していきます。正常細胞の屁たれっぷりに比べると、その異常な頑強さと旺盛な増殖力には感心させられます。日本人にとって癌は一番の恐怖ではないでしょうか。日本社会を蝕んでいるガンも含めて、健康維持のためには癌細胞を撲滅する事が必須です。

がんは、1日最低6時間(女性は7時間半)、1日15分~20分程度の有酸素運動、ストレス解消 (音楽鑑賞や趣味に時間を使って緊張感を解す)、腹の底から笑う、野菜・果物中心の食生活を心掛ける、塩分・糖分・辛いものの摂取過多を避ける、暴飲暴食は厳禁、とにかく体に悪いことは慎む、これらの事を実践することで予防することができると言われています。

スポンサーリンク

テロメア保守機構

Unraveling the mystery of why cancer cells survive and thrive

ガン細胞の一部は、染色体の保護用エンド・キャップ、テロメア(染色体末端部位)のメンテをしっかりやるという、細胞破壊を回避するための秘策を持っています。研究者達は、この新たに発見されたテロメア保守機構についてNature Genetics誌で発表しています。

今回の発見は、ガン細胞を不死身化させずに通常破壊プログラミングに戻す方法を産み出せるかもしれない機能的研究のための道を開拓してくれるはずです。さらに、テロメアメンテ機序を利用することで、選択的に加齢を遅らせるための実現可能なアプローチになるかもしれません。2009年ノーベル医学生理学賞受賞者、エリザベス・ブラックバーン氏、キャロル・グレイダー氏、ジャック・ゾスタック氏が、細胞と生命体の加齢における、telomeres (テロメア) と、telomerase (テロメラーゼ) の役割を確立しています。

In most cells, telomeres shorten over time to the point where cell division is no longer possible, leading to cell death. Certain cells, such as stem cells and germ cells, are capable of ongoing division because they contain active telomerase, an enzyme that lengthens telomeres.

‘多くの細胞において、テロメアは、時間と共に、細胞分裂が不可能になるまで短くなり、細胞破壊をもたらします。幹細胞や生殖細胞等のある種の細胞は、テロメアを長くする酵素活性テロメラーゼ’を含んでいるので、分裂を継続させる能力を持っています。

テロメラーゼ逆転写酵素転写

It has been long known to researchers that cancer cells reactivate telomerase through telomerase reverse transcriptase (TERT) transcription, but the mechanisms behind this remain elusive.

‘ガン細胞がテロメラーゼ逆転写酵素転写を介してテロメラーゼを活性化させている事は、研究者達に知られていますが、この背後にある機序については、未だ解明されていません。’

こういった癌細胞は、テロメアを保守するための機構を乗っ取って、分裂を続けています。

研究者達は、癌性組織から非腫瘍性病変組織に至る18340に及ぶサンプルを、それらのテロメア長を測定して比較し、テロメラーゼ活動のクエリーを行うためにスキャンしました。31種類の癌タイプのサンプルを含む分析が、テロメアが、腫瘍においては、健康的な組織に比べて概ね短く、他の癌と比べ、軟部組織腫瘍と脳腫瘍において長い事を明らかにしています。

TERTプロモーターメチル化

In addition to the expected mutations and genomic rearrangements driving TERT expression, the researchers discovered an important new mechanism: TERT promoter methylation.

‘彼等は、癌の大部分、73%がTERTを発現する(次にテロメラーゼの再活性化を引き起こす)ことを発見しています。予測されたTERT発現を活発にする突然変異とゲノム再編成に加え、研究者達は、TERTプロモーターメチル化という、重要な新機序を発見しました。’

In methylation, clumps of molecules called methyl groups attach to a segment of DNA and can change the activity of that segment without changing its genetic sequence.

メチル化においては、メチル基と呼ばれる分子の集団は、DNAの断片に付着していて、それの遺伝子配列を変えることなく、そのセグメントの活動を変えることができます。

プロモーターとして知られるDNA配列のメチル化は、研究者達が、ほとんどの癌サンプルで見出すように、通常、遺伝子配列のRNAコピーを作るプロセスである、遺伝子転写を抑圧する役割を果たしています。研究者達は、TERT DNAプロモーターメチル化が、TERT発現をもたらす事を明らかにしています。mRNA transcription-repressing proteins(mRNA転写抑制蛋白質)が、DNAメチル化により、結合することができなくなると、研究者達は考えています。

約22%の腫瘍細胞が、検知可能なTERT発現に欠けていました。これには多くの理由があると考えられています。恐らく、全ての腫瘍が、テロメア保守機構を持った不朽細胞を隠し持っているわけではない、あるいは、何か代わりの機序が働いているか、または、研究者が使った発現検知閾値以下の値を持つTERT発現が、それでもテロメアを保守するのには十分なのかもしれません。こういった腫瘍における、テロメア保守機構の有無を解明するための、さらなる研究が要求されています。と研究者は言及しています。

健康維持には癌にならない事が大事ですが、ガン細胞というのは、テロメアの保守に長けているようです。それが駆除を難しくしていて、雑草のごとく、駆除しても次から次へと増殖を続けていくようです。ガン細胞がテロメアに細工をして、不老不死細胞になっているのに、普通の細胞は何をしてるんだと思いたくなりますが、ガン細胞は細胞の反逆児なのでしょう。

スポンサーリンク

フォローする