ケトン食は本当に痛風発作を緩和できるのか?

800万人以上のアメリカ人が、激しい痛みや炎症、発熱の強烈な再発エピソードを引き起こす疾患である痛風を患っています。痛風の原因は、関節における尿酸結晶の蓄積で、断続的に免疫系を再活性化させて、血液中の最も一般的なタイプの免疫細胞である好中球の活性化をもたらします。この免疫再活性化期間はフレアとして知られ、NLRP3インフラマソームと呼ばれているタンパク質複合体によって引き起こされています。

スポンサーリンク

NLRP3インフラマソーム

Could a ketogenic diet alleviate gout?

Recent work from the laboratory of Vishwa Deep Dixit, Professor of Comparative Medicine and Immunobiology, has shown that the ketone body β-hydroxybutyrate can specifically inhibit the NLRP3 inflammasome. Ketones are byproducts of fat break down in the liver that can serve as alternative metabolic fuels for the brain and heart during periods of low carbohydrate intake, such as fasting, or ketogenic diet. To test if elevating ketones protected against inflammation during gout, a Postdoctoral Fellow in Dixit’s lab, Emily Goldberg, and Associate Research Scientist and Clinical Veterinarian in Comparative Medicine, Jennifer Asher, and their colleagues collaborated to develop a novel model of gout flares in rats.

比較医学と免疫生物学教授のビシュワ・ディープ・ディキシット氏の研究室による最新の研究が、ケトン体β-ヒドロキシ酪酸が、特にNLRP3インフラマソームを阻害できることを明らかにしています。ケトンは、断食やケトン食などの低炭水化物摂取の期間中に、脳や心臓の代替代謝燃料としての役割を果たす事ができる、肝臓における脂肪分解の副産物です。ケトン上昇が痛風期間の炎症に対して効果があるかどうかをテストするために、ディキシット教授の研究室のポスドク研究員エミリー・ゴールドバーグ氏と、比較医学の次席研究員で臨床獣医のジェニファ・アッシャー氏と彼等の同僚等は、ネズミにおいて痛風フレアの今までにない新しいモデルを開発するための共同研究を行いました。

β-ヒドロキシ酪酸

They found that feeding rats a high-fat, low-carbohydrate ketogenic diet increased β-hydroxybutyrate levels and protected rats from joint swelling, tissue damage, and systemic inflammation normally seen during gout.

彼等は、ネズミに高脂肪、低炭水化物ケトン食を給餌することが、β-ヒドロキシ酪酸レベルを上昇させて、通常、痛風の間見られる、関節腫脹、組織損傷、全身性炎症から、ネズミを保護することを発見しています。

ケトン食が痛風を軽減できるのか?

“In isolated neutrophils, β-hydroxybutyrate completely blocked NLRP3 inflammasome activation, even when provided at low concentrations that are physiologically achievable through dietary modification,” said Goldberg. She speculated that specifically targeting the NLRP3 inflammasome to reduce inflammation during a flare could improve gout patients’ outcomes, but more studies need to be performed to test this possibility.

隔離された好中球において、β-ヒドロキシ酪酸は、食習慣改善を通して生理学的に達成可能な低濃度で提供された時でさえも、完全にNLRP3インフラマソーム活性化を阻害したと、ゴールドバーグ氏は言いました。彼女は、フレア中の炎症を減少させるために、明確にNLRP3インフラマソームをターゲットにすることが、痛風患者のアウトカムを向上させることができると推測していますが、この可能性をテストするための追加研究が行われる必要があります。

NLRP3インフラマソーム阻害で痛風フレアが緩和できるみたいですが、まだ確定はされていないようです。あくまでも推量の段階で、今後の試験が期待されるところです。ただ、ケトン食が痛風に効果的なことは、少なくともネズミにおいては確かみたいなので、恐らく、人間に対しても効き目があるはずなので、痛風患者に対して、高脂肪・低炭水化物食が推奨されるべきなのでしょうが、当然医師の指導のもとに行われる必要がある事は言うまでもありません。

痛風にならないためにも、健康維持を心掛けることが重要で、食生活が鍵を握っています。

スポンサーリンク

フォローする