1日90分週2日のヨガ教室がうつ病に対して絶大な効果!

鬱病患者は症状を大幅緩和するために、少なくとも週2日ヨガや深呼吸教室に参加し、さらに自宅でも練習すべきです。Journal of Alternative and Complementary Medicine誌に掲載中の研究結果が、鬱薬物治療の代替や捕捉として、ヨガベース介入治療に使える予備的なサポートを提供しています。体を動かすことは鬱にいいらしいので、というか、運動は肉体的にも精神的にも健康維持には必須なので、できるだけ体を動かしたほうが良いみたいです。

スポンサーリンク

アイアンガーヨガと大うつ病性障害

Twice weekly yoga classes plus home practice effective in reducing symptoms of depression

Major depressive disorder (MDD) is common, recurrent, chronic and disabling. Due in part to its prevalence, depression is globally responsible for more years lost to disability than any other disease. Up to 40 percent of individuals treated with antidepressant medications for MDD do not achieve full remission. This study used lyengar yoga that has an emphasis on detail, precision and alignment in the performance of posture and breath control.

大うつ病性障害(MDD)は、一般的な再発性慢性機能障害です。その罹患率の多さのせいで、うつ病は、地球規模で、他のどんな病気よりも、長期に渡り障害をもたらします。MDDのための抗うつ剤投与を使った治療を受けた個人の最大40%が、完全には回復できていません。今回の研究では、ポーズと呼吸コントロールのパフォーマンスにおいて、細部、精度、アラインメントに重点を置いているアイアンガーヨガを使っています。

1日90分週2回で十分

Individuals with MDD were randomized to the high dose group, three 90-minute classes a week along with home practice, or the low dose group, two 90-minute classes a week, plus home practice. Both groups had significant decreases in their depressive symptoms and no significant differences in compliance. Although a greater number of subjects in the high dose group had less depressive symptoms, the researchers believe attending twice weekly classes (plus home practice) may constitute a less burdensome but still effective way to gain the mood benefits from the intervention.

MDDを患う個人は、週3回の90分クラスと自宅訓練の高用量群か、週2回の90分クラスと自宅訓練の低用量群にランダムに選別されました。両グループは、うつ症状に著しい減少を経験しましたが、コンプライアンスにおける大きな違いはありませんでした。高用量群ではより多くの被験者たちが、より少ないうつ症状を経験しましたが、研究者達は、週二回クラスに出席して自宅でプラクティスする事が、負担が少ないながらも、介入治療から気分向上の恩恵を受けには十分効果的であると考えています。

副作用のないうつ病治療法

“This study supports the use of a yoga and coherent breathing intervention in major depressive disorder in people who are not on antidepressants and in those who have been on a stable dose of antidepressants and have not achieved a resolution of their symptoms,” explained corresponding author Chris Streeter, MD, associate professor of psychiatry and neurology at Boston University School of Medicine and a psychiatrist at Boston Medical Center.

”今回の研究は、抗うつ剤を服用していない人達や、安定した用量の抗うつ剤を服用中で、症状が改善されない人達における、大うつ病性障害に対するヨガとコヒーレント呼吸介入治療の活用をサポートしています。”と、ボストン大学医学部精神医学・神経学教授で、ボストン医療センターの精神科医でもある、責任著者クリス・ストリーター博士が説明しています。

According to Streeter compared with mood altering medications, this intervention has the advantages of avoiding additional drug side effects and drug interactions. “While most pharmacologic treatment for depression target monoamine systems, such as serotonin, dopamine and norepinephrine, this intervention targets the parasympathetic and gamma aminobutyric acid system and provides a new avenue for treatment.”

ストリーター博士によると、向精神薬と比べ、この介入治療は、付随的な副作用と薬物間相互作用を回避できる強みを持っているとのことです。”ほとんどのうつ病用薬物治療は、セロトニンやドーパミン、ノルエピネフリン等の、モノアミン系をターゲットにしていますが、今回の介入治療は、副交感神経系とガンマアミノ酪酸系(γアミノ酪酸系、GABA系)をターゲットにしていて、うつ病治療に対する新しい手段を提供してくれています。”

1日90分週二回のヨガ教室通い+自宅ヨガが、うつ病の症状緩和に絶大な効果を発揮するみたいです。薬物治療の代替や、薬物療法との併用も可能みたいなので、うつ病を真剣に治療したいと考えている人達は、試してみる価値は十分あるかもしれません。調べてみると、90分で一回1500円程度なので、週3000円、月12000円みたいです。何回か参加して、ある程度やり方が分かったら、自宅で1人でヨガを実践するという手もあるでしょうし、出費を最小限に抑えようと思った場合は、なるべく早く自宅で1人でヨガをできるようにする事かもしれません。

スポンサーリンク

フォローする