post-truth(嘘も真実)な世界では真実は意味を持たない

フレーズ”alternative facts(別の真実)”は、最近、政治的な意味合いでニュースになってきていますが、精神科医達は、既にそのコンセプトには詳しく、ほぼ毎日のように患者達によって言い表されている、さまざまな形態のもう一つの現実を耳にしています。私達全てが、ほぼ毎日のように日々の生活の中で、実際の現実か思い込みの現実かを区別する必要があるので、ほとんどの人が、全くの妄想と見なす主張や意見にどう対処すべきかが課題になっています。

スポンサーリンク

不真実が常に嘘とは限らない

‘Alternative facts’: A Psychiatrist’s Guide to Distorted Reality

先ず、我々は、倫理学者と哲学者によってしばしば強調される、lieとfalsehoodの違いを区別する必要があります。真実だと認識している事を、私利私欲のために、意図的に不正確に伝える人は嘘付きです。対照的に、人を欺く意図は全くなしに誤った主張をする人は嘘付きではありません。その人は、ただ単に、真実に気付いていない可能性があるし、あるいは、利用可能な最高の論拠を信じないだけかもしれません。嘘つきではなく、誤った事を言っています。

誤った発言をする人々の一部は、現実と非現実、または、真実とフィクションの区別がつかないように見え、その上、自分達の世界観が完全に正しいと心から確信していて、この事は、精神病理学に対する興味のきっかけを我々に与えてくれています。

臨床精神医学において、我々は、多くの人々が、異様、大げさ、現実逃避と考える、幅広い範囲にわたる考えを持った患者達を目にしています。臨床医の仕事は、先ず、親身になって話を聞いて患者の視点に立って、人々の文化的、民族的、宗教的な背景を注意深く考慮に入れながら、こういった信念を理解しようと試みることから始まります。

時々、医師達は、第一印象で、有り得ない勘違いをしでかすことがあります。かつて、私の同僚は、FBIにストーカーされて悩まされていると言い張っていることから、措置入院させられていたひどい激越状態にあった患者について語ったことがあります。入院後数日経ち、FBI捜査員達が、その患者を逮捕するためにユニットにやって来ました。古い冗談にもあるように、人がパラノイド(被害妄想狂)だからといって、必ずしもそうだとは限らないという事です。

信念が間違っている時

We can think of distortions of reality as falling along a continuum, ranging from mild to severe, based on how rigidly the belief is held and how impervious it is to factual information. On the milder end, we have what psychiatrists call over-valued ideas. These are very strongly held convictions that are at odds with what most people in the person’s culture believe, but which are not bizarre, incomprehensible or patently impossible. A passionately held belief that vaccinations cause autism might qualify as an over-valued idea: it’s not scientifically correct, but it’s not utterly beyond the realm of possibility.

人は、現実の歪曲を、信念に対する固執度や現実離れの度合いに基いた、中程度から重度に至る連続体に位置づけて考えることができます。その連続体の中程度の終端上では、精神科医達が支配観念と呼んでいるものが位置しています。これらは、ほとんどの人達が、民族的文化のスペクトル内で信じている事とは相反する固く信じられている信念ですが、奇妙でも理解不能でも明白に有り得ないことではありません。ワクチンが自閉症を引き起こすという熱烈に支持されている信念は、支配観念と言えるかもしれません。それは今の所科学的に誤りであると信じられてはいますが、可能な範囲を完全に逸脱しているというわけでもありません。

ワクチンが自閉症の原因になっているも地球の温暖化も、一部の人間には真実でも、その他の人間には虚偽に聞こえます。科学的事実という言葉は絶対ではなく、時代によって変化していくものなので、今は科学的でも、10年後には非科学的になっている可能性もあります。

On the severe end of the continuum are delusions. These are strongly held, completely inflexible beliefs that are not altered at all by factual information, and which are clearly false or impossible. Importantly, delusions are not explained by the person’s culture, religious beliefs or ethnicity. A patient who inflexibly believes that Vladimir Putin has personally implanted an electrode in his brain in order to control his thoughts would qualify as delusional. When the patient expresses this belief, he or she is not lying or trying to deceive the listener. It is a sincerely held belief, but still a falsehood.

その連続スペクトルの重度終端に位置しているのが妄想です。これらは事実によって全く変えることができない、完全に不動の強力な信念で、明らかに誤りで有り得ない事です。重用なのは、妄想は、人の文化や信仰や民族性では説明がつかないことです。ウラジミール・プーチン大統領が個人的に、自分の考えをコントロールするために、脳内に電極を埋め込んだと頑固に信じ切っている患者は、妄想症と見なせるかもしれません。その患者が、この信念を口外する時、嘘を付くわけでも聞き手を騙すわけでもありません。誤りを信じ切っているだけです。

多種多様な誤った信念が、多種多様な神経精神病学障害を持つ人々によって表明されてはいますが、完全に正常な人達によっても発せられています。正常な誤った信念の範囲内に位置しているのが、ほとんどの人が頻繁に経験する、いわゆる誤った記憶です。例えば、電気代を払ったと確実に思い込んでいたとしても、実際には、払ってはいなかったというような事です。

As social scientist Julia Shaw observes, false memories “have the same properties as any other memories, and are indistinguishable from memories of events that actually happened.” So when you insist to your spouse, “Of course I paid that electric bill!” you’re not lying – you are merely deceived by your own brain.

社会学者のジュリア・ショー氏は、偽りの記憶が、他の記憶と全く同じ性質を持っていて実際に起こった出来事の記憶と区別できないことを観測しています。”なので、配偶者に、もちろん電気代は払ったと固執する時、人はただ単に自身の脳に欺かれているだけなのです。”

A much more serious type of false memory involves a process called confabulation: the spontaneous production of false memories, often of a very detailed nature. Some confabulated memories are mundane; others, quite bizarre. For example, the person may insist – and sincerely believe – that he had eggs Benedict at the Ritz for breakfast, even though this clearly wasn’t the case. Or, the person may insist she was abducted by terrorists and present a fairly elaborate account of the (fictional) ordeal. Confabulation is usually seen in the context of severe brain damage, such as may follow a stroke or the rupture of a blood vessel in the brain.

もっと深刻な偽りの記憶は、作話症と呼ばれるプロセスが絡んでいて、それは、無意識に偽りの記憶を作り出すことで、しばしば、かなり詳細な作り話でもあります。一部の作り出された記憶は日常的である一方で、他は非常に奇妙なものになっています。例えば、人は、リッツでエッグベネディクトを朝食に摂ったと、たとえこの事が事実に反していたとしても、心から信じ切って強く主張するかもしれません。あるいは、人は、自分がテロリストに誘拐されたと主張し、かなり詳細に練り上げられた苦労話を口にするかもしれません。作話症は、通常、脳卒中や脳内血管破裂の後に続く、深刻な脳傷害という状況において見られます。

デフォで嘘付き

Finally, there is falsification that many people would call pathological lying, and which goes by the extravagant scientific name of pseudologia fantastica (PF). Writing in the Psychiatric Annals, Drs. Rama Rao Gogeneni and Thomas Newmark list the following features of PF:

最後に、科学的に虚言癖(空想癖)という大袈裟な名前で通っている、多くの人々が、病的虚言と呼んでいる虚偽が存在していています。トーマス・ニューマーク博士等によってPsychiatric Annalsの中で、PFの特徴が以下のように説明されています。

  • しばしば、自身の行動が招いた結果を回避のための自己防衛的な試みとしての際立った虚言癖で、こういった人は、自分の空想的な作り話によってハイな気分になったりもします。
  • そういった嘘は、部分的に真実が含まれている可能性があるにもかかわらず、非常に幻惑的か幻想的です。たいてい、そういう嘘は、多くの人を引き付けます。
  • そのような嘘は、人に脚光を浴びさせる傾向にあり、病的ナルシシズムのような潜在的な性格特徴の1つの表れであるかもしれません。しかし、虚言空想癖における嘘は、通常、自己陶酔性を持つ人々のより真実味のある話の範囲を逸脱しています。

Although the precise cause or causes of PF are not known, some data suggest abnormalities in the white matter of the brain – bundles of nerve fibers surrounded by an insulating sheath called myelin. On the other hand, the psychoanalyst Helene Deutsch argued that PF stems from psychological factors, such as the need to enhance one’s self-esteem, secure the admiration of others or to portray oneself as either a hero or a victim.

PF(pseudologia fantastica)の正確な原因は分かってはいませんが、いくつかのデータが、ミエリンと呼ばれる絶縁被膜によって取り囲まれている神経線維の束である、脳の白質における異常性を示唆しています。その一方で、精神分析医ヘレン・ドイチュ氏は、PFが、人の自尊心を高める欲求や、他人の称賛確保、自分自身をヒーローや悲劇のヒロインとして描く等の、心理学的な要因により発症している可能性があることを主張しています。

誰も真実に関心はない

Of course, all of this presumes something like a consensus on what constitutes “reality” and “facts” and that most people have an interest in establishing the truth. But this presumption is looking increasingly doubtful, in the midst of what has come to be known as the “post-truth era.” Charles Lewis, the founder of the Center for Public Integrity, described ours as a period in which “up is down and down is up and everything is in question and nothing is real.”

もちろん、この事の全ては、現実や事実を成している物に対する世論の類や、ほとんどの人々が、真実をはっきりさせる事に利害関係を有している事を想定しています。しかし、この想定の根拠が、今日ポスト真実時代として知られるようになったものの真っ只中で、ますます疑わしくなってきているように見えます。センター・フォー・パブリック・インテグリティーの創設者チャールズ・ルイス氏は、その事を、”上が下・下が上で全てが疑わしく、真実なんて存在しない”時代と表現しています。

Even more worrisome, the general public seems to have an appetite for falsehood. As writer Adam Kirsch recently argued, “more and more, people seem to want to be lied to.” The lie, Kirsch argues, is seductive: “It allows the liar and his audience to cooperate in changing the nature of reality itself, in a way that can appear almost magical.”

さらに心配なのは、一般世論が、虚偽に対して食欲が旺盛のように見えることです。作家のアダム・カーシュ氏が最近主張しているように、ますます、多くの人達が、だまされたいと思っているように見受けられます。カーシュ氏は、その嘘は非常に誘惑的で、”それが、ほとんど魔法のように見えるやり方で、真実そのものの性質を、嘘付きと彼の聴衆達が協力して変えてしまうことを可能にしている。”と主張しています。

And when this magical transformation of reality occurs, whether in a political or scientific context, it becomes very difficult to reverse. As the writer Jonathan Swift put it, “Falsehood flies, and the Truth comes limping after it.”

そして、この魔法のような真実の変換が起きる時、それは、政治的背景においてであろうと社会的背景においてであろうと、反転させることは非常に困難です。作家のジョナサン・スウィフトが表現しているように、”嘘はすぐに広まり、真実はその後ろで立ち往生しています。”

Psychiatrists are not in a position to comment on the mental health of public figures they have not personally evaluated or on the nature of falsehoods sometimes voiced by our political leaders. Indeed, the “Goldwater Rule” prohibits us from doing so. Nevertheless, psychiatrists are keenly aware of the all-too-human need to avoid or distort unpleasant truths. Many would likely nod in agreement with an observation often attributed to the psychoanalyst Carl Jung: “People cannot stand too much reality.”

精神科医達は、自分達が個人的に診断していない著名な人達のメンタルヘルス(精神的な健康)や、指導的立場の政治家達によって折に触れて発せられる嘘の本質に関するコメントをするポジションにはいません。実際には、ゴールドウォーター・ルールが、精神科医達が、そうすることを禁じています。それにもかかわらず、精神科医達は、不愉快な真実を回避したり捻じ曲げたりする、あまりにも人間的な生理的欲求を痛感させられていて、多くの精神科医達は、しばしば、精神分析医カール・ユング博士によるものだとされている、”人々は過剰な現実には耐えられません。”という所見に対して、恐らく同意してうなずくはずです。

例えば、リベラルにとっての嘘は、大多数の保守派にとっては真実である場合があり、逆もまた真です。政治的なスペクトラムで嘘と真実は完全に真逆になります。例えば、大多数のリベラルと一部の保守派は不法移民がアメリカ経済に貢献しているという事が真実だと信じていますが、ほとんどの保守派はこれが嘘八百だと思っています。つまり、人によって真実が異なるということになります。嘘と真実の境界が非常に曖昧で、統計にもばらつきがあり、どの統計を信じるかで事情は違ってきます。リベラルなシンクタンクは当然、不法移民の有利になるような統計結果を出すでしょうし、逆に保守派のシンクタンクは、不法移民の不利になるような統計結果を出すでしょう。世論調査会社にしてもそれがそのまま当てはまります。多くの世論調査機関が、大部分のアメリカ人は不法移民に同情的と言っておきながら、反不法移民を声高に訴えたトランプ氏が選挙に勝ったわけですから、如何にこういった調査が当てにならないかを如実に物語ってしまっています。リベラルメディアの世論操作だったのがバレバレです。

リベラルにとっては、リベラルメディアや民主党員達の嘘は真実で、逆に、トランプ政権や共和党保守派の嘘は、トランプファンや茶会支持者にとっては真実です。ポスト真実とは、一部の人間にとっての嘘は、その他の一部の人間にとっての真実だということで、つまり、嘘もまた真実であるという事です。何が真実であるかは、その人の政治理念、信仰、文化、民族性によって異なり、あるいは、記憶が勝手に真実を作り出したり、経験したこともない事を経験したと思い込んだりと真実は人それぞれで、自分が信じたい事だけを信じればいいだけです。

嘘も脳内変換で真実になり、真実も脳内変換で嘘になる、人を欺く(洗脳)する事が、政治家にとっての最大の仕事で、国民の多くは、自分の政治信条にとって耳障りの良い事だけを聞きたがっているので、それが例え真実でなかったとしても、全く問題ない時代になっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする