高脂肪食品とピーナッツを一緒に食べる事で心臓病予防になる!

国際研究者チームによると、食事中にピーナッツを食べることで、心臓発作や脳梗塞を引き起こす心臓疾患を予防するための助けになる可能性があることが分かりました。

研究の中で、高脂肪食と共に約3オンスのピーナッツを食べる、太り過ぎで肥満なことを除けば健康な男性の血流中の脂質の上昇が鈍化していると、ペンシルベニア州立大学の著名な栄養学の教授であるペニー・クリス=エサートン氏が語っています。教授は、過去の研究が、食事の後で、血中脂質が急上昇する事と、このスパイクが、アメリカのみならず、世界中で死因の筆頭になっている心疾患リスクを上昇させる事が明らかにされていると付け加えています。

スポンサーリンク

何か食べると動脈が硬くなる

Eating peanuts may lead to supple arteries and healthy hearts

“Typically, whenever we eat something, it causes the arteries to get a little bit stiffer during the post-meal period, but we have shown that if you eat peanuts with your meal, this can help prevent the stiffening response,” said Kris-Etherton. “When the stiffening response happens in the cells that line the arteries, resulting in decreased elasticity in the arteries, it can limit the availability of nitric oxide, and when there’s less nitric oxide, the arteries don’t dilate that much. What you want is a dilation of the arteries and for them to be really elastic.”

”通常、何かを食べると、食後の一定期間、動脈が少し硬くなるのですが、食事と一緒に落花生を食べると、この硬化反応の防止に役立つことを、我々は見い出しています。”と、クリス=エサートン教授は語っています。”動脈の内側を覆っている細胞で、動脈の弾力性を損なう硬化反応が起こると、酸化窒素の可用性を制限し、酸化窒素が不足すると、動脈が必要なだけ拡張しなくなります。動脈が拡張するためには、それらが真に弾力的である必要があります。”

教授は、時間と共に、この動脈の硬化反応は、体全体に渡る血流を制限し、この事が心臓を疲弊させ、長期的に、重大な心血管障害のリスクを上昇させると付け加えています。

”心臓の長期に渡る負担増が、最終的に心不全をもたらします。”と、教授は語った。

食後トリグリセリド値が急上昇

According to the researchers, who report their findings in the current issue of the Journal of Nutrition, eating peanuts can keep the cells that line the arteries healthy, helping them stay more elastic. The researchers showed that when peanuts are eaten with a meal the typical post-meal increase of triglycerides — a type of fat found in the bloodstream — is blunted.

Journal of Nutrition誌の最新号で自分達の発見を報告している研究者達によると、南京豆を食べることが、動脈内皮細胞(動脈の内側を覆う細胞)の健康を維持し、それらが弾力性を保ち続ける手助けをしてくれています。研究者達は、落花生を食事と共に摂食すると、典型的な食後のトリグリセリド(血清脂質の一種)上昇が鈍化する事を明らかにしています。

”食後、トリグリセリド”が上昇して、このことが、通常、動脈の拡張を減少させますが、南京豆が、食後のその大きなトリグリセリド上昇を抑制してくれます。”と、クリス=エサートン教授は語っています。”その事が、トリグリセリドがそんなに増加せず、結果として、動脈弾性減少が起きない事を説明している、この効果の背後にあるメカニズムかもしれません。”

研究者によると、食中にピーナッツを食べない人達に比べると、食中にピーナッツを食べる人達の、食後のトリグリセリド値が32%も減少しているとの事です。

ピーナッツが動脈と心臓を保護

Three ounces of peanuts is about three times the amount of an average serving size, according to the researchers. Although the peanuts were ground up into a shake for the study, the researchers indicate that just eating peanuts would be expected to cause the same response.

研究者曰く、3オンス(85g)のピーナッツは、平均的な一人前の分量の約3倍です。研究で使われた落花生は、ふりかけ用にすり潰されたものだったのですが、研究者達は、ただ単に、南京豆をそのまま食べるだけでも、同じ効果が得られるはずだと言っています。

The researchers said that future studies should have more participants and include both men and women.

研究者達は、今後の研究には、男女を含むもっと多くの被験者が必要だと言っています。

85gのピーナッツは結構な量で、国産ピーナッツが1kgのバルク売りでも、6000円くらい平気でする事を考えると、日本で典型的な3人家族(夫婦子供1人)を考えると、ピーナッツだけで1日何と1500円という、とんでもない出費になってしまいます。外国産だと1kg800円程度で買えるのですが、史上最強の発がん性物質のアフラトキシンや、防カビ剤等の発がん性物質が怖いので、やはり、ピーナツは国産が良いみたいです。国産品は庶民には所詮は高嶺の花です。

落花生と言うと、八街があまりにも有名ですが、日本では、南京豆というだけあって、天津甘栗のように、中国産が主流なような気もします。南アメリカ産や、アメリカ産も結構安価で入手可能なので。細かいことを気にしない人は、外国産で十分なのかもしれません。国産、特に千葉産の場合は、気になる人は気になるようなので、どっちもどっちとも言えるようです。

スポンサーリンク

フォローする