パーセントと倍の違い:800%増 = 8倍増じゃない!?

800%増 = 8倍の事だとずっと思っていたのですが、本当は9倍のことだったという驚愕の事実を初めて知って、自分のあまりの無知蒙昧っぷりに驚いています。percentという英単語は意外と曲者で、中学生レベルの初歩中の初歩の単語であるにもかかわらず、結構奥が深いのでかなり当惑させられています。そもそもよく考えれば非常に当たり前の話で、100%増が倍増なわけですから、200%増が3倍増になるのは自明の理で、驚くことでも何でもありません。

スポンサーリンク

8倍は800%増ではなく700%増

Multiplying by 8 corresponds to an increase of 700% and not 800%!!!

And this is very easy to understand:
– Multiplying by 1 = value does not change = increase of 0%.
– Multiplying by 2 = 2-fold increase = increase of 100%.
– Multiplying by 3 = 3-fold increase = increase of 200%.

– Multiplying by 8 = 8-fold increase = increase of 700%.

Mathematically, an increase expressed in percentage is:
Increase in % = 100*(final value-initial value)/(initial value)=100*(8-1)/1=700%

‘これは簡単に理解できます。1を掛けても数値は変化しないので0%増です。2を掛けると2倍になるので100%増で、3を掛けると3倍増で200%増になり、8を掛けると8倍増の700%ということになります。数学的に、百分率で表される増加は、上記の式の通りです。’

実際ググって見ると、かなり多くの人達が、200%増を2倍と勘違いしているので、個人的には救われた気がします。ある意味小学生レベルの知識を知らなかったので、かなり恥ずかしいのですが、英語が小学生レベルだという事を鑑みれば、それも当然と思わざるを得ません。所詮はこの程度の学力なので、社会の底辺に生きているのも仕方ないのかもしれません。

2 percent は何故 2 percents ではないのか?

複数形にもかかわらず、何故パーセントという単語は複数形にならないのか?こういった疑問もついでに調べてみました。同じサイト上に詳細な説明があったので載せておきます。

80 percent or 80 percents?

I’ve just thought of an analogy.
Percent is a bit like miles/hour, or kilometers/hour.
If I am walking briskly down the road I am walking at four miles/hour – not four miles/hours.

例えを考えついたのですが、パーセントは、若干、マイル/時やkm/hに似ています。もし、私が素早く道向こうへ歩いた場合、4 miles/hour であって、4 miles/hoursではありません。

このスレを見ると、percent = per centで、cent = 100なので、2 percent = 2/100となるみたいな感じで、つまり、per hourがper hoursとはならないように、per centもper centsにはならないという事になります。percent = 百分率と考えれば納得いく話でもあります。

How much/many percent?

how much percent や how many percent という言い方はしないみたいです。これも知っておいて損はないと思うので、覚えておいた方がいいかもしれません。さらに、what percent という言い方もしないみたいです。この場合は、what percentage of ~ が最も一般的みたいですが、what is the percentage of ~ とも言えるようです。しかし、面白いのが、percent も実は使えるということで、ググって見ると、確かにそういった言い方ができるっぽいです。

What percent/percentage of students in class wear/s glasses?

What percent of students in this class wear glasses?
= “What number of students per hundred students in this class wear glasses?”

How many per cent of students in this class wear glasses?
= “How many students per hundred in this class wear glasses?”

How many percents of students in this class wear glasses?

What percent of  = What number of で、How many per cent of students = How many students per hundred、さらに、How many percents of もありみたいです。

しかしながら、How much percent という言い方はやはりできないみたいです。

とは言っても、一般的には、What percentage of や What is the percentage of を使った方が無難なようです。ググってみても、この2つの用法が最も一般的になっています。

percent = per cent はもともとラテン語の per centum (100毎に) が語源みたいです。

スポンサーリンク

フォローする