米空母機動部隊が朝鮮半島へ航行中!?北朝鮮攻撃間近?

アメリカの航空母艦(USS Carl Vinson)を含むstrike group(空母打撃軍)が、朝鮮半島へ向けて航行中らしく、ニュースメディアは、トランプ政権が北朝鮮への圧力を強める目的だろうと予測しています。軍事アナリストは、北朝鮮への攻撃は当面ないだろうと言っていますが、アメリカの全てのコメンテーターは、北朝鮮による先制攻撃の可能性は全く考慮していません。

スポンサーリンク

中国の許可は取得済み

米中首脳会談で、アメリカの単独北朝鮮攻撃の許可を、中国から取り付けているという噂がありますが、今回の動きはそれと関連している可能性があるようです。もちろん、警告目的で空母を派遣することはよくあることなので、騒ぐことではないと、今回の動きを無問題扱いしている人達も多いのですが、しかし、トランプ大統領は、北朝鮮への攻撃を既に決定しているとも一部で伝えられているので、シリアに対するクルーズミサイル攻撃が非常に迅速に行われた事を考えると、北朝鮮への攻撃も十分考えられると言っている人達も、ネット上にいます。

シリアへのトマホーク攻撃は、アサド政権に対する警告だけではなく、イラン、ロシア、北朝鮮、中国に対する警告でもあるみたいです。特に、北朝鮮に対する警告の意味合いが強いようです(Airstrikes on Syria might also send message to North Korea)。4年後には、北朝鮮がシアトルやサンフランシスコに核攻撃が可能になるというような事が、一部のメディアでまことしやかに囁かれているので、トランプ政権にとって、北朝鮮に対する攻撃は、将来的には避けられないだろうと予想されていますが、シリア問題解決が先だろうと予想されてもいます。

単独攻撃は無理

アメリカ一国による北朝鮮への攻撃には無理があると言っている識者もいます(Donald Trump Could Never Go It Alone on North Korea)。もし、アメリカが、単独で、北朝鮮に攻撃を仕掛けた場合、韓国と日本で、アメリカ人を含む、多くの犠牲者が出ると指摘しています。日本も韓国も、ただ単に、ミサイルやロケット弾の恐怖だけではなく、北朝鮮特殊部隊によるテロ攻撃の恐怖も待っています。考えただけで恐ろしいですが、トランプ氏が単独攻撃を決意した場合、相当数の日本人が犠牲になることになるっぽいです。恐らく、トランプ大統領は、韓国と日本の首脳に対して、一時間後に北朝鮮を攻撃するからそのつもりでと言って、攻撃を開始するのではないでしょうか。全ての日本人にとって、シリアの悲惨な内戦はもはや対岸の火事ではなく、今後は、自分達もシリア国民のような悲惨な状況に置かれる可能性がある事を肝に銘じておいた方がいいかもしれません。まぁ、もちろん、その可能性はかなり低いです。何故なら、議会の承認なしにトランプ大統領が北朝鮮を攻撃することはないでしょうし、議会がトランプ大統領に対して、北朝鮮との交戦権を与えるとはとても思えないからです。日本と韓国からのアメリカ人を含む外国人の避難の問題もあるし、下手したら、千万単位で犠牲の出る第二次朝鮮戦争に発展する可能性がある、北朝鮮に対する武力行使は有り得ないみたいです。

北朝鮮の先制攻撃

北朝鮮の対艦ミサイルの精度がどんなもんか分かりませんが、例えば、北朝鮮がアメリカの空母を撃沈したり、日本と韓国に対して、ミサイルやロケット弾を雨あられと降らせる可能性も否定できません。アメリカの単独攻撃が無いとしても、北朝鮮による先制攻撃の可能性を忘れたら危険だと言っている人もいます。日本人は地震よりも、北朝鮮による核ミサイル攻撃を一番恐れるべきなのかもしれません。そう言っている人も、ネット上で散見されます。

北朝鮮による先制攻撃は絶対に有り得ないと、北朝鮮先制攻撃シナリオを一蹴する人達がほとんどで、何らかの動きがあれば、アメリカのスパイ衛星がそれをキャッチし、即座に米軍が先に動くだろうと言われています。なので安心みたいです。ただし、米軍が北朝鮮の先制攻撃の動きを察知して、逆先制攻撃を仕掛けたとしても、韓国と日本で多大な犠牲者が出るのは避けられないと言っています。ということで、何れにしても、日本人は覚悟が必要みたいです。

中国が動いて、北朝鮮でクーデターが起きるのがベストなシナリオみたいですが、平和的な解決が望まれることは言うまでもなく、ミサイルが飛んで来ることだけは勘弁してもらいたいものです。ミサイル一発で日本の金融システムが崩壊する可能性もあるので非常に危険です。

スポンサーリンク

フォローする