シリア問題:マクマスター、ヘイリー、ティラーソン vs. トランプ、マティス

ティラーソン国務長官が、シリアの政権転覆を宣言し、ロシアに最後通牒を突き付けたアメリカですが、政権内部でかなり揉めているようです。そもそも、今回のシリアに対するミサイル攻撃は、イヴァンカさんの一存で決まったらしく、トランプ大統領は、イヴァンカさんに説得され、バノン氏の猛烈な反対を押し切って、攻撃を決定したみたいです。アメリカでは、遂にアメリカに女性初の大統領が誕生したと、トランプ大統領の親馬鹿っぷりを揶揄する人達もいますが、これが本当なら、トランプ大統領は辞任すべきという声も聞かれます。

スポンサーリンク

イヴァンカ大統領

イヴァンカ大統領は、リベラルメディアから、父親をコントロールできないことで、かなり叩かれています。イヴァンカさんは、ヒラリー氏の娘のチェルシー氏と親友関係にあることからも分かるように、ガチガチのニューヨークリベラルなので、当然、トランプ政権において、民主党寄りの政策をトランプ大統領に進言していると伝えられています。何でも、父親が、リベラルメディアから叩かれまくっている事に心を痛めていて、全てはバノン氏のせいだと言っているとも伝えられていて、それが、クシュナー氏とバノン氏の衝突の原因の1つになっているようです。とは言っても、あくまでもネット上の噂話なので、真偽の程は分かりかねます。

今回のシリア攻撃は、赤ん坊と子供の痛ましい画像に衝撃を受けたイヴァンカさんが、トランプ大統領にアサド政権を攻撃するように猛烈にプッシュしたらしく、後先考えずに、シリアを攻撃したようです。事前にロシアに攻撃を伝えたので事なきを得ましたが、下手したら、ロシアとの戦争に発展していた可能性があるので、いい年した娘の感傷に付き合っている場合ではないと、手厳しい批判も聞こえます。イヴァンカさんとクシュナー氏は、大統領府にいるべきではないと、リベラルだけではなく、多くのトランプ支持者達が声を揃えて言っています。

当面の敵はISIS

トランプ大統領とマティス国防長官は、アサド政権打倒よりもISIS壊滅に優先権があると言っているのですが、その一方で、ティラーソン国務長官、ヘイリー国連大使、マクマスター国家安全保障担当補佐官は、アサド政権後のシリア構想を展開しています。ISIS壊滅後に、アサド政権を攻撃するつもりなのかもしれませんが、ISIS壊滅にどれだけ時間がかかるのかも分からない現段階では、事実上、アサド政権は温存される可能性が高そうです。結果的には、プーチン大統領が勝利した形になります。あるいは、一部の陰謀論者達が言うように、今回の一連のトマホーク攻撃は、トランプ大統領とプーチン大統領の合作茶番だったのかもしれません。

ISIS掃討作戦も、ISISを支援しているのが、サウジ、トルコ、カタール、UAEという事実を鑑みた場合、話がややこしくなってきます。ISISはトルコの宿敵のクルド人と戦い、UAEとサウジの宿敵のイランと戦い、さらに、イスラエルとアメリカの宿敵のイラン、ヒズボラと戦ってくれています。アメリカも、自由シリア軍を通して、裏でISISを支援していると噂されていることから、ISIS掃討作戦は茶番と言わざるを得ません。サウジとイスラエルの操り人形のアメリカが、ISISを本気で壊滅させるわけがなく、アサド政権崩壊が真の狙いなのは、まず間違いないと指摘されています。ロシアの介入がなければ、アサド政権は崩壊していたはずです。

イランコントラ事件

イラン・イラク戦争時、アメリカはサダム・フセインを支援していたわけですが、実際は、ニカラグアのコントラ支援の資金を捻出するために、イランにも兵器を売っていました。この辺のところは、人質事件とか色々ややこしいのですが、基本的には、かなりアコギなことをやっていました。イラクを強大化させたのもアメリカで、そのフセイン・イラクが、クウェートに侵攻した時は、フセインをあっさり裏切って、イラク軍に壊滅的な打撃を与えています。

イラン・イラク戦争と時を同じくして、アフガンでも、イスラム過激派を支援して、ソ連軍と戦わせていたわけですが、そもそも、アルカイダの前身を作ったのが、ブッシュ一派とも噂されていて、ビン・ラディン家とブッシュ家の関係にはかなりの闇があると、多くの陰謀論者達が指摘しています。ブッシュ一族は、アメリカの暗部であると批判されてもいます。

ネオコンの台頭

トランプ政権内でネオコンが台頭していることは間違いなく、バノン一派を隅に追いやっていると、多くのトランプ支持者達が怒り心頭です。イヴァンカさんとクシュナー氏が、裏で糸を引いているのは確実で、シリア攻撃をそそのかしたイヴァンカ氏を批判する声が、ネット上で高まっています。あくまでも、ネット上で高まっているだけで、メディアではそんなに批判はされていないみたいです。フェイクニュースの可能性があるからかもしれません。

トランプ大統領は、ネオコンとバカ娘の戯言に耳を傾けるべきでないと、多くのトランプ支持者達が言っています。今回のカンザス州の選挙結果は、トランプ支持者たちにはかなり衝撃的だったらしく、ジョージア州で負けたら、トランプ大統領はピンチらしいです。共和党内部から間違いなく、トランプ大統領では来年の選挙が戦えないという声が高まるからみたいです。

スポンサーリンク

フォローする