【スキンケア】メチレンブルーが肌のシミやしわを消す!?【美白】

メリーランド大学による新しい研究が、広く使われていて、安価・安全の化学物質が、人の肌の老化進行速度を落とせる可能性を示唆しています。研究者たちは、メチレンブルーと呼ばれている抗酸化物質が、培養されたヒト皮膚細胞と、シミュレートされた皮膚組織を使ってテストされた時、いくつかの良く知られた肌老化の兆候を遅くしたり反転させたりできることを明らかにしています。この研究は、Scientific Reports誌にオンライン掲載されています。

スポンサーリンク

メチレンブルーはリジュベネ

Common antioxidant could slow symptoms of aging in human skin

“Our work suggests that methylene blue could be a powerful antioxidant for use in skin care products,” said Kan Cao, senior author on the study and an associate professor of cell biology and molecular genetics at UMD. “The effects we are seeing are not temporary. Methylene blue appears to make fundamental, long-term changes to skin cells.”

”我々の研究は、メチレンブルーが、スキンケア製品用の非常に効果的な抗酸化物質であるかもしれないことを示唆しています。”と、本研究の上席著者でメリーランド大学細胞生物学・分子遺伝学准教授カン・カオ氏は言いました。”我々が目撃した効果は一時的ではありません。メチレンブルーは、皮膚細胞を根本的かつ長期的に変化させるように見えます。”

他のリジュベネと比較

The researchers tested methylene blue for four weeks in skin cells from healthy middle-aged donors, as well as those diagnosed with progeria–a rare genetic disease that mimics the normal aging process at an accelerated rate. In addition to methylene blue, the researchers also tested three other known antioxidants: N-Acetyl-L-Cysteine (NAC), MitoQ and MitoTEMPO (mTEM).

研究者たちは、健康的な肌の中年ドナーと、正常な老化プロセスを加速度的に模倣する珍しい遺伝病である、プロジェリア(早老症)を罹患したドナーの皮膚細胞を使って、メチレンブルーを4週間にわたってテストしました。メチレンブルーに加え、彼等は、NAC, MitoQ, mTEMという三種類の他の良く知られた抗酸化物質のテストも同時に行っています。

NAC = N-Acetyl-L-Cysteine = N-アセチルシステイン

MitoQ = Mitochondria-targeted ubiquinone =ミトコンドリア標的ユビキノン

In these experiments, methylene blue outperformed the other three antioxidants, improving several age-related symptoms in cells from both healthy donors and progeria patients. The skin cells (fibroblasts, the cells that produce the structural protein collagen) experienced a decrease in damaging molecules known as reactive oxygen species, a reduced rate of cell death and an increase in the rate of cell division throughout the four-week treatment.

こうした実験で、メチレンブルーは、他の3つの抗酸化剤の効果を上回り、健康的ドナーと早老症患者の双方から採取した細胞の幾つかの老化関連症状を改善しています。その皮膚細胞(構造蛋白質コラーゲンを作り出す細胞の繊維芽細胞)は、4週間の処置期間、活性酸素種として知られている傷害性分子が減少し、細胞死の速度が低下し、細胞分裂の速度が増しました。

老化肌を若返らせる

Next, Cao and her colleagues tested methylene blue in fibroblasts from older donors (>80 years old) again for a period of four weeks. At the end of the treatment, the cells from older donors had experienced a range of improvements, including decreased expression of two genes commonly used as indicators of cellular aging: senescence-associated beta-galactosidase and p16.

次に、カオ氏と彼の同僚達は、再び4週間、今度は80歳以上の高齢者ドナーから採取した繊維芽細胞を使ってメチレンブルーをテストしました。処置の最後で、老化細胞は、細胞の老化の指標として広く使われている2つの遺伝子、老化関連ベータガラクトシダーゼとp16の発現が減少することを含めた、さまざまな肌状態の改善を経験しています。

安全性も今のところ問題なし

The researchers also used the model skin to test the safety of cosmetic creams with methylene blue added. The results suggest that methylene blue causes little to no irritation, even at high concentrations. Encouraged by these results, Cao, Xiong and their colleagues hope to develop safe and effective ways for consumers to benefit from the properties of methylene blue.

研究者達は、メチレンブルーを添加した化粧用クリームの安全性を、モデルスキンを使ってテストしています。テスト結果は、メチレンブルーが、高濃度の場合でさえも、ほとんど、あるいは全く炎症を引き起こさないことを示しています。こういった結果に後押しされ、カオ氏と同僚達は、メチレンブルーのこうした特性から恩恵を受けられるように、消費者に安全で効果的な方法を開発できる事を期待しています。

臨床試験はまだっぽいので、メチレンブルー添加リジュベネが製品化されて市場に出回るまではかなり時間がかかりそうですが、かなり期待が持てそうです。肌年齢を維持したり若返らせたりできるので、肌の美容に関心がある人には朗報かと思います。

スポンサーリンク

フォローする