家庭用血圧計による測定値の実に7割が正確ではないらしい

家庭で血圧のチェックをしている人が多いかと思いますが、アルバータ大学による新しい研究によると、家庭用血圧計による測定値の70%が受け入れ難いほど不正確で、自己血圧測定の結果によって、医者に行くかどうかを決定している人達に対して、非常に深刻な影響をもたらす可能性があるということなので、一度、血圧計を見直してみた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

高血圧の監視は非常に重要

Home blood pressure monitors inaccurate 70 percent of the time: Study

“High blood pressure is the number one cause of death and disability in the world,” said medical researcher Jennifer Ringrose, who led the research study. “Monitoring for and treating hypertension can decrease the consequences of this disease. We need to make sure that home blood pressure readings are accurate.”

”高血圧は、世界中で、死因と障害の原因の第1位になっています。”と、本研究を主導した医療研究者のジェニファ・リングローズ氏が言いました。”高血圧を監視・治療する事が、この病気の影響を減らすことを可能にします。そのためには、私たちは、家庭用の血圧測定値による測定値が正確であるということを確実にする必要があるのです。”

家庭用血圧計は当てにならない

Ringrose and her team tested dozens of home monitors and found they weren’t accurate within five mmHg about 70 per cent of the time. The devices were off the mark by 10 mmHg about 30 per cent of the time.

リングローズ氏と彼女のチームは、数十もの家庭用血圧計をテストし、それらが、ほぼ70%の割合で、5mmHg以内で正確ではないことを発見しています。それらのデバイスは、約30%の割合で、10 mmHgも的を外れていました。

自宅での血圧測定は重要

The findings are extremely relevant given millions of patients are asked to monitor their blood pressure through a device at home and report the results back to their doctor.

今回の発見は、数百万におよふ患者達が、自宅で血圧を監視して、測定結果を主治医に報告するように言われていることを考えれば、非常に関連性が深いと言えます。

血圧測定を複数回行う

“Compare the blood pressure machine measurement with a blood pressure measurement in clinic before exclusively relying upon home blood pressure readings,” advised Ringrose. “What’s really important is to do several blood pressure measurements and base treatment decisions on multiple readings. Taking home readings empowers patients and is helpful for clinicians to have a bigger picture rather than just one snapshot in time.”

”家庭用血圧計による測定値だけに依存する前に、自宅の血圧計測定値と病院の血圧測定値を比較しましょう”と、リングローズ氏は助言しています。”真に重要なのは、何回か血圧測定を行うことと、複数測定値を使って治療法を決定することです。自己血圧測定は、患者に健康管理をしているという自信を与え、医師に対して、その場の1回こっきりの測定値ではなく、より大局的に患者の血圧値の推移を把握するのに役立ちます。”

In 2015 Canadian guidelines were updated to endorse greater use of home blood pressure monitoring. The guidelines recommend 28 measurements over one week for home devices.

2015年に、カナダのガイドラインは、家庭用血圧測定をもっと多用することを推奨するように更新されています。そのガイドラインは、自宅での週28回の測定を推奨しています。

週28回ということは1日4回血圧を測定するということで、朝晩2回ずつが妥当なような気もしますが、この辺のとことは、主治医と相談して決めるのがもっと妥当でしょう。

家庭用血圧計が何で不正確な数値を連発するかについては、さまざまな理由が考えられるのですが、正確な理由については、ファームウェアがどういったパラメーターを使っているのかという企業秘密が絡んでいるので、研究者達には分からないみたいですが、血圧計製造業者は患者の命を預かっているという自覚を持って、より正確な測定値が測れるようにしなくてはならないと、研究者達は強く訴えています。基本は複数回血圧を測ることと、病院で測った血圧値と比較することが重要みたいです。病院で測った後に家で測って、測定値を比較しましょう。

スポンサーリンク

フォローする