空腹時血漿グルコース・インスリン値がダイエット成功の決定因子

コペンハーゲン大学、コロラド大学、タフツ大学、CIBEROBN、Gelesisの研究者達が、血糖値 (血糖グルコース値)及び/もしくは、空腹時インスリン値が、個人の適切なダイエットを選択する目的で、特に前糖尿病と糖尿病を患う人々に対して、使われるべきであることを実証している新たなデータを提示しています。多種多様な栄養指針を利用している、6つの主要な介入治療食研究を詳細に評価することで、こうした生体指標が、体重減少・体重維持成功の予測因子になり得ることが、繰り返し証明されています。

スポンサーリンク

バイオマーカー利用ダイエット

Fasting plasma glucose and insulin are determinants of dietary weight loss success

“Remarkably, for many patients, use of these biomarkers can lead to a six- to seven-fold greater weight loss,” commented Arne Astrup, Professor, Head of the Department of Nutrition, Exercise and Sports at the University of Copenhagen, Denmark. “Going forward, we can educate patients when a diet they planned to follow would actually make them gain weight, and redirect them to a strategy that we know will work for them.”

“驚くべきことに、多くの患者たちが、こういった生体指標を利用することで、6~7倍効果的な減量に成功しています。”と、デンマークにあるコペンハーゲン大学栄養・運動・スポーツ学部長アーン・アストラップ教授がコメントしています。”ゆくゆくは、我々は、患者達が計画したダイエットが、実際には体重増加につながる場合、患者達を指導・教育して、彼等に最適なダイエットストラテジーへ方針転換させることができるようになるでしょう。”

前糖尿病患者推奨食

The studies demonstrate that, for successful weight loss, fasting blood sugar and fasting insulin should be used to select an approach that is proven to work based on those biomarkers. For most people with prediabetes, a fiber-rich diet without calorie restriction will be very effective and has been shown to improve diabetes markers. In this population, carbohydrates or fats should be adjusted based on fasting insulin levels.

こういった研究が、成功する体重減少のための、空腹時血糖と空腹時インスリンが、そういったバイオマーカーに基づいた、使えることが証明されている減量法を選択するのに利用されるべきであることを証明しています。前糖尿病を患うほとんどの人にとって、カロリー制限のない食物繊維の多い食事が、非常に効果的で、糖尿病マーカーを改善してくれることが証明されています。この集団(前糖尿病を患う人達)においては、炭水化物や脂肪は、空腹時インスリン値に基づいて調整される必要があります。

糖尿病患者推奨食

For people with type 2 diabetes, a diet rich in healthy, plant-based fats (such as from olive oil, nuts and avocados) will be effective to achieve weight loss. The researchers acknowledge that no one solution will work for every patient, but for many in the US and EU these strategies are likely to be more effective than a generic, ‘one size fits all’ approach.

2型糖尿病患者たちに対しては、ヘルシーな植物性脂肪(オリーブオイル、ナッツ類、アボカド等由来の脂肪)を豊富に含んだ食事が、減量実現には効果的でしょう。研究者達は、全ての患者対して上手く働く、万能な解決策が存在しないことは認めてはいるのですが、欧米系の人々に対しては、こういった戦略が、汎用、画一的な方法よりも効果的ではありそうです。

スポンサーリンク

フォローする