健康一覧

NO IMAGE

クラスリン被覆ピットが癌細胞の移動能(転移)に関与している

キュリー研究所、アンスティテュ・ドゥ・ミオロジー(ミオロジー研究所)と共同で、Inserm(フランス国立保健医学研究機構)グスタフ・ルッシーがん研究所の研究リーダー、ギョーム・モンタニャック氏により指揮された今回の研究は、米国の科学雑誌Science誌の6月16日号に掲載されています。細胞移動は、生命維持には欠くことの

記事を読む

NO IMAGE

インスリン点鼻薬が肥満を解消して2型糖尿病を予防してくれる

摂食行動と主観的空腹感は、多種多様なホルモンによって調節されています。ここでの重要な役割は、体内のみならず、脳においても活発な働きをしている、ホルモン・インスリンによって演じられています。インスリンが、恒常性を維持している領域(視床下部)に影響を与えていることは、かなり以前から知られていました。しかしながら、科学者達は

記事を読む

NO IMAGE

ナノ粒子のエキソソームががん治療や再生医療の未来を切り開く

新しいレビューが、微小ナノ粒子が、病気の検出・治療に使える可能性があることを示唆しています。細胞間の情報のやりとりを担っている、極小生物ナノ粒子であるエクソソーム(エキソソーム)が、そういった役割(疾患検知・治療)を演じられる可能性が高いことを、この領域の研究において、今までで最も包括的な総説が結論づけています。

記事を読む

NO IMAGE

超抗原に対する粘膜関連インバリアントT細胞の致命的な過剰免疫反応

通常は、人に危害を加える病原菌の攻撃を払い除けている免疫細胞の小規模集団が、特定の感染症に対峙している間、事もあろうに、本来は守るべき対象であるはずの宿主(人間)に襲い掛かる可能性があることが、6月20日に、オープンアクセスジャーナルであるPLOS Biology誌に掲載された新しい研究が明らかにしています。

記事を読む

NO IMAGE

日和見菌(緑膿菌)ががん細胞を破壊する仕組みが明らかに

新しい研究結果が、末期細胞が、どのようにして、確実に別の細胞に取って代わられるようにしているのかを明らかにし、その発見を利用した、今までにない、独創的な新しいがん治療法を提言しています。ラッシュ大学医療センター研究チームが、journal Developmental Cell誌に今週、2つの画期的な発見を記述している

記事を読む

NO IMAGE

ヨガや瞑想はストレスをDNAレベル(分子レベル)で解消してくれる

瞑想、ヨガ、太極拳等の心身介入療法(mind-body interventions, MBIs)が、ただ単に、ヒトをリラックスさせるだけではなく、DNAの分子反応をリバースできることを、コヴェントリー大学とラドバウド大学による新しい研究が示唆しています。Frontiers in Immunology誌に掲載された今回の

記事を読む

NO IMAGE

腸内細菌から作ったサプリが老化進行を遅らせ若さを保ってくれる

老化過程を減速させる(若さを保つ)ことが、腸内細菌から作ったサプリによって、将来的に可能になるかもしれません。ベイラー医科大学とテキサス大学健康科学センター・ヒューストン校の研究者たちは、実験用線虫シノラブディス・エレガンスの寿命を延ばし、腫瘍の進行とアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβの蓄積を減速する

記事を読む

NO IMAGE

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンが2型糖尿病の秘密兵器

新しい研究が、濃縮ブロッコリースプラウトエキスが、2型糖尿病患者の血糖管理に効果的かもしれないことを示唆しています。その発見は、世界規模で蔓延している糖尿病治療の、待ち望まれていた代替え治療薬を提供してくれる可能性を持っています。2型糖尿病は、世界中で3億人以上の人々を苦しめていて、15%ものそういった患者達は、腎障害

記事を読む

NO IMAGE

2型糖尿病治療薬カナグリフロジンが心臓病と腎臓病予防にも効果

2型糖尿病を患う人々のの血糖値を下げる薬剤が、心臓病と腎臓病の両リスクも大幅に減少させることを同時に明らかにしています。ジョージ国際保健研究所による今回の研究は、世界各地で約4億5千万人もの人々に影響を与えている2型糖尿病の治療に大きな意義を持っています。New England Journal of Medicine

記事を読む

NO IMAGE

空腹時血漿グルコース・インスリン値がダイエット成功の決定因子

コペンハーゲン大学、コロラド大学、タフツ大学、CIBEROBN、Gelesisの研究者達が、血糖値 (血糖グルコース値)及び/もしくは、空腹時インスリン値が、個人の適切なダイエットを選択する目的で、特に前糖尿病と糖尿病を患う人々に対して、使われるべきであることを実証している新たなデータを提示しています。多種多様な栄養

記事を読む

スポンサーリンク