「 健康 」一覧

NO IMAGE

ナノ粒子を吸い込むと肺から血流に入って心臓病を引き起こす!

大気汚染において、空気中を浮遊している微小ナノ粒子が、早世をもたらす可能性がある心臓病と関連付けられています。しかし、肺の中へ吸い込まれた粒子が、どのようにして血管と心臓に影響を与えているのかは、これまで謎のままでした。現在、科学者達は、吸い込まれたナノ粒子が、肺から血流へ移動できることを、人と動物の研究の中で証拠を

NO IMAGE

ミトコンドリアカルシウム交換が心臓機能に非常に重要

科学者達は、細胞の発電所のミトコンドリアへのカルシウム輸送が、心仕事量(エネルギー生産による心臓のポンプ運動の程度)に関連している重要なシグナルであると、長い間考えてきています。テンプル大学ルイス・カッツ医学部(LKSOM)と他の研究機関での研究が、ストレスを受けている間のこの経路の重要性を明らかにしていますが、彼らは

NO IMAGE

飽和脂肪が動脈を詰まらせるという考えは間違い!?

飽和脂肪が動脈を詰まらせることで、冠状動脈性心臓病の原因になっているという、医者や大衆の間で、広く一般に信じられている考えが、明らかに間違っていると、British Journal of Sports Medicine誌でオンライン出版された論説の中で、専門家達が強く主張しています。血中脂質量と食物飽和脂肪を減らすこと

NO IMAGE

腸内細菌が人が何を食べるかを脳に司令を出して決めていた!

神経科学者は、初めて、腸内細菌が、動物の食べ物の選択をコントロールするために、脳に話し掛けることを明らかにしています。オープンアクセスジャーナルPLOS Biologyに掲載された研究の中で、研究者達は、動物の食事選択に大きな影響を与えている、2種類の細菌を同定しました。今回の研究は、カルロス・リベイロと、ポルトガルの

NO IMAGE

ひまわりの種にアフラトキシン毒が含まれるケースが多いらしい

ミシガン州立大学の研究者達は、ひまわりの種が、高頻度でカビによって産生される毒素で汚染されていて、多くの低所得国家において健康リスクへの脅威になっています。PLoS ONEの最新号の中で、研究チームは、とうもろこし、ピーナッツ、ピスタチオ、アーモンドによく感染するAspergillus molds(アスペルギルス属カビ

NO IMAGE

非必須アミノ酸の非摂取で癌の予防と進行遅延が可能!

ネズミの餌からある特定のアミノ酸(タンパク質の構成要素)を取り除くことで、腫瘍成長を遅らせて、寿命を引き延ばせる事が、ネイチャー誌に掲載された新しい研究が示しています。英国ビートソンがん研究所(Beatson Institute for Cancer Research)とグラスゴー大学の研究者達は、2種類の

NO IMAGE

深刻な血液不足を解消可能な輸血用の人工血液が開発される!

輸血は、血液を大量に失った患者の命を救うことができますが、病院が、常に十分な量の血液や型が合致した血液を保有しているとは限りません。解決策を求めて、研究者達は、血液の酸素運搬成分であるヘモグロビンを使った、将来有望な代替品を開発しています。ACSの定期刊行誌Biomacromoleculesに掲載されたインビトロ研究が

NO IMAGE

亜鉛不足が心臓病や他にも色々な疾患の原因になっている!

人体にとって必要不可欠の代謝機能に加えて、体内の亜鉛レベルは、心筋にも大きな影響を与えています。酸化ストレスが起きるのは亜鉛不足のせいであるとも言われていて、その事は心筋を調べる事で判定できます。ミュンヘン工科大学(Technical University of Munich、TUM) の新しい研究が、体内の総亜鉛量と

NO IMAGE

褐色脂肪とTRPM8/TRPP3が糖尿病と肥満の画期的治療法の鍵

The FASEB Journalにオンライン掲載された研究によると、研究者達が、代謝促進褐色脂肪組織(BAT、善玉脂肪)の量を、潜在的な治療標的としてBAT細胞の2つの受容体を使用することで増やす方法を発見したみたいです。TRPM8とTRPP3の両レセプターは、人のBATの生成と関連していて、ある種の食品によって活性

Page 1 of 17
1 2 3 17
スポンサーリンク