「 健康 」一覧

NO IMAGE

耳掃除は超危険!綿棒で救急搬送される子供が多いらしい

綿棒は、家の掃除、クラフト、化粧品の塗布なんかに利用できる一方で、不幸な事に、子供達の怪我の原因にもなってしまっています。ネイションワイド小児病院の研究者達によって実施された研究が、1990年~2010年の21年間にわたり、18歳未満の推計263000人の子供達(毎年約125000人か毎日34怪我)が、米国内病院の

NO IMAGE

抗生物質に頼らなくても先天性免疫で感染症は十分防げる!?

ルンド大学皮膚病学の研究者達は、怪我の際、感染が体中に制御不能で広がることを、即座に抑止できる理由の謎を解明したと考えています。彼らは、この知識が、細菌に対抗するための新しい方法を開発するのに使える、臨床的重要性を有している可能性があると信じています。”もしかすると、我々は、抗生物質を使って滅菌する必要はなく、単純に

NO IMAGE

副作用皆無で糖尿病の完治を可能にした画期的治療法!

1型糖尿病を治癒可能な治療法がサンアントニオで開発間近で、その画期的な手法は、2型糖尿病患者がインスリン注射を止めることも、同時に可能にしてくれそうです。テキサス大学健康科学センターヒューストン校(現テキサス大学ヘルスサンアントニオ校)でなされた発見は、インスリンを分泌する膵臓細胞の種類を増やすことを可能にしています。

NO IMAGE

オメガ3脂肪酸のDHAが血液脳関門の健全性を維持している

食品化合物として、その健康効果が大きく喧伝されているオメガ3脂肪酸は、現在、血液感染性の細菌や毒素、他の病原菌から中枢神経系を保護する、血液脳関門の健全性を維持するのに極めて重要な役割を果たしているようにも見えることを、Neuron誌に掲載されたハーバード・メディカル・スクールによる新しい研究が明らかにしています。

NO IMAGE

失明の最大の原因の糖尿病と緑内障を検知するコンタクトレンズ

UNIST(ウルサン科学技術大学校)が関わっている最近の研究が、ワイヤレススマートセンサー搭載コンタクトレンズを装着することによって、その場で、簡単に人の健康を監視する可能性を提唱しています。本研究の中で、研究チームは、intraocular pressure(眼圧、IOP)や真性糖尿病、他の健康状態に対する

NO IMAGE

アトピー性皮膚炎の根本的な原因が遂に解明される!

科学者達が、皮膚のバリアが弱いことが、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因になっている証拠を発見しています。ニューキャッスル大学のチームが、Stiefel, a GSK company(GSKのグループ企業のスティーフェル)の科学者達とのコラボで、鍵となる、filaggrin(フィラグリン)と呼ばれる、皮膚保護蛋白質が

NO IMAGE

日焼け止めが人類のビタミンD不足蔓延の原因だった!

冬場は、1日2時間近く日光浴しないと、十分なビタミンDを獲得できないと、既に過去に書いているのですが、人体が日光浴を通じてビタミンDを合成するためには、当然、ある程度の面積の素肌が太陽光に直接当たる事が前提で、しかし、例え素肌であったとしても、日焼け止めが塗られていると、ビタミンD合成能力は著しく損なわれるみたいです。

NO IMAGE

ナノ粒子を吸い込むと肺から血流に入って心臓病を引き起こす!

大気汚染において、空気中を浮遊している微小ナノ粒子が、早世をもたらす可能性がある心臓病と関連付けられています。しかし、肺の中へ吸い込まれた粒子が、どのようにして血管と心臓に影響を与えているのかは、これまで謎のままでした。現在、科学者達は、吸い込まれたナノ粒子が、肺から血流へ移動できることを、人と動物の研究の中で証拠を

NO IMAGE

ミトコンドリアカルシウム交換が心臓機能に非常に重要

科学者達は、細胞の発電所のミトコンドリアへのカルシウム輸送が、心仕事量(エネルギー生産による心臓のポンプ運動の程度)に関連している重要なシグナルであると、長い間考えてきています。テンプル大学ルイス・カッツ医学部(LKSOM)と他の研究機関での研究が、ストレスを受けている間のこの経路の重要性を明らかにしていますが、彼らは

Page 2 of 19
1 2 3 4 19
スポンサーリンク