「 受験英語 」一覧

NO IMAGE

not solely ~ , why should ~ be any different? 意味

not solelyとnot onlyは同じなのかという疑問がありますが、ニュアンスに若干違いがあるように思えますが、同じようにも思えます。両者に違いがあるとすればどんな違いがあるのかを調べるのと、why should A be any different?の訳し方を調べます。

NO IMAGE

仮定法 仮定法現在 should 原形不定詞

subjunctive mood (仮定法)、present subjunctive or mandative subjunctive (仮定法現在) が消えつつあると言われ続けて久しいですが、この辺の文法はネイティブ以上に、文法偏重主義の申し子である、日本人英語学習者達の方が大事にしているではないでしょうか。

NO IMAGE

関係代名詞 – as – 擬似関係代名詞 接続詞

前回 as を擬似関係代名詞として紹介したのですが、今回はas を一般的な関係代名詞として紹介したいと思います。as は関係代名詞的な使われ方をする時もある but, than とは一線を画す、一般的な関係代名詞である、that, which の代わりとして違和感なく使うことができるのです。

NO IMAGE

関係代名詞: 擬似関係代名詞 but, than, as

擬似関係代名詞は受験英語では必須だ。擬似という言葉とは相反して、一見関係詞とは似ても似つかない英単語なのだが、実際は関係詞のように使われているという、とても不思議な単語なのである。butやthanを見て関係代名詞とは普通は誰も思わないだろう。

NO IMAGE

lest should, in case, for fear, so that wouldn’t 意味、用法

lest ~ should は現実にはほとんどというか全く使われていない古臭い日本特有の受験英語に特化した英文法の一つのような酷い言われ方を巷ではされていますが、実際にググッて見れば分かる通り、ニュースの記事内にも意外とふんだんに使われているかなり実用的な使える活きた英語の一つなのです。

Page 1 of 3
1 2 3
スポンサーリンク