経済一覧

NO IMAGE

超衝撃的事実!世界の貧困層の過半数は子供達だった!!

オックスフォード大学による、世界的な貧困に関する新しい研究が、国連の子供の貧困をなくすための新しい持続可能な開発目標が直面する課題の大きさを暴露しています。103カ国に及ぶ低・中所得国の調査が、子どもは総人口の34%を構成している一方で、48%の貧困層を占めていることが、健康、教育、生活水準の喪失度合いを評価している

記事を読む

NO IMAGE

【弾劾・罷免】トランプ政権は事実上終焉しているらしい【辞任】

special counsel(特別検索官)にRobert Mueller(ロバート・モラー)元FBI長官が任命されたことによって、トランプ大統領の命運も尽きたと噂されています。トランプ政権にとっては、致命的な出来事ですが、全ては司法長官のジェフ・セッションズ氏が、リベラルメディアや反トランプ陣営の猛烈なプレッシャーに

記事を読む

NO IMAGE

アベノミクスは大成功!最高に好景気らしいが実感のない人が多い

という人達が多いようです。日本人のトップ1%の超富裕層達の金融資産は大激増しているらしいのですが、貧困層は確実に激増しているとも言われています。2割の上級国民は、アベノミクスの恩恵を、これでもかというほど享受しているのでしょうが、その他大勢の8割の貧困層と貧困予備軍は、円安・株高・物価高の影響で生活が困窮していっている

記事を読む

NO IMAGE

過剰サービスの陰で薄給労働者達が搾取されまくっている

朝から晩まで、極寒・猛暑の中、過酷な重労働に耐え偲んで、国の経済に貢献している薄給労働者達が、便利さの追求と過剰なサービス要求の陰で多大な犠牲を払っています。冷暖房の効いた部屋で、ぶっつわりながらほとんど仕事をしない生産性ゼロの経済に何の貢献もしていない人間達(例えば地方公務員とか)が、そういう人達よりも高給を得ている

記事を読む

NO IMAGE

景気拡大局面入り、オリンピックバブルの陰で廃墟が激増

少なくとも自分の近所を見る限り、明らかに景気は良くなっているように見えます。2008年の世界大不況時以降、全く埋まらなかった空きテナントが埋まったり、2020年の東京オリンピックのための、駅前の再開発や新道路開発も急ピッチで進められ、新しい高層マンション、団地やアパート、戸建て住宅の建設も猛烈な勢いで押し進められ

記事を読む

NO IMAGE

【犯罪防止】ロボット・AIが人に優しい社会を作る【人件費削減】

近い将来、多くの職が、ロボットやAIに奪われると予測されています。実際、ロボットやAIがやった方が良い仕事はかなりあって、例えば、日本の場合、態度や素行が悪い公務員があまりにも多過ぎるので、可能な限り早い段階で、ロボット・AIに取って代わられるべきだという意見が多く見受けられ、人件費削減と犯罪防止にもなるみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

FRBは金融危機時に1日25兆円の資金を銀行に供給していた!

今週、Fed(Federal Reserve Board:連邦準備制度理事会)は、9年間にしてようやく3度目(あるいは、3年間で2度目)となる金利の引き上げ(25 basis points:25ベーシスポイント)を行っています。多くのアメリカ人は、Fedが金融政策を決定するという非常に重大な役割を負っていることは知って

記事を読む

NO IMAGE

人工知能(深層学習)を駆使した株式投資手法が今後の主流になる

フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク(FAU)ビジネス経済学部の研究者達によって実施された研究が、アルゴリズムが人工知能を基礎にしているコンピュータプログラムが、収益率が高い投資決定をできることを証明しています。1992年から2015年までのS&P 500構成銘柄に適用した場合、人工知能による

記事を読む

NO IMAGE

日本のように人口動態的に詰んだ国は所得格差が致命的になる

日本は絶望的な少子化によりお先真っ暗ですが、日本のように、人口が減り続け経済規模が今後縮小していく国が、所得不均衡を今のように放置したままだと、社会的混乱は避けられなくなるようです。日本が緩やかな衰退を達成するには、所得格差の縮小が急務で、このまま貧富の差が拡大し続けていけば、最終的な社会不安は避けられないみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

日本は政府純債務対GDP比率を誤魔化している!?

日本が、自国の巨額の政府債務の規模を誤魔化す形で年金資産を評価する一方で、公的年金債務算定に関する国連の2008年の新ルールには従わないつもりでいるみたいです。統計作業に携わっている関係者が、1月の国民貸借対照表公表時、データ上の制約が、新しい国民経済計算2008基準による要求事項として

記事を読む

スポンサーリンク