「 自然科学 」一覧

NO IMAGE

RNA切断タンパク質DROSHAとその新分析法fCLIP-seq

人体を形作っている一つ一つの細胞は、その時々の状況に応じて遺伝子の発現の有無を決定している、洗練されたメカニズムのオーケストラによって生み出されています。部分的には、この細胞発生メカニズムのためのオーケストラは、マイクロRNA(miRNAs)のような、何種類かのRNAの連携作業のおかげで可能になっています。

NO IMAGE

アナターゼ二酸化チタンがエキシトニクスの未来を切り開く

二酸化チタン(TiO2)は、昨今、光起電力技術と光触媒作用分野における、最も有望な材料の一つになっています。この物質の数ある結晶構造の中でも、特に魅力的な構造が、anatase(アナターゼ)と呼ばれれています。アナターゼ二酸化チタンにおける、数十年に渡る、吸収した光を電荷に変換するための研究にもかかわらず、その物質の

NO IMAGE

αスズ(灰色スズ)がトポロジカルディラック半金属特性を発現!

一般的に灰色スズと呼ばれているαスズが、その結晶構造に負荷をかけられると、トポロジカルディラック半金属(TDSs)と呼ばれる非常にまれな新しいクラスの3次元物質に特有な、新奇な電子祖を発現するいう驚くべき発見をしています。現在までに、TDS材は、2013年に発見されたばかりのを含め、たったの2つしか知られていません。

NO IMAGE

夢の酸化還元グラフェントランジスタがいよいよ現実に!?

ノースカロライナ州立大学の研究者は、プラスに帯電した(p型)還元型酸化グラフェン(rGO)をマイナスに帯電した(n型)rGOに変換して、電子機器で利用可能なrGOベースのトランジスタ開発に使うことができる積層材料を作るための技術の開発に成功しています。”グラフェンは、非常に導電性が良いのですが、半導体ではありません。

NO IMAGE

事前にプログラム可能な電子特性を持った有機無機ヘテロ構造

弱いファンデルワールス力によって結合されている、グラフェンや窒化ホウ素などの異なる2次元結晶の垂直積層は、一般に、ファンデルワールスヘテロ構造と呼ばれています。そういった精巧な積層構造は、ナノ規模でさまざまな現象を研究するための多目的なプラットフォームとして利用可能です。特に、2次元結晶のメカニカル(力学的、機械的)な

NO IMAGE

K2Cr3As3結晶において朝永–ラッティンジャー液体状態を確認

最近発見された物質K2Cr3As3は、電子が1次元内のみを動けるように、効果的に閉じ込められた時だけに起こることが予測されている、エキゾチックな振る舞いを研究する機会を与えてくれる、平行Cr-As鎖から成る構造を持っています。7kで超伝導化する前に特異な金属状態を経験する特性が、その系の伝導電子をどう説明するのがベスト

NO IMAGE

細菌燃料電池:光栄養細菌と従属栄養細菌の驚異的相乗効果

石油や石炭、あるいは、太陽光エネルギーに取って代わって、自続細菌燃料電池が未来を動かすかもしれません。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研究者達は、2種類の細菌の共生的交互作用を介して13日連続で電力を作り続けた、最初のマイクロスケール自律細胞を持った微生物燃料電池(MFCs)の次のステップへと開発を進めています。

NO IMAGE

亜鉛が記憶の形成と保存に重要な役割を果たしている!?

亜鉛は、多くの細胞プロセス、例えば、学習や記憶プロセスに関与していたり、未知の役割を果たしている極めて重要な微量栄養素です。ナノ電気化学的測定を使い、スゥエーデン研究者達は、亜鉛がメッセンジャー分子の放出に影響を与えている事を明らかにすることで、理解を深めています。Angewandte Chemie誌に公表されている

NO IMAGE

量子ショートカットはやはり熱力学の法則には逆らえなかった

過去数年に渡り、物理学者達は、量子系の動作を高速化する量子ショートカットを開発しています。驚くべきことに、こういったショートカットのいくつかは、理論的に、熱力学の第2法則の明らかな違反である、余分なエネルギーを一切使うことなく、システムをほぼ瞬間的に動作させることが可能なように見えます。

Page 1 of 22
1 2 3 22
スポンサーリンク