イディオム一覧

NO IMAGE

イディオム The lowest common denominator 意味 例文

the lowest common denominator = the least common denominator (LCD)は、最小公分母のことで、the lowest common multiple = the least common multiple (LCM)は、最小公倍数のことです。

記事を読む

NO IMAGE

イディオム any more, anymore 違い、意味、例文

any more, anymore は一見同じに見えるので、どっちを使っても意味は変わらないんじゃないかと思えてしまうのではないでしょうか。例えば、any one, anyone もどっちを使っても問題が無いように思われるのですが、実際は両者には大きな意味の違いが存在します。

記事を読む

NO IMAGE

イディオム or lack thereof 意味、用法、例文

or lack thereof、頻繁にnews article (ニュース記事)等で見かけるフレーズなんですが、どういう感じの使われ方をしているのかを詳しく調べてみることにしました。フォーラムでもアメリカ人は、このイディオムを好んで使っているのをよく見かけます。

記事を読む

NO IMAGE

イディオム per se 意味、用法、例文

アメリカのテレビ番組や、海外サイトなどを見ていると、per se というラテン語というか英単語というか、とにかくこのフレーズと頻繁に出くわすのではないだろうか。辞書的な意味は、by itself, in itself, of itself, for itself, as such, intrinsically

記事を読む

NO IMAGE

熟語 – consist, burst, come up, call to – イディオム

英熟語には非常に紛らわしい組み合わせがある。例えば、deal in (扱う、論じる、商う)、deal with (処理する、取引する、料理する)の区別はとっさにはつき難いと言えるだろう。in time (時間内に、間に合って)、on time (定刻に = punctual, on schedule)は定番

記事を読む

NO IMAGE

熟語 – giveの慣用句 – イディオム 意味 用法

giveには高校、大学受験のみならず、TOEICにも必須な超重要な成句が多い。イディオムの意味を知らないで英文を和訳した場合、訳文が本来の英文の意味と掛け離れた意味になってしまいます。giveという単語自体は中学生レベルの基礎中の基礎の英単語なのだが、慣用句の多さにgiveという英単語の難しさがあるのです。

記事を読む

NO IMAGE

受験英語で知っておいて損はない編 certain to, certain of 意味、違い

今日はイディオム、certain to, certain of の意味と違いと調べるつもりです。英語を勉強していく過程で、やはり受験の時に勉強した事とかを掘り返してみる事も時として大事ではないかと考え、受験勉強時に書き溜めた大量のノートを見直してみる事にしました。

記事を読む

NO IMAGE

hit the ground running 意味、learning curve 意味

今回はイディオム、hit the ground running と learning curve の意味を調べてみたいと思います。グーグルニュースを見ていたらこれらの気になるフレーズが2つ並んでいたので早速調べてみることにしました。直訳すれば地面に当たって走る、学習曲線となりますよね。

記事を読む

NO IMAGE

イディオム Pyrrhic victory ピュロスの勝利 意味

率直に言ってしまえば、Pyrrhic victoryは勝ちに値しない勝利の事です。言葉の響きがアニメや特撮に出てきそうな雰囲気ですが、ピュロスの戦いはドラゴンボールやウルトラマンとは一切関係ないことは言うまでもないでしょう。Pyrrhic victory、この単語を初めて知ったのは

記事を読む

NO IMAGE

an arm and a leg 手足じゃないの?意味と語源と例文

今回はイディオム、an arm and a leg の意味と語源を例文付きで解説していきたいと思います。arm (腕、腕木、部門、武器、武装する、武器を供給する)、leg (足、もも肉、脚部、区間、急いで歩く)、この基礎的な2つの英単語が組み合わさることで、意味が全く異なるイディオムが誕生します。

記事を読む

スポンサーリンク