オバマ一覧

NO IMAGE

【辞任】トランプ政権は何故短命に終わってしまったのか?【弾劾】

トランプ政権は既に終了しているというのが、多くの識者たちの共通した見方で、ここまで短命に終わった理由については、政治評論家達の間でも意見が別れています。トランプ大統領はいつ弾劾されてもおかしくない危機的な状況に追い込まれていて、弾劾されればあっさり辞任するだろうと予想されています。実質的にトランプ大統領を擁護する上院

記事を読む

NO IMAGE

【トランプ】リベラリズムがアメリカを破壊する【イデオロギー闘争】

リベラルは何故自分の祖国を憎むのか?これが多くの保守派達の永遠の疑問になっているわけですが、リベラルに言わせると、保守派が固執する愛国心こそ、時代遅れの無用の長物であると言っています。この2つの相反するイデオロギーが、今のアメリカでは臨界点に達しつつあると指摘されていて、second civil war(第二次南北戦争

記事を読む

NO IMAGE

アベノミクスは大成功!最高に好景気らしいが実感のない人が多い

という人達が多いようです。日本人のトップ1%の超富裕層達の金融資産は大激増しているらしいのですが、貧困層は確実に激増しているとも言われています。2割の上級国民は、アベノミクスの恩恵を、これでもかというほど享受しているのでしょうが、その他大勢の8割の貧困層と貧困予備軍は、円安・株高・物価高の影響で生活が困窮していっている

記事を読む

NO IMAGE

アメリカによる北朝鮮攻撃はイラク戦争のように泥沼化する!?

ネット上では、アメリカが北朝鮮を攻撃した場合、世界中で北朝鮮工作員が行動に出ると言われていますが、本当にそうなったら大変なことになります。北朝鮮工作員によるテロ行為と言えば、1983年のラングーン事件、1987年の大韓航空機爆破事件が有名ですが、もし、戦争になった場合、こういった事が、日常茶飯事に世界中で起こるみたい

記事を読む

NO IMAGE

リシアのアサド政権攻撃はトランプとプーチンの合作茶番劇!?

一部のリベラル達の間で、今回のトランプ政権によるシリアのアサド政権攻撃は、プーチンとトランプが企てた茶番だと言われています。トランプキャンペーンが、ロシアと共謀して選挙妨害をしたという疑惑を完全に払拭するためには、トランプ大統領が、プーチン・ロシアを攻撃する必要があると、一部のリベラルと民衆党下院議員が言っています。

記事を読む

NO IMAGE

サウジのパペットのネオコン vs. ロシアのパペットのトランプ

ネオコン達は、イラン・イラク戦争で疲弊しまくり、湾岸戦争で壊滅的な打撃を受け、その後のUN経済制裁と、度重なる空爆により、かろうじて国家としての体をなしていたイラクを屈服させるのに、5年の歳月と、2兆ドル、4432人の米兵が犠牲になった事をすっかり忘れてしまったようです。ロシア、イラン、北朝鮮は、2003年のイラクの

記事を読む

NO IMAGE

トランプはシリアの子供達のために第三次世界大戦を始める覚悟

イラクに侵略してサダム・フセインを葬り去ったブッシュを馬鹿呼ばわりしたトランプが、今度は自分がシリアに侵略して(実際もう侵略を始めている)アサドを葬る決意をしたみたいに伝えられていますが、アサド政権への攻撃は、ロシアへの宣戦布告を意味していることを、果たしてトランプ大統領が理解しているのかどうかを疑問視する人も散見され

記事を読む

NO IMAGE

アメリカと日本、先に医療制度が破綻するのはどっちか?

アメリカはオバマケア廃止法案が廃案になり、トランプ氏はオバマケアが破綻した後で、新しいトランプケアを作ると豪語しています。しかし、オバマケアが破綻した後で、新しい医療制度を確立するのは至難の業になるだろうと言われています。現実的なのは、オバマケアが破綻しないように修正を繰り返していくしかないと言われています。そもそも

記事を読む

NO IMAGE

【犯罪防止】ロボット・AIが人に優しい社会を作る【人件費削減】

近い将来、多くの職が、ロボットやAIに奪われると予測されています。実際、ロボットやAIがやった方が良い仕事はかなりあって、例えば、日本の場合、態度や素行が悪い公務員があまりにも多過ぎるので、可能な限り早い段階で、ロボット・AIに取って代わられるべきだという意見が多く見受けられ、人件費削減と犯罪防止にもなるみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

クーデター:トランプ政権を転覆させようとする連中がいるらしい!

非常に近い将来、ポール・ライアン氏とミッチ・マコーネル氏は、トランプ大統領に対して罷免か辞任かの2択を突き付けるだろうと、一部のリベラル達の間で噂になっています。そのリベラル達によると、最終的にトランプ氏は辞任に追い込まれ、意外とあっけないトランプ政権の幕引きになるだろうと予想していて、先行きをかなり楽観視しています。

記事を読む

スポンサーリンク