「 ダイエット 」一覧

NO IMAGE

飽和脂肪が動脈を詰まらせるという考えは間違い!?

飽和脂肪が動脈を詰まらせることで、冠状動脈性心臓病の原因になっているという、医者や大衆の間で、広く一般に信じられている考えが、明らかに間違っていると、British Journal of Sports Medicine誌でオンライン出版された論説の中で、専門家達が強く主張しています。血中脂質量と食物飽和脂肪を減らすこと

NO IMAGE

【ダイエット】メチオニン欠乏食と乳製品蛋白摂取が効果的【減量】

アメリカ国内に住む成人の3分の1以上が肥満だと見られている事から、研究者達は、肥満と2型糖尿病などの肥満に関連している健康上の問題を治療するための新しい方法を、目下、猛烈な勢いで探索しています。Experimental Biology 2017 meeting(EB 2017)は、肥満の原因への新たな洞察と、減量のため

NO IMAGE

心臓の健康:ボリビアのチマネ族は世界で最も血管年齢が若い!

The Lancet誌に掲載され、米国心臓病学会議でプレゼンされた研究によると、ボリビアアマゾンに住む採食者で園芸家集団のTsimane people(チマネ族の人々)は、現在までに報告されているあらゆる集団の中で血管年齢が最も若く、住民内の冠状動脈硬化症(動脈が硬くなる)が、アメリカ国内より5倍少ないという事です。

NO IMAGE

低グルテンダイエットがⅡ型糖尿病のリスクを増加させる!

米国心臓協会の疫病・予防/ライフスタイル・心血管代謝健康2017学術会議でプレゼンされた研究によると、グルテン摂取量を増やすことが、Ⅱ型糖尿病発症リスクの減少と関係している可能性があるとの事です。小麦、ライ麦、大麦に含まれる蛋白質グルテンは、焼き工程で弾力性を完成品に腰の強い質感をパンや他の焼き菓子に与えています。

NO IMAGE

心臓の健康維持は心臓にヘルシーな食事を摂るのが一番!

研究者達は、Journal of the American College of Cardiology誌に掲載された新しいレビューの中で、心臓病を減少させるための一番良い食事パターンについてのあいまいな状態に切り込む意図で、数々の栄養学研究を分析しました。今回の総評は、今ある論拠が、多くの果物、野菜、全粒粉、豆類

NO IMAGE

プレバイオティクス食品が睡眠改善とストレス解消に役立つ!

ここ数年、研究論文の多量の文書が、発酵食品や栄養補助食品に含まれる善玉菌、体に良い働きをする細菌の健康効果に光を当てています。現在、コロラド大学ボルダー校によるその種で初めての研究で、科学者達は、腸内善玉菌の餌であるプレバイオティクスと呼ばれている、あまり知られていない消化管健康プロモーターが、睡眠を向上させたり

NO IMAGE

【悲報】2型糖尿病の原因?バターはやっぱり体に悪い?

現在、一般人口用食事指針は、植物ベースダイエット(豆類、全粒粉シリアル、果物、野菜と木の実類に富んだ)と低動物系食品(赤肉やペストリーのような)にシフトしています。植物ベースの食事が健康的で、環境にも優しいことを示唆する証拠が増え続けています。国際的研究チームが、総・各種脂肪摂取量と2型糖尿病リスク間の関連性を評価し

NO IMAGE

グルテンフリーダイエットがヒ素や水銀等有害金属リスクを増す!

かつてカドミウムに汚染された米が原因で、イタイイタイ病という4大公害病の1つが発生した訳ですが、どうも米が健康を害する可能性があるみたいな感じです。日本でも 怪しいお米セシウムさんなんていう洒落にならない風評被害がありましたが、新しい研究で、米は有害金属を吸収しやすいので、あまり食べない方が良いと結論付けられています。

Page 1 of 3
1 2 3
スポンサーリンク