「 ブッシュ 」一覧

NO IMAGE

アレッポの悲劇はオバマ大統領のせいではない

2013年の段階で、オバマ大統領はシリア内戦に軍事介入すべきだったという、批判にも似た声が聞かれますが、オバマ大統領のシリア介入を躊躇させたのはプーチン氏だと言われています。あの段階でオバマ氏がアサド政権崩壊を目指して軍事介入していたら、間違いなく第三次世界大戦になっていたはずだという意見もあります。

NO IMAGE

トランプの親露政策(プーチン懐柔)が重大な危機を招く!?

トランプ氏がロシアとの関係改善を模索していることは、今や世界の常識になっていますが、そのトランプドクトリンを頓挫させようとしている勢力が台頭してきています。そもそも何故ロシアがアメリカの仮想敵国で有り続ける必要があるのか?トランプ氏はそこに大きな疑問を抱いたと言われています。敵はロシアではないという訳です。

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

NO IMAGE

史上最低レベルの戦いだったトランプvsクリントン

ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の戦いはまさにrace to the bottomで、近年稀に見る酷い選挙戦だったようです。クリントン氏の得票数は最終的に2012年のオバマ大統領のそれより500万票!も少なく、トランプ氏に至っては、史上最弱のマケイン/ペイリンチケット以下の得票率と言われています。

NO IMAGE

トランプ氏はやはりクリントン家のトロイの木馬だった!

トランプ氏の敗因はただ一つで、そしてそれは、アメリカという国の末期的な状態をも暗示してもいます。トランプ氏が、ラテン系不法移民を侮辱し続けたのが、氏の敗因なのは言うまでもありませんが、それは、ラテン系アメリカ人に媚びる事無しに、アメリカ大統領にはなれないという事を意味しています。

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙:トランプvsクリントン勝敗の行方

トランプ氏とマダム・セクレタリー・クリントン(クリントン元国務長官)の熾烈な争いが繰り広げられていますが、勝敗の行方は全く分かりません。クリントン女史優勢の声が多いような気もしますが、全く当てになりません。今回の選挙は事前調査も参考にならないと言われているので、勝負は蓋を開けるまで誰にも分かりません。

NO IMAGE

何故人は超常現象や非合理な物を信じてしまうのか?

予知・予言の類の超常現象、超能力、超心理学を信じるかどうかは、人間の能力をどこまで過信できるかにかかっています。人間の脳のパワーは凄いというのは多くの人が認めるところでしょうが、かと言って、全ての人間が凄いわけではありません。本当に脳力が凄い人間は全体の0.001%程度です。

NO IMAGE

アメリカ大統領選挙、トランプ現象と衆愚政治と独裁政権

トランプ氏の躍進は多くのアメリカ人に衝撃を与えています。トランプ氏の大統領選への出馬は悪い冗談でしかなく、メディアでも氏の立候補を真剣に受け取った人はほとんどいませんでした。トランプ氏が共和党代表予備選を勝ち抜く事を予想していたのは、恐らく、ほんの1人握りの識者、評論家、コメンテーターだけでした。

Page 2 of 4
1 2 3 4
スポンサーリンク