ロシア一覧

NO IMAGE

米空母機動部隊が朝鮮半島へ航行中!?北朝鮮攻撃間近?

アメリカの航空母艦(USS Carl Vinson)を含むstrike group(空母打撃軍)が、朝鮮半島へ向けて航行中らしく、ニュースメディアは、トランプ政権が北朝鮮への圧力を強める目的だろうと予測しています。軍事アナリストは、北朝鮮への攻撃は当面ないだろうと言っていますが、アメリカの全てのコメンテーターは、北朝鮮

記事を読む

NO IMAGE

シリア侵攻:全てはイスラエルとパレスチナの和平交渉のため!?

トランプ大統領の突然の豹変の背後には、氏が最も渇望している、イスラエルとパレスチナ間の和平協定樹立があったらしいです。この和平交渉を担当しているのが、トランプ氏の愛娘イヴァンカさんの夫、氏の義理の息子に当たる、ジャレッド・クシュナー氏で、トランプ大統領は、クシュナー氏の顔を潰さないためにも、絶対にイスラエルとパレスチナ

記事を読む

NO IMAGE

日本人は北朝鮮からのミサイル攻撃に本気で備えるべき

もし、万が一、愚かにも、トランプが、プーチンの承諾なしに(プーチンが承諾するとは思えませんが)シリアを攻撃した場合、日本人は、北朝鮮とロシアのミサイル攻撃に備える必要があるかもしれません。シリアのアサド政権への攻撃は、自動的に、イランとロシアに対する宣戦布告になるだけではなく、北朝鮮に日本の米軍に対する先制攻撃の口実を

記事を読む

NO IMAGE

トランプはシリアの子供達のために第三次世界大戦を始める覚悟

イラクに侵略してサダム・フセインを葬り去ったブッシュを馬鹿呼ばわりしたトランプが、今度は自分がシリアに侵略して(実際もう侵略を始めている)アサドを葬る決意をしたみたいに伝えられていますが、アサド政権への攻撃は、ロシアへの宣戦布告を意味していることを、果たしてトランプ大統領が理解しているのかどうかを疑問視する人も散見され

記事を読む

NO IMAGE

クーデター:トランプ政権を転覆させようとする連中がいるらしい!

非常に近い将来、ポール・ライアン氏とミッチ・マコーネル氏は、トランプ大統領に対して罷免か辞任かの2択を突き付けるだろうと、一部のリベラル達の間で噂になっています。そのリベラル達によると、最終的にトランプ氏は辞任に追い込まれ、意外とあっけないトランプ政権の幕引きになるだろうと予想していて、先行きをかなり楽観視しています。

記事を読む

NO IMAGE

ポストトランプ:トランプ大統領が罷免されるかもしれない!?

トランプ大統領の罷免が秒読み段階に入っていると、多くの反トランプリベラル達が息巻いています。中には、トランプ大統領とペンス副大統領のダブル罷免で、ポール・ライアン大統領が誕生するだろうといった、荒唐無稽の与太話を書き連ねているリベラルまでいる程です。トランプ大統領が抱えるロシア問題は、マイケル・フリン氏を解任しただけで

記事を読む

NO IMAGE

フリン氏がポーランドによる白ロシアへの侵略行為を調査中!?

トランプ氏の側近の1人、マイケル・フリン氏は、ロシアのプーチン氏の側近の1人でもあると揶揄されていますが、フリン氏の動きは注視しておく必要がありそうです。フリン氏とバノン氏が目指す新世界秩序では、ロシアはアメリカ陣営にいることになっているので、今後トランプ政権がどのようにして、議会を説得してロシアとの関係を改善していく

記事を読む

NO IMAGE

イラン・コントラのエリオット・エイブラムスが国務副長官に!?

イラン・コントラ事件で有罪判決を受け、中南米でカオスを引き起して何十万人もの犠牲者を出し、何十万人もの犠牲を出した2003年のイラクに対する侵略行為にも関わっていると言われている真性ネオコンのエリオット・エイブラムス氏が国務副長官に指名される可能性が高いようです。トランプ氏は反ネオコンだったはずなのですが、変ですね。

記事を読む

NO IMAGE

イラン戦争?トランプ大統領のイランに対する我慢が限界に近い

マイケル・フリン氏がイランに対して警告を発しました。トランプアメリカは、オバマアメリカとは違うと、イランに対する最後通告のようにも聞こえましたが、大統領就任からまだ2週間も経っていないのに、既に戦争準備に取り掛かっているようです。まぁ、フリン氏とマティス氏は筋金入りの反イランなので、何れ戦争になるとは思っていましたが、

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領は暴走するリベラリズムを止められるのか?

リベラリズムが世界を蝕んでいると批判されています。その暴走するリベラリズムを打破するためにトランプ大統領が誕生した訳ですが、早速、大統領権限がリベラルジャッジによってブロックされてしまい、これにはトランプ支持者達は怒り心頭です。逆に、リベラルは狂喜乱舞しています。トランプ大統領とリベラルの熾烈な戦いが始まっています。

記事を読む

スポンサーリンク