ロシア一覧

NO IMAGE

トランプの親露政策(プーチン懐柔)が重大な危機を招く!?

トランプ氏がロシアとの関係改善を模索していることは、今や世界の常識になっていますが、そのトランプドクトリンを頓挫させようとしている勢力が台頭してきています。そもそも何故ロシアがアメリカの仮想敵国で有り続ける必要があるのか?トランプ氏はそこに大きな疑問を抱いたと言われています。敵はロシアではないという訳です。

記事を読む

NO IMAGE

ロシアンコネクション、国務長官にレックス・ティラーソン氏?

トランプ氏が、次期国務長官にエクソンモービルのレックス・ティラーソン最高経営責任者を指名したっぽいです。今回の人事は、トランプ氏のプーチン氏への熱い意思表示だと言われています。トランプ氏のプーチン氏への恩返しとも言われていますが、あまりにも露骨過ぎるので、かなり問題視されそうです。

記事を読む

NO IMAGE

ギングリッチ、ペイリン、ジュリアーニがハブられた?

トランプ政権移行チームの間で、権力争いが勃発している事は前回お伝えしましたが、その争いが増々深刻化しているようです。ジュリアーニ氏が、次期国務長官のポストを巡るレースから撤退したことで、政権移行チームの力のバランスが、共和党主流派にかなり傾いていると危惧されています。トランプファンはかなりオコ状態です。

記事を読む

NO IMAGE

大失態!トランプ氏が台湾の蔡英文総統と電話会談

リベラルサイトが、トランプ氏の暴挙に大騒ぎしています。1979年以来の伝統をぶち破った事への怒りにも似た彼らの反応を見ていると、トランプ氏は...

記事を読む

NO IMAGE

正義、常識、トランプ氏が目指すアメリカとは何なのか?

例えば、ルーズベルト大統領は、日本やドイツに比べれば、ソ連の方がなんぼかましやろと考えたように、実際は日本よりもソ連の方がはるかに問題国家であったにもかかわらずにです、トランプ氏も、EUよりもロシアの方がまだましと考えているきらいがあり、EUがリベラル過ぎるのが、トランプ氏には気に入らないみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

反トランプデモ、トランプ氏は何故そこまで嫌われるのか?

反トランプデモが全米各地で繰り広げられ、徐々に勢いが増しているように思われます。彼らの言い分は、ヒラリー・クリントン氏がドナルド・トランプ氏よりも200万~250万票も多く得票するので、トランプ氏は大統領になるべきではないし、なる資質すら持ち合わせていないということみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

世界の命運を握るトランプ氏とプーチン氏の微妙な関係

今や一番の関心事は、トランプ氏とプーチン氏の関係が今後どうなるかで、二人の仲次第で、世界情勢は大きく変わってきます。今のところ、両者は関係修復に務める姿勢ではいるみたいですが、アメリカ軍関係者にトランプ氏と同じ考えを持つ人間はいないように思われます。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ革命、トランプ大統領の意味すること

トランプ大統領、あるいは、トランプ政権が何を意味するのか?これは世界の人々にとっての一番の懸念事項になっています。トランプ次期大統領は、アメリカファーストを掲げ、アメリカさえ良ければ、世界がどうなろうが、一切知ったこっちゃないという、孤立主義的なスタンスを取っています。

記事を読む

スポンサーリンク