中国一覧

NO IMAGE

アメリカによる北朝鮮攻撃はイラク戦争のように泥沼化する!?

ネット上では、アメリカが北朝鮮を攻撃した場合、世界中で北朝鮮工作員が行動に出ると言われていますが、本当にそうなったら大変なことになります。北朝鮮工作員によるテロ行為と言えば、1983年のラングーン事件、1987年の大韓航空機爆破事件が有名ですが、もし、戦争になった場合、こういった事が、日常茶飯事に世界中で起こるみたい

記事を読む

NO IMAGE

北朝鮮政権崩壊後の戦後処理で日本は相当の負担を強いられる

トランプ政権と中国の間で、北朝鮮政権交代後の戦後復興費用を、日本と韓国に分担させる密約が結ばれているという噂がありますが、恐らく、本当にそうなると思われます。戦後復興費用がなんぼになるかは分かりませんが、相当な額になることだけは確かなようです。アメリカと中国が美味しいところを全て掠め取る寸法のようです。日本は悲惨です。

記事を読む

NO IMAGE

中国人民解放軍が北朝鮮に進駐する可能性があるらしい

北朝鮮が核実験をした場合、中国は北朝鮮に対して、かつて前例のない懲罰を加える可能性があるようです。しかし、70年代にベトナムで懲罰戦争を起こして、屈辱的な大惨敗を喫している中国人民解放軍だけに、今回も北朝鮮軍に足(元)をすくわれないように気を付けてもらいたいものです。これで、日本へのミサイル攻撃の可能性はかなり低く

記事を読む

NO IMAGE

フェイクニュース?中国軍15万人が北朝鮮国境地帯に展開

多くのアメリカ人達がフェイクニュースだろうと一蹴していますが、中国軍が、アメリカの北朝鮮攻撃に備えて、北朝鮮との国境地帯に集結しているというニュースがあるみたいです。さらに、トランプ大統領が、既に、北朝鮮に対する攻撃作戦を立案するように指示を出しているという(フェイク?)ニュースもあり、近日中に何らかの動きがあるかも

記事を読む

NO IMAGE

サウジのパペットのネオコン vs. ロシアのパペットのトランプ

ネオコン達は、イラン・イラク戦争で疲弊しまくり、湾岸戦争で壊滅的な打撃を受け、その後のUN経済制裁と、度重なる空爆により、かろうじて国家としての体をなしていたイラクを屈服させるのに、5年の歳月と、2兆ドル、4432人の米兵が犠牲になった事をすっかり忘れてしまったようです。ロシア、イラン、北朝鮮は、2003年のイラクの

記事を読む

NO IMAGE

米空母機動部隊が朝鮮半島へ航行中!?北朝鮮攻撃間近?

アメリカの航空母艦(USS Carl Vinson)を含むstrike group(空母打撃軍)が、朝鮮半島へ向けて航行中らしく、ニュースメディアは、トランプ政権が北朝鮮への圧力を強める目的だろうと予測しています。軍事アナリストは、北朝鮮への攻撃は当面ないだろうと言っていますが、アメリカの全てのコメンテーターは、北朝鮮

記事を読む

NO IMAGE

日本人は北朝鮮からのミサイル攻撃に本気で備えるべき

もし、万が一、愚かにも、トランプが、プーチンの承諾なしに(プーチンが承諾するとは思えませんが)シリアを攻撃した場合、日本人は、北朝鮮とロシアのミサイル攻撃に備える必要があるかもしれません。シリアのアサド政権への攻撃は、自動的に、イランとロシアに対する宣戦布告になるだけではなく、北朝鮮に日本の米軍に対する先制攻撃の口実を

記事を読む

NO IMAGE

イラン戦争?トランプ大統領のイランに対する我慢が限界に近い

マイケル・フリン氏がイランに対して警告を発しました。トランプアメリカは、オバマアメリカとは違うと、イランに対する最後通告のようにも聞こえましたが、大統領就任からまだ2週間も経っていないのに、既に戦争準備に取り掛かっているようです。まぁ、フリン氏とマティス氏は筋金入りの反イランなので、何れ戦争になるとは思っていましたが、

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領は暴走するリベラリズムを止められるのか?

リベラリズムが世界を蝕んでいると批判されています。その暴走するリベラリズムを打破するためにトランプ大統領が誕生した訳ですが、早速、大統領権限がリベラルジャッジによってブロックされてしまい、これにはトランプ支持者達は怒り心頭です。逆に、リベラルは狂喜乱舞しています。トランプ大統領とリベラルの熾烈な戦いが始まっています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ政権が今後確実に迎えることになる3つの頭痛の種

トランプ政権で誰が実権を握っているのか?就任演説のほとんどをバノン氏が書いたと言われているように、スティーブ・バノン氏の影響が大きい事は確かなようです。問題の enhanced interrogation techniques(強化尋問テク)は、フリン氏が背後にいるらしいので、2人の影響が大きいと見られています。

記事を読む

スポンサーリンク