「 人工知能 」一覧

NO IMAGE

【犯罪防止】ロボット・AIが人に優しい社会を作る【人件費削減】

近い将来、多くの職が、ロボットやAIに奪われると予測されています。実際、ロボットやAIがやった方が良い仕事はかなりあって、例えば、日本の場合、態度や素行が悪い公務員があまりにも多過ぎるので、可能な限り早い段階で、ロボット・AIに取って代わられるべきだという意見が多く見受けられ、人件費削減と犯罪防止にもなるみたいです。

NO IMAGE

人工知能(深層学習)を駆使した株式投資手法が今後の主流になる

フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルク(FAU)ビジネス経済学部の研究者達によって実施された研究が、アルゴリズムが人工知能を基礎にしているコンピュータプログラムが、収益率が高い投資決定をできることを証明しています。1992年から2015年までのS&P 500構成銘柄に適用した場合、人工知能による

NO IMAGE

熱力学的にニューラルネットワークの学習アルゴを作り出す

脳がどの程度効率的に新しい事を学べるのかを調査中に、物理学者達は、学習効率は、最終的に、他の多くの馴染み深いプロセスの効率性を制限している同じ原則の、熱力学の法則によって制限されていることを、ニューロンレベルで明らかにしています。第2法則は、変化が可能な事を証明し、学習も、エネルギーを代償にした神経回路網のただの変化に

NO IMAGE

脳の可塑性に関与しているシナプスは少ない

カリフォルニア大学サンタバーバラ校神経科学者ケネス・S. コシク氏は、脳の研究を数十年しています。彼の神経生物学研究室は、ニューロンを繋ぐシナプスの進化とアルツハイマー病の遺伝学に焦点を当てています。特に、コシク氏チームは、可塑性の根底にある分子機序とシナプスのタンパク質翻訳が学習に影響する仕組みに関心があります。

NO IMAGE

機械学習で2次元材料の予測モデリング構築

機械学習は、データ中のパターンをコンピュータに学習をさせて、新しい予測をさせる事に焦点を当てた分野で、医者がより正確に病気を診断したり、株式アナリストが金融市場の浮き沈みを予測する手助けをしています。今回、材料科学者達が、新材料の発見・開発を加速させる、機械学習用の有力な活用法を新たに開拓しています。

NO IMAGE

量子コンピュータ、窒素欠陥ドープナノダイヤモンド

ノースカロライナ州立大学の研究者が、室温量子計算技術分野で部品として使える可能性がある、幅が4~8ナノメートルしかない、窒素欠陥ドープ単結晶ナノダイヤモンドを作るための新しいテクニックを考案したそうです。こういったドープダイヤモンドは、単一光子センサーや無毒蛍光バイオマーカーにも使えるかもしれません。

NO IMAGE

人工知能はユーモア(皮肉)を理解できるのか?

人工知能が人間らしくなるには、人間の感情を模倣できなくてはなりません。わざわざ不完全な人間の脳を完璧に真似る必要はないと思うのですが、ただ、笑いのセンスはあった方がいいのかもしれません。人工知能コメディアンとかいれば面白いし、AIにギャグを考えさせるのも乙なものです。

NO IMAGE

AI革命、人工知能はどう利用されるべきなのか?

ワトソンやアルファ碁など、ハイテク産業は史上空前の人工知能ブームですが、今後もこの流れが続くことは間違いありません。世界中の巨大企業が人工知能ブームに乗り遅れまいとして四苦八苦していますが、軍事技術等にもAIを組み込むことを目指し、国単位でも切磋琢磨しているので、主導権争いは熾烈なものになっています。

Page 1 of 2
1 2
スポンサーリンク