「 健康 」一覧

NO IMAGE

ナノ粒子を吸い込むと肺から血流に入って心臓病を引き起こす!

大気汚染において、空気中を浮遊している微小ナノ粒子が、早世をもたらす可能性がある心臓病と関連付けられています。しかし、肺の中へ吸い込まれた粒子が、どのようにして血管と心臓に影響を与えているのかは、これまで謎のままでした。現在、科学者達は、吸い込まれたナノ粒子が、肺から血流へ移動できることを、人と動物の研究の中で証拠を

NO IMAGE

ミトコンドリアカルシウム交換が心臓機能に非常に重要

科学者達は、細胞の発電所のミトコンドリアへのカルシウム輸送が、心仕事量(エネルギー生産による心臓のポンプ運動の程度)に関連している重要なシグナルであると、長い間考えてきています。テンプル大学ルイス・カッツ医学部(LKSOM)と他の研究機関での研究が、ストレスを受けている間のこの経路の重要性を明らかにしていますが、彼らは

NO IMAGE

飽和脂肪が動脈を詰まらせるという考えは間違い!?

飽和脂肪が動脈を詰まらせることで、冠状動脈性心臓病の原因になっているという、医者や大衆の間で、広く一般に信じられている考えが、明らかに間違っていると、British Journal of Sports Medicine誌でオンライン出版された論説の中で、専門家達が強く主張しています。血中脂質量と食物飽和脂肪を減らすこと

NO IMAGE

腸内細菌が人が何を食べるかを脳に司令を出して決めていた!

神経科学者は、初めて、腸内細菌が、動物の食べ物の選択をコントロールするために、脳に話し掛けることを明らかにしています。オープンアクセスジャーナルPLOS Biologyに掲載された研究の中で、研究者達は、動物の食事選択に大きな影響を与えている、2種類の細菌を同定しました。今回の研究は、カルロス・リベイロと、ポルトガルの

NO IMAGE

ルッコラの葉に含まれる抗癌物質は経時的に増加していく

rocket salad leave(ルッコラの葉)に含まれる抗腫瘍化合物が、収穫後貯蔵期間中に増加することが発見され、栄養素含有量が、商用加工中に減るという考えに反駁しています。レディング大学の食品科学者達は、前立腺癌や消化管癌を含むがん種に対する抗がん性を有するイソチオシアネート(isothiocyanates

NO IMAGE

【ダイエット】メチオニン欠乏食と乳製品蛋白摂取が効果的【減量】

アメリカ国内に住む成人の3分の1以上が肥満だと見られている事から、研究者達は、肥満と2型糖尿病などの肥満に関連している健康上の問題を治療するための新しい方法を、目下、猛烈な勢いで探索しています。Experimental Biology 2017 meeting(EB 2017)は、肥満の原因への新たな洞察と、減量のため

NO IMAGE

乾燥ブラム(ドライプルーン)が大腸がんを予防してくれる!

ガン治療は、ここ数年、ますます巧妙かつ個別化(患者の遺伝体質に合わせた医療)してきていますが、そういった医療技術の絶え間ない進歩にもかかわらず、その忌まわしい憎き癌は、アメリカにおいては、2番目に多くの犠牲者を毎年出し続けています。研究者達は、がんの早期発見とより効果的な癌療法を求めて

NO IMAGE

ダークチョコに抗老化作用、シナモンに血糖値抑制作用

Experimental Biology 2017 meetingで、いくつかの画期的な食品に関する栄養学、生理化学上の研究が発表されたようです。人が普段何気なく食べる物が、どのようにして人体に影響を与えているのか、そして、人は何故に特定の食べ物の選択をするのかという事に関する、今回の新しい発見の数々が、健康的な食品の

NO IMAGE

ひまわりの種にアフラトキシン毒が含まれるケースが多いらしい

ミシガン州立大学の研究者達は、ひまわりの種が、高頻度でカビによって産生される毒素で汚染されていて、多くの低所得国家において健康リスクへの脅威になっています。PLoS ONEの最新号の中で、研究チームは、とうもろこし、ピーナッツ、ピスタチオ、アーモンドによく感染するAspergillus molds(アスペルギルス属カビ

NO IMAGE

オメガ3脂肪酸のDHAが損傷脳細胞と網膜細胞を保護・修復する

ルイジアナ州立大学医学部神経科学センターディレクターのニコラス・バザン博士率いる研究チームが、DHAから作られるシグナル伝達分子のNDP1が、有害なフリーラジカルと脳と網膜の損傷に対する防御タンパク質の生成を誘発できる事を、初めて明らかにしています。虚血性脳梗塞とhuman retinal pigment

Page 1 of 27
1 2 3 27
スポンサーリンク