「 健康 」一覧

NO IMAGE

非必須アミノ酸の非摂取で癌の予防と進行遅延が可能!

ネズミの餌からある特定のアミノ酸(タンパク質の構成要素)を取り除くことで、腫瘍成長を遅らせて、寿命を引き延ばせる事が、ネイチャー誌に掲載された新しい研究が示しています。英国ビートソンがん研究所(Beatson Institute for Cancer Research)とグラスゴー大学の研究者達は、2種類の

NO IMAGE

ビートルート(ビート根)ジュースが年寄りの脳を活性化させる

運動前にビート根ジュースサプリを飲むことが、高齢者の脳を若者の脳のように、より効率的に機能させるという新しい研究結果が、ウェイクフォレスト大学の研究者達によって報告されています。今回の研究の共著者W. Jack Rejeski(W・ジャック・レジェスキー)は、”運動が脳にプラス効果を与える事を証明する多くの研究がある

NO IMAGE

亜鉛不足が心臓病や他にも色々な疾患の原因になっている!

人体にとって必要不可欠の代謝機能に加えて、体内の亜鉛レベルは、心筋にも大きな影響を与えています。酸化ストレスが起きるのは亜鉛不足のせいであるとも言われていて、その事は心筋を調べる事で判定できます。ミュンヘン工科大学(Technical University of Munich、TUM) の新しい研究が、体内の総亜鉛量と

NO IMAGE

褐色脂肪とTRPM8/TRPP3が糖尿病と肥満の画期的治療法の鍵

The FASEB Journalにオンライン掲載された研究によると、研究者達が、代謝促進褐色脂肪組織(BAT、善玉脂肪)の量を、潜在的な治療標的としてBAT細胞の2つの受容体を使用することで増やす方法を発見したみたいです。TRPM8とTRPP3の両レセプターは、人のBATの生成と関連していて、ある種の食品によって活性

NO IMAGE

STAT5活性化阻害剤が白血病の新しい有効な治療法になる

白血病を高精度で予測可能なタンパク質シグネチャーの発見は、主要な小児がんの新しい治療法につながる可能性があると、白血病を引き起こす不均衡の原因になる特定タンパク質間の競合を明らかにしている新しい研究が示唆しています。Nature Immunology誌に掲載された新たな研究が、STAT5(シグナル伝達性転写因子5)

NO IMAGE

更年期障害の典型症状のホットフラッシュが心臓病の兆候!?

更年期障害の最も一般的な症状の1つであるホットフラッシュは、以前から、女性の全般的な生活の質を著しく貶めていますが、新しい研究が、特に、若い中年女性(40~53歳)にとって、頻繁に起こる一過性熱感が、心臓病を引き起こす血管機能不全が生じている事を知らせている可能性があることを明らかにしています。本研究結果は

NO IMAGE

若白髪:男の白髪は心臓病リスクと密接にリンクしている!?

男性の白髪が、恐ろしい心臓病とリンクしている可能性があるそうです。若白髪とか、見るからにやばそうな気もしますが、白髪が深刻な病気と関連している可能性があるという、今回の新発見は、ある意味、かなりの衝撃ではあります。確かに、多くの若い男にとって、白髪は禿と並ぶ、2大髪の毛障害であると言え、こういった髪の毛の障害に悩む世の

NO IMAGE

メタボ腹:脇腹の贅肉はとにかく危険!肥満は運動で解消すべき

ここ数十年、アメリカ人の胴回りが増大し続け、心配の種になっています。フロリダ・アトランティック大学チャールズ・E・シュミット医学部の研究者達は、Ⅱ型糖尿病の前兆である、腹部肥満、高トリグリセリド、高血圧、異常脂質、インスリン耐性のうち、3つ以上の危険因子を含むメタボリックシンドローム(代謝症候群)が、1970年代の

NO IMAGE

睡眠は量も質も両方大切!熟睡する事が若さを保つ秘訣らしい

人が年を取ると、若い頃には当たり前だった、深い、回復を促進する眠りにつく能力を失うことで、夜間に、眠れなくなったり、トイレの回数が増えたり、他にも色々と睡眠を妨害する事が増えますが、UCバークレーの研究者達によると、だからと言って、老人に長い睡眠が必要ないというわけではないようで、彼らは、Neuron誌に掲載された研究

Page 2 of 27
1 2 3 4 27
スポンサーリンク