健康一覧

NO IMAGE

超衝撃的事実!世界の貧困層の過半数は子供達だった!!

オックスフォード大学による、世界的な貧困に関する新しい研究が、国連の子供の貧困をなくすための新しい持続可能な開発目標が直面する課題の大きさを暴露しています。103カ国に及ぶ低・中所得国の調査が、子どもは総人口の34%を構成している一方で、48%の貧困層を占めていることが、健康、教育、生活水準の喪失度合いを評価している

記事を読む

NO IMAGE

【カフェ】女性がお茶(紅茶や緑茶、抹茶)を飲むとがん予防になる

エピジェネティック変化(後成的変化)は、人遺伝子をオン・オフしている化学修飾です。ウプサラ大学の新しい研究の中で、研究者達は、女性がお茶(紅茶や緑茶)を飲む事が、癌とエストロゲン代謝と相互に作用している事で知られている遺伝子において、後成的変化を引き起こすことを明らかにしています。本研究結果は、

記事を読む

NO IMAGE

グルコース(ブドウ糖)がヒトの免疫機能を高めて癌を予防してくれる

一般的に単糖(ショ糖)と言われるグルコース(ブドウ糖)が、実際には、がんや炎症性疾患に対抗するのに非常に重要であることが、腫瘍や感染症に対抗するために、最前線で戦う細胞を刺激するという、ブドウ糖が持つ新しい役割の発見によって、今回明らかになっています。糖質制限ががん患者の癌の進行を遅らせるといった研究もいくつかあります

記事を読む

NO IMAGE

【スキンケア】メチレンブルーが肌のシミやしわを消す!?【美白】

メリーランド大学による新しい研究が、広く使われていて、安価・安全の化学物質が、人の肌の老化進行速度を落とせる可能性を示唆しています。研究者たちは、メチレンブルーと呼ばれている抗酸化物質が、培養されたヒト皮膚細胞と、シミュレートされた皮膚組織を使ってテストされた時、いくつかの良く知られた肌老化の兆候を遅くしたり反転させた

記事を読む

NO IMAGE

デブな子供は大人になるとさまざまな病気を患いやすくなる

幼少期の肥満(子供時代に太り過ぎると)が、成人に至るまでの長い期間にわたり、健康へ影響を与え続ける事を、Obesity Reviews誌に掲載された新しい研究が明らかにしています。18の研究の30万人以上の参加者達から収集したデータを精査し、サリー大学の研究者達は、子供時代に太っていた参加者達の動脈へのダメージが大きい

記事を読む

NO IMAGE

夢による早期の脳疾患(パーキンソン病や認知症)の新診断法

トロント大学のジョン・ピーバー博士は、人類の永遠の疑問の1つである、夢を見る仕組みの答えを見つけ出すための研究を続けていました。彼は、脳の特定部位がこの現象に関与していることと、正常な夢を見れないことが、パーキンソン病等の病気の初期症状の可能性があることを発見しています。彼の発見は、本年のカナダ神経科学会議でプレゼン

記事を読む

NO IMAGE

癌治療最前線、がんの進行速度を遅くする画期的療法

癌は非常に複雑な病気ですが、その定義は非常に単純で、細胞の制御不能の異常増殖となっています。ロチェスター大学RNA生物学センターの研究者達は、あらゆるタイプの癌の特徴である細胞の異常増殖を遅くできる可能性がある新しい方法を同定しています。サイエンス誌に掲載され、米国立衛生研究所による資金援助を受けている今回の発見は

記事を読む

NO IMAGE

ダークチョコレートを適量食べて心房細動(不整脈)を予防しよう!

控えめな量のチョコレートを日常的に食べる事が、一般的で非常に危険な不整脈である、心房細動(atrial fibrillation, AF)と診断される危険性の大幅な低減と関係している事が、ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院とデンマークの研究者達主導の、デンマーク国内の男女の大規模な研究の中で明らかになっています。

記事を読む

NO IMAGE

【骨軟化症】ビタミンDサプリに超驚くべき効果が!【骨粗鬆症】

ビタミンDが不足すると、骨が弱くなったり、鬱になったりと、心身ともにさまざまな健康障害を引き起こすことが知られていますが、ビタミンDに骨強化やうつ症状緩和以外にも、驚くべき効能があることが発見されたようです。ビタミンDは今の季節はチョロっと外出(10分程度)するだけで簡単に1日の推奨必須用量を獲得できるのですが、冬場は

記事を読む

NO IMAGE

夏の代名詞のダイエット(減量)に絶食が非効率な理由が明らかに!

ネズミを使って行われた研究が、ダイエットが、非効率な減量法である理由を説明するのに役立つかもしれません。その研究は、鍵となる脳細胞が、食料不足の時に、人がカロリーを消費するのを抑止するためのトリガーの役目を果たしていることを明らかにしています。”体重を減らすための方法は、ほとんどの場合、身体がサーモスタットのように機能

記事を読む

スポンサーリンク