健康一覧

NO IMAGE

男性ホルモンのアンドロゲンで細胞が若返る!?

男性ホルモンの1つであるandrogen(アンドロゲン)で細胞の老化を逆行させる事ができるみたいな感じですが、あくまでも可能性の話みたいです。将来的には若返りとか、不老不死のようなことが可能になるのでしょうが(数百年後)、今のところは老化は防ぎようがありません。

記事を読む

NO IMAGE

ポッコリお腹、下腹ぽっこり、中年太り必見!腹を平にする食事

ポッコリお腹、肥満腹、下腹ぼっこり、脇腹の贅肉、海水浴の時期でもあり、お腹の贅肉が気になる季節ですが、食事を気を付けることで、お腹の脂肪とお別れ出来るそうです。おっさん、おばさん腹と言われる、中年太りの象徴である、脂肪腹とおさらばしましょう。

記事を読む

NO IMAGE

微小針で痛みを感じない治療や検査が可能になるかも!?

毎年の採血検査を嫌う日本人は多いはずです。太い針を腕にぶっ刺すわけですが、痛いなんてもんじゃありません。私が子供の頃に、私が大人になる頃には、無痛採血が主流になっているなんて言われていたもんですが、全くのデタラメで世迷い言だった事が証明済みです。

記事を読む

NO IMAGE

スーパーフード、Beetroot(ビーツ、カエンサイ、テーブルビート)

Beetroot(ビーツ、火焔菜)は、赤かぶにに似ていますが、カブではなく(カブはアブラナ科アブラナ属)、ヒユ科アカザ亜科の野菜で、甜菜(砂糖大根)の仲間です。なので、当然非常に甘い野菜です。さらに、ほうれん草の仲間でもあるので、葉っぱの味がほうれん草に似ています。

記事を読む

NO IMAGE

ブロッコリーが真のスーパーフードの王様なのか?

スーパーフードは雨後の筍のように次から次へと新しいのがボコボコ出て来ますが、何が1番健康に良いのか、あるいは、本当のスーパーフードは何なのかは誰にも分かりません。スーパーフードという言葉自体を嫌う人が多いし、スーパーフードと宣伝すれば、消費者が多少高値でも飛び付くので、言葉だけが一人歩きしているのも確かです。

記事を読む

NO IMAGE

スーパーフード、Pesto(ペストジェノベーゼ)と全粒粉パスタ

Pesto(ペスト)はスーパーフードと呼べる逸品です。全粒粉パスタに絡めて食べれば、最高の健康食になります。カラーピーマン(パブリカ)、ブロッコリー、ズッキニー、トマト、ナス等を付け合わせれば完璧です。もちろんペストは手作りです。バジルの葉さえ入手できれば、比較的簡単に自家製ペストが完成します。

記事を読む

NO IMAGE

白茶、人参芋、世界一健康的なハンバーガーサンド!?

世界で最も体に良さ気なハンバーガーが作られたそうです。バーガーと言うと、ファストフードのイメージがあって、健康的とは言えない食べ物ではありますが、作り方次第では超健康的になるようです。中身がビーフハンバーグ、ベーコン、卵とかだと、確かに体に良いような感じはしませんが、野菜・フルーツなら健康的です。

記事を読む

NO IMAGE

ゴキブリミルク(ゴキミルク)が次世代のスーパーフード!?

ゴキミルク(ゴキ乳)が将来的にスーパーフードになる可能性があるみたいです。スーパーフードブームも遂にここまで来たかと言った感がします。ゴキブリというどこにでもいる昆虫がスーパーフードになるなら、これほどコスパ最強なスーパーフードはないでしょう。

記事を読む

NO IMAGE

2種の植物性化合物の組み合わせが結腸がんに有効

セントルイス大学の研究によると、2種類の植物から抽出された植物性化合物のコンビネーションが、colon cancer(結腸癌)に効果的であることを突き止めたという事です。植物というのは本当に偉大というしかありません。人間が悪ガキやろくでなし亭主だとしたら、植物は良妻賢母なのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

何故人は年を取って劣化するのか?(老化してしまうのか?)

誰もが子供の頃は早く大人になりたい(早く年を取りたい)と願うものですが、いざ大人になってみると、もっと子供でいたかったと後悔の念に苛まれます。時間は残酷とは良く言ったもので、本当にその通りです。人の傷は時間が癒やしてくれますが、時間は若さを奪ってもいきます。年を取ると体にガタが来るのが1番辛いです。

記事を読む

スポンサーリンク