移民一覧

NO IMAGE

モラルとは、理性的であることが道徳的なのか?

自然淘汰による進化論は、擁護派の論拠が、論理的な推論と科学的な証拠によって裏付けられているのに対し、否定派は根拠が全くなく、特定の信仰の正当性に疑問が投げかけられている、数例ある社会的論争の一つです。特定の宗教的観点からは、進化論は受け入れられないし、宗教より科学な人は進化論を簡単に受け入れられます。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

NO IMAGE

日本は移民政策を真剣に考える時に来ている

日本は移民を受け入れるか、没落への道を選ぶかの2択を迫られているとよく言われますが、個人的には、移民云々の前にワープア若年層の支援をすべきで、その気がゼロなら移民受け入れしかないと思っています。どっちもしない場合、2030年までにこの国は相当悲惨なことになっているだろうと悲観的な予想がなされています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏、ジェフ・セッションズ氏を司法長官に抜擢!

アラバマ州選出上院議員のジェフ・セッションズ氏は、国務長官か国防長官と言われていましたが、司法長官に任命されました。個人的にはAGはテッド・クルーズ氏が適任と思っていたので、非常に残念ですが、テッド・クルーズ氏が連邦最高裁判事に指名されなければ、納得いかないクルーズ支持者が多いのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

世界大恐慌:トランプ氏は本当にフーバー大統領なのか?

トランプ氏は以前からフーバー大統領に擬えられていましたが、もし、トランプ氏が、本当にフーバー大統領だとしたら、世界大恐慌が起こります。トランプ氏が大統領になろうがなるまいが、来年世界の株価は大暴落するだろうと予想されていました。トランプ大統領誕生でその確率がさらに高まったと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

凋落著しい日本の取るべき道は内需拡大しかない

日本はレーガン政権時代から内需拡大をしろと延々と言われ続けてきましたが、内需を拡大することは全くできませんでした。日本が欧米のようにGDPを成長維持できなかったのは、国内消費が伸び悩んだからで、その最大の理由は少子化にあります。欧米諸国は少子化を移民で賄い、移民の旺盛な繁殖力で、経済成長をかろうじて維持しています。

記事を読む

NO IMAGE

アメリカ次期大統領、トランプ氏から学ぶ人生成功の哲学

トランプ氏が大統領に当選できたのは奇跡どころの話ではありません。宝くじバラ10枚買ってそれが全部1等当選するみたいな確率です。トランプ氏は、あしたのジョーの主人公の矢吹丈のように、不可能を可能にする男と言えます。

記事を読む

NO IMAGE

慢心、環境の違い、ヒラリー氏は何故敗れたのか?

最終的にヒラリー・クリントン氏は10ポイント近い差をつけて、ドナルド・トランプ氏に圧勝すると見られていました。フロリダ州やノースカロライナ州どころか、アリゾナ州やジョージア州もヒラリー氏が取るだろうと予想していた識者もいたほどです。それが蓋を開けてみれば、クリントン氏の敗北という大どんでん返しです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ氏はやはりクリントン家のトロイの木馬だった!

トランプ氏の敗因はただ一つで、そしてそれは、アメリカという国の末期的な状態をも暗示してもいます。トランプ氏が、ラテン系不法移民を侮辱し続けたのが、氏の敗因なのは言うまでもありませんが、それは、ラテン系アメリカ人に媚びる事無しに、アメリカ大統領にはなれないという事を意味しています。

記事を読む

NO IMAGE

クリントン氏楽勝?トランプ氏に奇跡が起こる?

現在ヒラリー・クリントン元国務長官の楽勝予想が圧倒的ですが、ドナルド・トランプ氏に奇跡が起きる可能性もまだ残っています。トランプ氏が勝つためには、フロリダ州とノースカロライナ州で勝利し、コロラド州を取るか、あるいは、メイン州とニューハンプシャー州で勝利するしかありません。ほぼ無理ゲーです。

記事を読む

スポンサーリンク