量子コンピュータ一覧

NO IMAGE

グラフェン・窒化ホウ素サンドウイッチ構造量子ビット(キュービット)

本物の量子コンピュータを作り出すための、ますます熾烈化する国際競争の中で、多くの関連プロジェクトが、システムの周囲環境によって、容易に影響を受けない事を意味する、非常に安定性の高いキュービット (量子ビット)を作り出す方法を、あれこれ模索しています。このことには、通常、極低温で機能可能な非線形性が高い、非散逸性の構成

記事を読む

NO IMAGE

電気をほぼ光速で導電可能な新奇の2次元量子材料!

カリフォルニア大学アーバイン校と他の研究機関の物理学者達が、次世代の量子コンピュータや最先端エレクトロニクスの構築部品になる画期的な電気・磁気属性を持った、新しい2次元量子材料を作り出しています。今月、Nature、Science Advances、Nature Materials誌にそれぞれ掲載された3つの研究の中で

記事を読む

NO IMAGE

αスズ(灰色スズ)がトポロジカルディラック半金属特性を発現!

一般的に灰色スズと呼ばれているαスズが、その結晶構造に負荷をかけられると、トポロジカルディラック半金属(TDSs)と呼ばれる非常にまれな新しいクラスの3次元物質に特有な、新奇な電子祖を発現するいう驚くべき発見をしています。現在までに、TDS材は、2013年に発見されたばかりのを含め、たったの2つしか知られていません。

記事を読む

NO IMAGE

【犯罪防止】ロボット・AIが人に優しい社会を作る【人件費削減】

近い将来、多くの職が、ロボットやAIに奪われると予測されています。実際、ロボットやAIがやった方が良い仕事はかなりあって、例えば、日本の場合、態度や素行が悪い公務員があまりにも多過ぎるので、可能な限り早い段階で、ロボット・AIに取って代わられるべきだという意見が多く見受けられ、人件費削減と犯罪防止にもなるみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

IBMが世界最小サイズ(原子1個分)の磁石の開発に成功!

IBMのサンノゼ研究施設で働く研究者の国際チームが、単一原子で作られた世界最小の磁石を開発したことを最近公表しています。Nature誌に掲載された彼らの研究論文の中で、そのチームは、彼らの偉業を、古典的な手法を使った磁気記憶メディアのサイズ縮小における、究極的限界と表現していて、単一ビットデータ保存用にその微小磁石が

記事を読む

NO IMAGE

ペロブスカイト強誘電体の分極安定状態を利用した多値ロジック

Nature Scientific Reports誌に掲載された研究が、高効率な情報処理を可能にしてくれている現在の計算システムを構成している単純な1と0を超越した、多値ロジックを使った情報処理に強誘電体を利用している、理論マップを提示しています。コンピューター言語は、はいといいえを意味している、0と1のたった2つの

記事を読む

NO IMAGE

カイラル量子光学:光コンピュータと量子コンピュータの未来

最近、驚くべき物理的影響が、特殊な微視的光導波路を使って観測されています。そういったフォトニック構造は、現在、オプティクスとフォトニクスの分野で革命をもたらしていて、カイラル量子光学のための新しい研究領域を開拓しています。光は伝播する方向と直角(横断)に振動しています。しかし、専門家達の間では

記事を読む

NO IMAGE

オンチップブラックホール?チップ上に人工ブラックホールを実現

理論物理学者のチームが、電子チップ上でブラックホールをシミュレートする方法を提唱しています。加えて、この研究室製ブラックホール作成用技術が、量子技術用にも転用できる可能性があります。チリ大学、Cedenna、アイントホーフェン工科大学、ユトレヒト大学、FOMの研究者達は、彼等の研究結果を

記事を読む

NO IMAGE

歪駆動圧電性窒化アルミニウムNVセンターキュービット

量子ビットまたはキュービットの奇妙な性質を利用することでコンピュータ演算に革命をもたらしてくれる、有力な次世代技術である量子コンピュータ。キュービットは、古典的コンピュータの0や1のビットに相応する量子類似物です。キュービットとして機能できる物質を人工的に作り出すことは、技術的に困難です。

記事を読む

NO IMAGE

機械学習とビッグデータが未来を予測し量子ビットの寿命を延ばす!

シドニー大学の科学者達が、量子技術の奇妙で強力な世界を実現に近付けるのに役立つ可能性がある重要な功績において、量子系の未来を探れることを実証し、先手を打ってそれらの崩壊を阻止するためにその知見を利用したとの事です。量子が可能にする技術の応用が人を引き付け、特に、センシングと度量衡学の領域で既に重大な影響をみせています。

記事を読む

スポンサーリンク