hindsight is always 20/20, Monday-morning quarterback 意味 語源

hindsight is always 20/20 と Monday-morning quarterback の意味について調べてみました。辞書的な意味は、hindsight (事後の物事の判断、後知恵)は、always (常に)視力(visual acuity)が20/20です。20/20は(perfect or normal vision)のことで、日本でいうところの1.0(正視)、後知恵は良く見える、結果が分かっていたら誰でも何とでも言えるといったような意味合いになります。

Monday-morning quarterbackもこれと同じような意味で、アメフトは日曜日に試合が行われる事が多いことから、試合結果が既に分かっている翌日の Monday-morning (月曜日の朝)に、クォーターバック(司令塔)気取りで結果論をあれこれ言っても無意味という意味合いになります。

a little, little, a few, few, lots of, a lot of, many, much の意味と違い
a little, little, a few, fewとa lot of, lots of, many, muchを使う時に気を付けることは、lots ofはインフォーマル過ぎるので会話以外ではあまり使わない。a lot ofも厳格なフォーマル英語が要求される場面では使用は避けた方がいい。それと、much, little, a little (不可算名詞)、many, few, a few(可算名詞)ということです。
スポンサーリンク
視力の事が気になったので、ついでに調べて見ることにしました。例えば、20/10なら視力2.0、最初の20は20 feet(acuity chartからの距離)、10は正常な視力(20/20)の人が全てのチャートを認識出来る距離を意味しています。メートル法なら6/6っていう事になります。20/10は、正常な視力(20/20)の人が10 feetで認識できるチャートを倍の20 feetから認識できるという事になるので、distance visual acuity(遠方視力)が良いという事になります。これは遠視とは違うみたいで、遠視とは遠くの物も、近くの物も良く見えない状態を言うそうです(知りませんでした)。近視の場合は近くの物は良く見えるのですが、遠くの物は見え難い状態のことを言うようです。特に、”When a person has 20/200 distance acuity…”、この意味が理解不能でかなり悩みました。

20/200は、視力0.1の事なんだろうと予想は付くのですが、何でこれが distance (visual) acuity (遠方視力)なの?みたいな疑問が湧いてきます。というのも、近視じゃないの?と思うからです。そもそも、distance (far) acuity (遠方視力) と farsightedness (hyperopia)(遠視)、 near acuity (近法視力) と nearsightedness (myopia)(近視) の違いは何なのか?という話で、この違いを理解するのにかなり手間取ってしまいました。”The larger the second number, the more reduced the distance acuity a person has.”となっていて、つまり、20/200の人の場合は、遠方視力がかなり落ちている人で、”When a person has 20/200 distance acuity…”の意味は、かなり悪い遠方視力を持った人みたいな意味になる理解しました。遠方視力が悪い=近視という結論に達しました。20/200の遠方視力が落ちている人は近視ということになります。

woo, woohoo, woo-woo, woo girl 意味
woof:ウー(犬のうなり声)、bow-wow(bowwow):わんわん(犬の吠える声)はオノマトペ(擬音語)ですが、wow:うわぁー!, すごい! ワオ!は間投詞です。今日は、wowに似たwooにもそのような使い方があるのかどうか、さらに、woohoo, woo-woo, woo girlの意味も調べてみました。woohoo (woo-hoo)には非常にデリケートな意味も存在するので特に注意が必要です。

参考サイト:Visual Impairment: An Overview

Visual acuity refers to the clarity with which one sees an object, and to the sharpness of someone’s ability to see detail. Usually, someone’s near acuity—the ability to see within 16 inches—and distance acuity—beyond 16 inches—are both measured.

スポンサーリンク
スポンサーリンク