There is more than one or there are more than one

There is more than one or there are more than one これも一見非常に単純な問題なように見えます。more than oneは、2個以上という意味なので、主語は複数形です。従って、subject-verb agreement(主語・動詞一致)の観点からThere are が正解のように思えます。

downtimeとsitting down to ~ の意味
この記事"Tune in and switch off"に出てくるdowntimeとsitting down to eatの意味を調べた。こ...
スポンサーリンク

There is more than one が正解

There is more than one と there are more than one をGoogleで検索。

There is more than one 191 件
There are more than one 149 件

検索結果からだと、どちらでもOKなように思えてしまいます。ネイティブ以外にも英文でブログやツイッターをやっている人々もかなりいるし、どっちが正しいのかネットで論争になっていたり、質問されたりもしているので、やはりそういう人達が間違った方の件数を伸ばしているような気がします。試しにこれをワシントンポストだけに絞って検索してみました。

There is more than one 約 2,280 件
There are more than one 9 件

正しい文法が要求されるニュースメディアは当然こうなります。正しい文法が知りたい時はワシントンポストやニューヨーク・タイムズに絞って検索をかけるのがベストかもしれません。more than one people だろうが more than one person だろうが、more than one の前の動詞はsingularです。しかし、残念ながら、この文法は世間ではあまり認知されていないようです。

not so much ~ as ・・・の意味・用例
not so much A as Bの意味は、BほどAではない、AではなくむしろB。例えば、He is not so much a Politician as a con man. 彼は政治家というよりペテン師だという意味になり、She is not so much pretty as beautiful.彼女は可愛いというよりむしろ美しいといった意味になります。もっと複雑な用法もあるようなので見ていきたいと思います。
スポンサーリンク

There is more than one people.

There is more than one people 40 件
There are more than one people 60 件

これはちょっとさすがにあまりにも酷過ぎるかと。

There is more than one person 206 件
There are more than one person 60 件

結局 more than one の後が複数名詞だと勘違いして There are になると思っているわけでもなさそうです。personという明らかな単数名詞でも There are は普通に使われています。このサイトに的確で詳しい説明がなされています。

You could only use people here as a countable word, which is not how it is usually used.

In this case you are not referring to “people” as a group of individuals, but to “a people” as a groups of specific individuals sharing an ethnic, historical, religious, cultural or geographical background.

In that case, you treat people exactly like you would treat person or car:

There is more than one car.
There is more than one person.
There is more than one people.

It is very important to understand you are talking about peoples in that case!

If you do not mean “peoples” as in “populations” (Germans, Dutch, Americans), you cannot use “more than one”, since people is then uncountable, like water or stuff:

*There is more than one water.
*There is more than one stuff.
*There is more than one people.

These sentences are (usually) incorrect unless you do actually mean to imply the countable versions!

nothing less thanとnothing more thanの意味・用例
nothing less thanは、オンライン版ロングマン現代英英辞典によると、〜以外の何ものでもない, 〜にほかならないと意味が定義されていて、His rescue is nothing less than a miracle. 彼の救出は奇跡以外の何物でもない。という例文が掲載されています。

more than one の後には当然可算名詞が来ます。なのでpeopleも人々という意味ではなく国民、民族という意味の可算名詞が来ます。personの複数形としてのpeopleの場合は、one peopleではなくone personになります。

例えば、set, seriesという複数のニュアンスが非常に強い単語が単数扱いのように、more than one(2個以上、複数の)という非常に複数のニュアンスの強い熟語が単数扱いというのは面白いと言えます。最後にこのサイトに超完璧な説明が載っていたので引用させて頂きました。

It does not matter how many things the writer might expect there to be in reality: it is always if there is more than one species.

Nor does it matter what noun comes after one. It is always is; the word one forces a singular verb without apparent exception.

more than ever before/than ever beforeの意味・用法
イディオム、more than ever before = 今まで以上に、かつてないほどに、than ever before = これまでより、従来にも増してという意味で、more important than ever beforeなら、今まで以上に重要、これまでになく重要という意味になります。more famous than ever beforeは、従来に増して名が知れるといったような意味になります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク