日本の技術が支える有機EL、iphone採用、日本メーカーの動向

来年発売が予定されている新型iPhoneに有機ELが使われるみたいなのですが、そうなると来年以降、一気に有機EL市場が拡大されることになるわけなのですが、日本のパネルメーカーはその波に乗ることが出来るのか?という疑問が生じてきます。日本ディスプレイが有機ELパネルの生産ラインを来年立ち上げるというニュースもあるので、日本企業も巻き返しを虎視眈々と狙っているようです(ジャパンディスプレイ、有機EL新ラインに500億円投資)。そうなるとホンハイに買収されたシャープの動きが一番気になるところですが、シャープは相変わらずの能天気ぶりを発揮して超強気発言をしています(【株主総会詳報・シャープ(5)】威勢良く「有機ELで韓国勢に追いつく」 会場から拍手)。来年以降有機ELパネルが液晶市場を牽引していくと言われているが、果たしてどうなることやら、と言った感じです。

スポンサーリンク

日本の技術が有機ELを支えている

有機ELを支えるのは日本製設備だが……生かせない国内パネルメーカー

苦境に立つ日本のエレクトロニクス産業にかすかな光が差し込んでいる。シャープやジャパンディスプレイはOLED(有機EL)ディスプレイの製造で韓国のライバル勢に遅れを取っているが、OLED製造工程のニッチな分野では、日本の中堅メーカーが活況を呈している。

90年代半導体製造装置の分野で日本は世界をリードしていましたが、2000年代に入ってから衰退していき、2014年の東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズの経営統合は衝撃を与えましたが、結局経営統合の話は司法上の問題でご破算になっています(東京エレクトロン、日米統合「白紙」の誤算)。日本はこういった基礎技術分野が昔から非常に強いので、この分野で世界をリードしているという話を聞くととても嬉しくなります。基礎技術が日本製という強みを生かして、日本ディスプレイとシャープには頑張ってもらいたいものです。シャープもホンハイ傘下で頑張れば、ルノー傘下で頑張った日産のように復活できるかもしれません。復活してもルノーの財布と化していると、一部で揶揄されているようですが、それでも倒産するよりは全然ましです。

有機ELに未来はあるのか?

有機ELブームは一過性だとか、過度の期待は禁物だとか、来年発売予定の有機EL搭載iphoneがこけるだとか色々言われていますが、実際はどうなんでしょうか?

「にわか有機ELブーム」に飛びつく電機各社の浅慮

iPhone生産を手がける鴻海精密工業もシャープと一緒に有機ELを開発すると息巻き、日本の液晶パネルメーカーのジャパンディスプレイ(JDI)や中国メーカーも、こぞって有機ELに参入するという。

しかし、有機ELにはいくつものハードルがある。また、それを越えても今までにない素晴らしい世界がメーカーにも消費者にも訪れるのかと言えば、筆者にはどうもそうではないように思える。

ホンハイ会長も有機ELブームには非常に懐疑的なようです。

有機ELへの期待は高すぎないか?「某社の罠」(鴻海会長)

12日のJDIの決算説明会。本間充会長兼最高経営責任者(CEO)は有機ELパネルについて「市場がどうなるか分からない。状況を見極めて徐々に投資する」と慎重な姿勢をみせた。

「なぜ多くの人がこれほど有機ELパネルを推すのか?(有機ELを推す)某社の罠(わな)ではないか」―。シャープの買収を決めた台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長は過激な表現で有機ELへの期待の大きさに疑問を投げかける。

有機ELブームはアップルとサムソン合作の仕掛であるのですが、サムソンは量子ドット液晶にも力を入れているので、有機ELはフェイクで量子ドットが本命という可能性も考えられるのではないでしょうか(有機ELテレビ vs.液晶テレビ、色再現編)。

有機ELってどうなの?

有機ELを搭載したiphoneが来年発売されると話題になっていますが、どうなんでしょうかね。その使い心地というか、視野性とか視認性とか、そう言った実用性には問題はないのでしょうか。ネットを見てもそう言った口コミや情報がないし、デルのエイリアンウェアが有機EL搭載モデルを発売するようですが、4ヶ月前のニュース記事によると、有機ELは発色がきつく、高コントラスト過ぎると言った事が書いてありました(ノートPCで世界初、有機EL搭載ThinkPad X1 Yoga実機インプレ。有機ELの漆黒や鮮烈発色がついにノートでも)。

まぁ、有機ELに関しては日本のメーカー各社は相当力を入れてきつつあるので(有機ELに勝機あり? 国内外のパネルメーカーが投資・開発を加速)、その将来性が非常に期待されるところではあります。プラズマディスプレイの二の舞いにならない事だけを願うのみです。アップルがバックにいるので安心と言えば安心なんでしょうけど。

スポンサーリンク

フォローする