ダイエットにカシューナッツ、食べて痩せるミラクルナッツ

アーモンド、ヘーゼルナッツと共に、世界三大ナッツと称されているカシューナッツのダイエット効果が物凄いらしいです。食べて痩せられるミラクルナッツなんだそうで、カシューナッツを食べて運動をすれば、脂肪燃焼効果が凄いことになりそうです。カシュナッツと言えば、日本人に馴染み深いのが、カシューナッツと鶏肉炒めではないでしょうか?私も子供の頃からこの料理が大好きで、横浜中華街へ行くと決まってこれを注文していました。もちろん、アーモンドの方がもっと馴染み深いんですけど、カシューナッツの栄養価はアーモンドに勝るとも劣りません。米国でカシューナッツ需要拡大-コートジボワールの農業に追い風

ダイエット、痩せるためには運動?脂肪燃焼と銅の意外な関係
お腹の脂肪が気になる人が多いかと思います。中年太りによるぽっこりお腹はかなり凹みますよね。ぽっこりお腹を引っ込めるには、腹筋がいいとか、歩くのがいいとか、色々言われていますが、もちろん毎日の適度な運動も欠かせませんが、食事も非常に重要な要素になってきます。いくら運動しても、脂肪が効率良く燃焼されなければ、折角の苦労も水の泡です。

西アフリカのコートジボワールは、インドを抜き世界最大のカシューナッツ生産国となる見通しだ。業界データによると、コートジボワールのカシューナッツ生産は過去10年間に3倍に増加しており、内戦が終了した2011年以降に急増した。

カシューナッツと言えば、インドやベトナムが有名ですが、コートジボワールが世界一の生産地になるようです。日本ではコートジボワール産のカシューナッツは入手困難なのではないでしょうか。ちょっとググっても、インド産かベトナム産しか見当たりませんでした。

アンチエイジング、グルタチオンとアミノ酸の重要性
グルタチオンは3種のアミノ酸、グリシン、システイン、グルタミン酸から成るトリペプチドです。アミノ酸が体の中で非常に重要な役割を果たしていることはかなり以前から指摘されています。健康食品としてのアミノ酸サプリだけでなく、健康ドリンクとしてアミノ酸飲料なども、一時期大ブームになったこともありました。
スポンサーリンク

カシューナッツの栄養価

他の食品に比べてカシューナッツに多く含まれる銅が脂肪燃焼には欠かせません。銅の脂肪燃焼効果については前回も書いていますカシューナッツの詳細がわかさ生活のサイトに載っていたので、引用させてもらう事にします。

カシューナッツは、ナッツの中でも最も脂肪分が少なく、筋肉をつくる植物性たんぱく質が豊富に含まれていることが特徴です。
また、骨を丈夫にするビタミンKや銅、マグネシウムを豊富に含んでいるため、成長期のお子様のおやつにぴったりのナッツです。

抗酸化物質/亜鉛・銅の組み合わせが目の変性疾患治療に有効
抗酸化物質と亜鉛や銅を混合したサプリメントが、ある種の変性眼疾患の進行を抑えるための比較的安価で効果的な方法であると、British Journal of Ophthalmologyにオンライン掲載された研究が結論付けています。滲出型加齢性黄斑変性治療に現在使われている、さまざまな薬のコストと副作用を考慮した馬合

体重の気になる女性だけではなく、筋肉を付けたい男性や、成長期のお子様にも良いみたいです。骨粗しょう症が気になるお年寄りにも効果がありそうです。カシューナッツは老若男女に効果的な成分を大量に含んだミラクルナッツなのが頷けます。さらにカシューナッツに含まれる亜鉛とビタミンB1が疲労回復に効果があるらしく、カシューナッツを食べることで夏バテ予防になるかもしれません。7月22日がナッツの日らしいので、それを機会にナッツを食べてみるのも有りなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

カシューナッツの原産国と加工国

カシューナッツの生産国は、インド、ブラジル、タンザニア、モザンビークなどです。ほとんどは脱穀、脱皮を行う設備の郡合から穀付きのまま加工国インドへ輸出しています。インドは独自の脱殻方法を用いて、世界最大の生産・輸出国となっています。

カシューナッツはインドでほとんどが加工されて輸出されているようです。目から鱗です。それで日本で売られているカシューナッツは、そのほとんどがインド産なんですかね。でもそれだと原産国と加工国が分けて記載されるはずだし、どういうカラクリになっているのかは分かりません。ただ前述したように、コートジボワールがインドを抜いて世界最大のカシューナッツの生産国になるらしいので、そのうち日本でもコートジボワール産のカシューナッツが入手できるようになるのか、あるいは原産国インドと書かれていてもコートジボワール産なのか、その辺はところは不明です。しかし、コートジボワールはカカオの生産も世界一ということなので、ある意味凄い国とも言えるのではないでしょうか。少なくとも、チョコ好き、ココア好き、カシューナッツ好きにはそう思えても不思議はないはずです。

ダイエットにカシューナッツ、食べて痩せるミラクルナッツ
アーモンド、ヘーゼルナッツと共に、世界三大ナッツと称されているカシューナッツのダイエット効果が物凄いらしいです。食べて痩せられるミラクルナッツなんだそうで、カシューナッツを食べて運動をすれば、脂肪燃焼効果が凄いことになりそうです。カシュナッツと言えば、日本人に馴染み深いのが、カシューナッツと鶏肉炒めではないでしょうか?

外資導入でさらなる発展を目指すコートジボワール

コートジボワールはアフリカ西部に位置する人口2,300万人の国で、リベリア、ギニア、マリ、ブルキナファソ、ガーナに隣接している。1960年代から 1970年代にかけて、年平均8%に達する高成長を遂げ、その発展は「イボワールの奇跡」と呼ばれた。その後、2002年には第一次コートジボワール内戦が勃発、さらに2010年には同年実施の大統領選挙の結果を巡り、国土を二分する混乱が生じ、政治が不安定な状況が続いていたが、2011年5月にウワタ ラ大統領が就任した後は、情勢は安定している。
同国の主要産業はカカオ、カシューナッツを含む農業で、カカオは世界最大の生産量、カシューナッツは世界最大の輸出量を誇っている。特にカカオ産業は同国GDPの15%、輸出額の35%を占める主な輸出産業である。

アーモンドが善玉コレステロールを増やして心臓病リスクを低減
研究者達は、アーモンドを規則的に食べることが、血中HDLコレステロール値を増加することに役立つ可能性があるだけではなく、同時に、体内からコレストロールを取り除くやり方も改善させると言っています。今回の研究の中で、研究者達は、アーモンドを日常的に食べている人達のhigh-density lipoprotein

カシューナッツは世界最大の輸出量みたいです。アーモンドチョコやマカダミアナッツチョコはあるのに、カシューナッツチョコがないのが気になります。と思ったら普通に売ってました。カシューナッツチョコはもっとメジャーな存在になってもいいような気がします。

クルミが腸内細菌の善玉菌を増やして胃腸の健康を維持してくれる
新しい動物研究による結果が、くるみの摂取が、腸内の善玉菌を増やすことで、消化管の健康に良い可能性があることを示唆しています。クルミは、消化器官を健康に保つ細菌に養分を与えて増殖を促す、プレバイオティックとしての役目を果す事で、これを実現しています。今回の研究の中で、研究者達は、胡桃を含む食餌が、腸内細菌の多様性に対して
スポンサーリンク

カシューナッツのダイエット効果

カシューナッツは豊富に一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含みます。また、、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富に含んでいます。その中でも特に銅とマグネシウムが多いことが特徴です。

オレイン酸はオリーブオイルで有名な脂肪酸ですね。動脈硬化や心臓病や高血圧に有効だと言われています。悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やしてくれるそうです。ミネラルの豊富で、まさにスーパーフードとしか言いようがありません。

スーパーフードの黒クルミの効能がやば過ぎる
クルミが物凄く健康に良いのは今や周知の事実ですが、クルミの黒い方が実はラスボスでした。黒クルミは恥ずかしながら知りませんでした。ググってみると、知る人ぞ知るって感じの健康食品みたいですが、その健康効果はスーパーフードの四天王入りしてもおかしくないくらい凄いことになっています。

カシューナッツには腸の働きを助け便通を促す働きのある食物繊維が豊富に含まれています。また、オレイン酸は便秘を解消する働きがあるといわれているため、食物繊維とオレイン酸を豊富に含んでいるカシューナッツは便秘の改善に有効であるといわれています。

カシューナッツはタンパク質だけではなく、食物繊維も豊富なようです。便秘に良いのでダイエット効果も期待できます。さらにお肌の調子もよくなりそうです。

お腹の脂肪が気になる人必見!お腹をぺったんこにする食事
ポッコリお腹、肥満腹、下腹ぼっこり、脇腹の贅肉、お腹の贅肉は何歳になっても気になるものですが、食事を気を付けることで、お腹に蓄積された脂肪と...

カシューナッツのミラクルなスーパーフードっぷりを説明しましたが、今年の夏こそ、カシューナッツを食べて運動して脂肪を燃焼して、お腹の贅肉を減らしてみるのもいいかもしれません。健康のためにもナッツ類を食べることは非常に良いことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク